<   2018年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

こんな夢   

a0157047_17220791.jpg
1~2年ごとに、市の実施する各種がん検診を受けています。
今年は大腸がん、子宮がん、乳がんを受けました。
大腸がん、子宮がんはOK。
そして最後の乳がん。

昨日結果通知の封書が届き、中を開けてみると。

なんと「要精密検査」!!!

今朝、早速、精密検査を受けに行ったところ、結果は
「問題なしです。乳腺がうつったのでしょう」とのこと。

その時、昨夜の夢を思い出し、胸が熱くなりました。

(夢の話しです)

亡くなった両親が並んで座っていました。
「◎◎さん(オットの名前)を看てくれるひとがいないから
 私は入院できないの。」両親にすがる私。
その時の私はなぜか着物姿です(笑)

父と母が守ってくれたんだな、と私はひそかに思いました。
今でも、何か窮地に陥ると、なぜか父や母が夢に登場します。





[PR]

by sogno-3080 | 2018-08-31 17:21 | つぶやき

小さな旅   

8月22日

谷内六郎さんの絵が見たくて横須賀美術館に行ってきました。
週刊新潮の表紙絵で知られる谷内六郎さん。
こちらの美術館には約1300点にのぼる表紙絵ほぼ全てが収蔵されて
いるそうです。



暑かった~
遠かった~

諸事情により、足も心も駆け足状態。
じっくりとはいかなかったけど、でも、やっぱり谷内さんの絵に会えて
嬉しかったです。美術館を背中に、目の前に広がる海を見つめてぼおっと。
沖を行く船をただ眺めている時間がなにより至福の時間でした。

レストランでのランチは諦め、その代わり帰りの電車はグリーン車で。
貸し切り状態の車内で、コンビニ弁当を食べる、本を読む、そして爆睡。

私の夏休みが終わりました。






a0157047_10371472.jpg

a0157047_10371469.jpg

[PR]

by sogno-3080 | 2018-08-25 10:36 | つぶやき | Comments(20)

ファッション映画   


 最近、自宅で観た映画です。

・「ビル・カニンガム&ニューヨーク」

 NYの街角を青いジャケット姿で駆け回り、美しいストリートファッションの
 写真を撮り続けた写真家。
 アメリカ版「VOGUE」の編集長、泣く子も黙る?アナ・ウインターが
 「私たちはみなビルの為に着こなしたの」とインタビューに答えていたのが
 印象的でした。そして後半、彼の私生活にも踏み込みます。
 「住」も「食」もとてもシンプル。生活の中心にある写真を撮るということ
 以外はまるで眼中にないようです。ストイックでとても謙遜家。
 ニューヨークという街に、人々に愛された方なんだなあと思いました。
 二年前に亡くなられていたんですね・・・

a0157047_06054149.jpg
実はこの映画以前にも観ています。
大好きなNYでは着物も着たのよね。


https://riposo77.exblog.jp/22481222/

 


・「サイン・シャネル カール・ラガーフェルドのアトリエ」
 
 シャネルのデザイナーである、カール・ラガーフェルドのアトリエ。
 そのアトリエで働く裏方さん、靴職人さんたちの姿が実に生き生きと描かれて
 いました。特に良かったのが、お針子さんたちの本音のつぶやき(笑)
 親近感を覚えました~
 私が一番興味を持ったのが、オートクチュール・コレクションが始まる
 前の準備の様子です。 
 美しいデッサンが出来上がると、そこから平面→立体への作業が
 続きます。デッサンのメモを解読していくスタッフの様子、そして
 実際の作業など、私的にはコーフンせずにはいられない映像でした♥


 銀髪のポニーテールにサングラス、首用のコルセットみたいな衿のシャツに
 身を包んだ、ちょっと強面風の外見。でも、裏方さん達にかける言葉の
 端々に彼らへの信頼が溢れていました。なんだかんだ言っても?
 お針子さんたちって、彼の作品が大好きなんですね。

 作品、途中までしか見ていません.

 ストーリーはまだまだ続くようです。
 






[PR]

by sogno-3080 | 2018-08-20 14:54 | 映画 | Comments(6)

お盆も終わり   

a0157047_16073170.jpg
お盆も終わり、なんとなくホッとしたところで、一人映画へ。

手に汗握る超ド級アクションシーンに、口をぽかんと開けて楽しんで
きました。いやー、凄かったです。今までで最高の感動ではないかしら。
カーアクション、バイクアクション、それだけではなかったわ。
ななんとヘリコプターまで操縦するという!!!

