人気ブログランキング |

<   2018年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧   

日々のささやかなタノシミ   

a0157047_09110981.jpg

a0157047_09110951.jpg
軒下菜園の小松菜が、わさわさと良い感じに育っています。
昨年はたった一つしか発芽しなかったの。この違いが分かりません。
家の敷地にある空き地。畳三畳ほどでしょうか。
元々は自転車置き場でした。空き地にしておくにはもったいない!
砂地で野菜を育てるには不向きなのは分かっていながら、土を見ると
何か植えてみたく無謀な性格。

枝豆、サツマイモは大失敗でした。
サツマイモの話しをしたでしょうか?
植えたばかりの時は葉がどんどん成長。でも、その「どんどん」が
止まらない(笑)畑の本を見ながら、あっちに倒しこっちに倒し。
隣のオジサンには「よい芋ができそうだね」とかおだてられ。

暫く経ち、そろそろ収穫時期かな?とそっと抜いてみてびっくり・・・・
サツマイモがない・・・どこにもない・・・・
根が若干成長したっぽいのがそこにあるだけでした。

枝豆はうすーーい豆が申し訳程度に。

土だ!やっぱり土なんだ、と考え直し(?)本を買ったり、TVで番組を
観てお勉強。とにかく腐葉土をどんどん入れ、2~3種類の肥料を
漉き込んでみました。

そしてそこにミニトマトを植えたらあなた、なんという成長ぶり♥
もういいよ、ってくらいにわさわさと生るミニトマト。
いや、もともとトマトは土を選ばないのかもしれませんがね。
明らかに、昨年とは違っていました。

満を持して?、今秋はいよいよ大根を植えてみました。
すでに8本のうち、2本がぽきっと折れてしまいました。
肥料、土寄せして、今6本になりました。抜いたら、また、サツマイモみたいな
ことになっていないといいのですが(笑)
小松菜はまあまあ、です。

元々義母畑を親切心から自主的に始めたのはいいけれど。
義母畑。
最初の頃は楽しかった。何もかもが新鮮で写真とりまくり。
でも。野菜は収穫も一仕事。そして片付けはもっと大仕事。
草取りに至っては、もう降参状態の今年の酷暑。

あんなに楽しかった畑仕事がただの苦痛事項になったのは隠しようも
ありません。それでも、自分の裁量でちまちまと育てる分には
こんなに楽しいことはないです。
失敗しても、とやかく言う人もいない。
自分のペースで野菜を育てるのは、苦痛ではないのでした。

失敗するのは怖くない。成功させるというあらたな楽しみができたと
思えばいいじゃない?
枝豆、サツマイモ、待ってろよーー!

by sogno-3080 | 2018-10-31 09:10 | 軒下菜園・花 | Comments(2)

ふるさと会in 銀座の居酒屋   

a0157047_08582565.jpg

a0157047_08582546.jpg
同郷者の集いに行ってきました。
今年は創立30年。実は今年の夏に、「ふるさと会inふるさと」がありました。
今回はその会に参加できなかった人向けです。

会を楽しみにしていたオット。
例によって、今回もハプニング続きで、ぐったりと疲れた一日でした。
よって写真もあまりありません。スカート姿も撮る余裕すらありませんでした。

一夜明けた今朝。
なんということでしょう!最近にはなく私ったら元気がみなぎっています。
朝食の後すぐ、「世界で一番小さな畑?」へ出て、水やりやら大根の土寄せ
やら。ふるさとのチカラに驚き、その偉大さにいつも感謝♥

ハプニング①
会の三日目くらい前から喉にヒリヒリする痛みが。風邪薬でごまかす、の巻。

ハプニング②
1次会、2次会の会場どちらもエレベーターなし!
手すりにつかまって歩くオット。
介助する私。
その私を後ろから支える人。
杖を持ってくれる人。
車椅子を持ってくれる人。

階段を歩くたびにこの行列です(笑)

その他にちょっとつらい出来事も・・・

いやはやの一日でしたが、終わってみれば充実感いっぱい。
皆様には感謝の一日でした。
「いや~、昨日は楽しかったなあ」とオットは呑気に感想を述べています。

記念に頂いたふるさとの染物を見て、目が✨の私。
これで◎◎を作ったらどんなんかな?




by sogno-3080 | 2018-10-29 08:58 | つぶやき | Comments(8)

今日、KUROTOME着ます   

a0157047_08213635.jpg
・・・と言っても、結婚式ではありませんよ、念のため。
黒留袖をスカートにリメイクしたものです。
裾がばあーっと広がらないように、昨日スカートの上前にボタンをつけました。

私が一年で一番楽しみにしている行事です。
一年で一番お酒が美味しいなあ、と思う日。

by sogno-3080 | 2018-10-28 08:21 | きもの | Comments(8)

近所友と   

a0157047_05314425.jpg

a0157047_05314407.jpg

a0157047_05314416.jpg
久しぶりに近所友とお茶しました。
友人宅は何が好きって、テーブルを照らすライトの色が、あたたかくて好き。
いつまでもまったり喋っていたくなるのよね。

それいいなあ、って褒めたら、すぐ同じものを作ってきてくれる…
それも×3人分も。私、レース編みはお手上げです。編み図を見て作るのが
できないです。目もしんどいし・・
友人は眼鏡なくても大丈夫、って。さすが若い。(私より三歳↓)

大学芋、手作りを食べたの久しぶり~
皮が、パリっとして美味しかったです。

宿泊したホテルで食べたのを再現してくれたヨーグルトのデザート。
ねっとりしたヨーグルトもいいね♥
同じもの、帰りにスーパーで買っちゃった。

議題は、友人の「還暦の会」の場所選定とか色々。
メールであれこれするより、会うと話が早いね!!!

四人姉妹(近所友のこと)の長女の私、皆、一日でもいいから?私より後に
逝ってね、と冗談のように言っていますが、結構本心です(笑)




by sogno-3080 | 2018-10-26 05:31 | 食べる | Comments(2)

ハロウィンってなに?   

a0157047_13230617.jpg
文庫本を、三冊も購入しました。頑張り過ぎたかな。
どれも諦めきれない本ばかりだったから、思い切って大奮発(笑)
最後の読みかけの本が終わるまでに次の本を確保しておきたい私です。

a0157047_13230628.jpg

クリスマスとかハロウィンって超苦手です。
早く騒ぎが終わってお正月にならないかなあ、って思います。
クリスマスは、子供が小さかった時色々しましたが、今では特に何もなし。
ケーキだけは作るけどね。

それというのも、19歳の時のクリスマスの日がなんともなあ、だったから。
トラウマってやつ?
分厚い眼鏡をかけてデパートで販売のアルバイトをやっていた時のこと。
高校時代の仲良しが彼と腕を組んで歩いているのを見かけました。
幸せそうだったなあ。
私の住むおんぼろアパートは、部屋自体が傾いていて、ボールがコロコロと
転がるのよ。所持金もなく、冬休みは実家にも帰れなかった。
払拭しようにもしきれない思い出ですわ。

ハロウィンはもっと不可解。
おばさんには関係ないイベント。

なーんて言いながら、近所のおばあちゃんにこんなかぼちゃを頂いたら、
すぐにホリホリするってどういう事?(笑)
食べても美味しくない、って聞いたら、こうするしかないよね。
因みに、刻んだものを煮てみましたが、おばあちゃんの言う通りでした。

自分で彫っていながら、自分が一番怖いです。
子供受けはしないよねー。


by sogno-3080 | 2018-10-24 13:22 | | Comments(6)

ドキドキ   

a0157047_05411502.jpg
近所のカフェには、この雑誌が置いてあります。
定期購読しているのだとか。私の大好きな雑誌だけに、それだけでも
ここの店が好き!
特集が気になって、早速オットと二人で出かけました。

実は、その中で、PILOTの広告にドキドキッ♥
全6ページでした。言葉は短いです。


私なりに説明すると、(間違っていたらごめんなさい)
メールには書けなくて手紙をしたためた。
でも結局出せなかった。三年ぶりにその手紙を見つけ、読んで泣いた。
返事はいらない、と書いたが、それは本心ではなかった?

文章にするとこれだけですが、いや~、なんだか胸騒ぎがしますね(笑)
コピーライターさんって凄いな。上手いなあ~。


手紙といえば、


女子高校時代に初めて出したことがあります。
憧れの高校の文化祭で出会った、背の低く、髪がボサボサで度の厚い眼鏡を
かけた男子高校生でした。確か、ベトナム戦争研究会とかいうコーナー。
そこだけ空いていたから入っただけなのでした。
必死で説明してくれた時の、キラキラした眼にドキッ♥
1時間以上彼と話をしたかも。

知り合いだというクラスメイトにお願いし、住所を聞き出して、
思い切って手紙を書いてみました。
暫くしてから返事が届きました。
既に、意中の女性がいるとかなんとか・・・
いや、単なる断りの理由だったのかもね?!

が~~~~ん


窓辺で声を出して泣きました(笑笑)
45年前のほろ苦すぎる思い出です。

皆様の手紙に纏わるお話も聞きたいな。


by sogno-3080 | 2018-10-22 06:05 | つぶやき | Comments(14)

6000円で4日間・写真追加   

a0157047_05365652.jpg
a0157047_14192005.jpg

a0157047_14192120.jpg
食材を無駄なく使い切る&食費の節約の為に、写真を撮って記録してみる
ことにしました。
食材がある割には献立が浮かばない、ということがしばしばありまして。
今回だけ実験的に、買い物をしてすぐにメモ紙に思いつく献立をざっと
書き留めてみました。

きちきち、ではなくざっくりと、です。
そしたら、あれ、今夜何にすればいいの?ということがなく楽ちんです。
計画変更もいいじゃない。
だって、食べたいものって、その日その時で変わるもの。

美味しかったのは、鯵のフライ。
丸のまま買ってきて、自分でさばいてみました。
骨を取るのが面倒ですねえ~
サクサクとして、「美味しいねえ」を連発(笑)
フライにソース、キャベツの千切りにマヨネーズたっぷりはオットの
やり方。

それと午前9時からちぎりパンを焼きました。
手間は同じだから、本に書いてある基本の生地の2回分です。
昼食にも食べましたが、残りはラップにくるんで冷凍へ。
こうやっておくと、朝「パンがない!」って時に助かるのよ~

パンを捏ねるときの、むにゅうっとした感触が大好きです。
捏ねているうちにぷすぷすと発酵の泡が出てくるのも面白い。

今日のパンは今までで一番生地がしっとりして美味しかったです。
捏ねる時間をタイマーできっちり測ってやったのがよかったかも。
普段は大体の勘だから。これが良くなかったんだね、反省。

パンは、ココア味とチーズ入りの二種類です。
ココア、もっと入れても良かったな~



by sogno-3080 | 2018-10-21 19:19 | 食べる

映画「散り椿」を観てきました   

a0157047_06212594.jpg


オットと二人でこちらの映画を観てきました。

日本の四季の美しさにただただ感動。
そしてその映像を作って下さったスタッフの皆様にも感謝。
モントリール世界映画祭で賞を受賞されたというのも、素直に頷けます。

岡田准一さんの殺陣が凄いです、リアルです。
岡田さん、殺陣のスタッフとしても名前を連ねていらっしゃいましたね。

黒木華さんは、なんかもうベテランって雰囲気で。
悪役の奥田さんも迫力ありました。さすが~、と唸りました。
そしてさらに唸ったのが?富司純子さん。圧倒的なオーラが出ていました。
畳を歩く、そのシーンが美しい!佇まいだけで私を虜にしてしまうのよね。

ちょっとややこしい筋は、映画の後でオットに解説してもらいました。
オットは私みたいにぼおっと観ていないわ。

椿が綺麗でした。椿は私の大好きな花なの。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


オマケ。
柔らか物劇場・これが最後よ。
知人から頂いた着物と帯。
姪の結婚式ではこの組み合わせで(姉に)着付けをしてもらいました。

驚くくらいに私のサイズにぴったり。
帯も柔らかくて締めやすい!






a0157047_06571587.jpg











by sogno-3080 | 2018-10-19 06:54 | 映画

介護と着物   

a0157047_09013935.jpg
難病のオットを介護している姉②から悲鳴のようなメールがありました。
夜は1時間おきくらいにトイレ介助が必要
眠られない、イライラ


そういえば姉からたまに届く夫婦二人の写真、姉の表情が険しい。
いつも疲れた顔をしている、と感じていました。

今までの自分自身、または仕事で得た知識経験をもとに、私なりの
精一杯のアドヴァイスをしました。
私はいつも言います。
「遠くの身内より近くの施設」
自分だけで抱えないで!頼れるところは臆せずどんどん頼って!



他人には言えるのよね。
でもこれが自分のケースになると、なかなかできないものです。
私はリアル友、ブログ友さんからの言葉にいつも救われてきました。
特に、ブログ友さんから
「頑張って下さい」という言葉は受けたことがありません。
皆さま一様に、「気晴らしをして下さい、自分の時間を作って下さい」、と♥
これがどれだけ嬉しいことか。
3.11の時、「頑張って下さい」という励ましの言葉が、逆につらかった
という被災者の声をあちこちで聞きました。私も何度もそう呼びかけました。
彼らは言います。
「これ以上どう頑張ればよいのか・・・」とね。

レスパイトケアって凄く大事。
私は時々私自身のケアマネージャーになります。
「どうですか?眠れていますか?食べられますか?」

本はいいですね。
「三時間のシンデレラ」の昨日、(オットが三時間ディーサービスの日)
久々にちょっと遠くの図書館へ。
林真理子さんのエッセイはいつも私を喜ばせてくれます。
窓辺のいつもの席で、珈琲をすすりながらマリコさんの軽快なエッセイを
読んでいると、気持がすかーっと晴れてゆきます。

そして、着付けの練習ね。
嫁入り箪笥の付け下げと帯。どちらも訳ありでちょっと残念なことに
なってしまっていますが。

他の煩わしいことは一切忘れて、着物に集中できる幸せな時間です。
衿をもう少し抜きたかったな
おはしょり、今度は短め


出番を待っていたら、一生その時は来そうにないから、いっそ自分で
わざわざ機会を作って着る、なんてどう?




a0157047_09014018.jpg

by sogno-3080 | 2018-10-17 09:01 | きもの

母の黒留袖 写真追加✨   

a0157047_10341077.jpg
実家から嬉しいニュースが入りました。
姉①の一人娘が入籍したのだとか。ここまで辿りつくまでの姉の苦労を
知っているだけに、妹の私はうるうるなのでした。
式は未定、なのだそう。
が、当然姉と私の話題は結婚式の着物の話しに・・・

そういえば、母の黒留袖ってどんな柄だったのだろう?
姉に聞くと「なんだか地味な感じだったよ」とのこと。
確かめたい気持ちがムクムク。
早速37年前の私の結婚式・集合写真を引っ張り出してきました。
母は右から三番目。ぱっと見、そういえば、という気もする。
なんだか母の性格を反映しているような、おとなし目の柄行だなあと
思いながら、でも実際は??目の前で確認してみたくなりました。

集合写真を見て驚きました。
親戚関係の女性は、80%が黒留袖です。そういう時代だったのですねえ。
逆のことを言えば、母の黒留袖、娘の数だけでなく、何度も着る
機会があったのかもしれませんね。

勝手に前夜祭?
急に柔らか物に触りたくなった私。
数少ない付け下げを出してみました。当然、二重太鼓も結びたく
なります。

いつか姪の結婚式に招待されることがあったら・・・
色留袖着てみたいな。持っていないけど(笑)
姉②に借りるというテもあるか。
ついでに着付けもお願いして。(姉②は美容師です)
ちゃっかり三女の妄想は続く。

柔らか物の練習結果 ↓ 
痩せたのではありません。写真の縦横比が?!なだけです。
①帯揚げ選び、完全に失敗の巻。
②おはしょりがモコモコ



a0157047_11004147.jpg







by sogno-3080 | 2018-10-15 10:33 | きもの