実はアクション映画が苦手な私。
この映画が好きな理由は、ジュリアとの切ない♥、仲間との友情が描かれて
いるから。
そして、な~んと言ってもロケ地が毎回魅力的。

ベルリン、ロンドン、パリ、カシミール地方・・(もっとあったかな)
映画で海外旅行をしている気分を味わえるからです。

でもちょっとだけ本音を言わせてもらえるなら、
(ちょっとだけなら)CGを使ってもいいからさ、スタントを使ってもいいからさ、
怪我しないで元気でいてシリーズをずっと続けて欲しい、というのが
ファンのおばさんの正直な願いです。


そして映画を観に行く=電車読書が楽しめる。
福岡先生×阿川さん。予想以上の面白さです。ずっと電車に揺られていたい
気分になります。



a0157047_16073108.jpg

[PR]

by sogno-3080 | 2018-08-17 16:07 | 映画 | Comments(8)

黒留袖からスカート・写真追加   

a0157047_17273470.jpg
近所の寿司屋さんで、お寿司ランチをしてきました。
30年くらい前?かな、近所の知人宅で編み物(手編み)を習っていたときの
メンバー5名です。編み物をしながら色々な話をするのがとても楽しかった
記憶があります。当時の事をああだこうだと懐かしく振り返る時間、
過ぎるのが早い~。

私より、7、8歳年上の方が多いのですが、パワーは私以上です。
仕事に趣味に皆さま、ホントお元気。
これからも一年に一回は集まりましょう、と約束して解散となりました。

この日の為に昨日作ったスカート。
例の「大判ビニール袋に詰め放題1000円」の内の一枚です。
型紙はありません。体に巻き付けながら、自分の体と相談しつつカタチを
決めていきました。巻きスカートです。
後ろにダーツ二つ、前に二つ。ベルト通しを3個付け、裏布を整理して
終わり。ベルトがちょっと見えても、良い感じで。

少々ウエストが変化しようとも充分対応できるタイプ。
体に吸い付くような肌触りがなんとも言えません。


スカートに合わせて十数年ぶりにヒールの靴を出しました。
普段はスニーカーだけなので、歩き方がぎこちなかったです(笑)


刺繍も三か所にありました。こんな感じです↓
ブラウス、シャツをインして穿くときは、この渦巻きをチョイみせ
したいのでちょっとずり下げてみようと思います。
裾の長さも自由自在なんでございます。

赤のベルトもなかなか似合いました。
色々お試し中です。


a0157047_15100827.jpg
今後の計画としては

・自分サイズのパンツの型紙を作る
・ジャケットを作る 型紙はずっと前から用意してあります
・オットからアロハシャツの注文がありました。
 問題は生地との出会いよね~



因みに、最初の作品はこんな感じでした。まだ袖が付いていなかったので
ジャケットを羽織っています。
隣の女性は、お母さまの、年代物の黒留袖をドレスにリメイクしてもらった
ものだそうです。ボウタイの所に家紋を配してもらったのだとか。


a0157047_05281365.jpg










[PR]

by sogno-3080 | 2018-08-11 17:27 | きもの | Comments(16)

道具   

a0157047_14524438.jpg
ベニシアさんの番組を観ていて、ほおお、と感心したことがあります。
道具の手入れについてです。庭仕事を終えたベニシアさん、道具を丁寧に
手入れしていました。もう、ピッカピカなんですよ、全部が。

私はどうかといえば、恥ずかしながら、道具のメンテナンスなんて
考えたこともありませんでした。

この頃畑仕事をしていて困ったことが。
鍬が次々に壊れてしまったのです。具体的に言うと、先の鉄板の部分が
柄からすぽっと抜けてしまいました。3つの鍬、全てがです。
その都度つけ直していましたが、作業をしているとまたすぽっと
抜けます。ついに、本格的に直さなくては!と思い立ち、動画をみて勉強。
柄の部分を水につけて膨張させ、新しい楔(くさび)をトンカチとんとん。
そして先日、直したもので初仕事してみました。

いや~、はかどり方が全然違う!!!

そして次は、「研ぎ」です。
今朝、ミニトマトを切ろうとしたらスパッといかない。
そろそろかな。今日は、洋包丁、出刃、鎌を研いでみました。
まず、動画を見て勉強。
刃物と砥石の角度が大事なんですね~

終わってから洋包丁で大根を切ってみてビックリ。
も、ぜんぜーん違うのです。
出刃も少しはマシになったので、いつもは頼んでいた鰯を開く作業を
自分でやってみようと思います。
実は、今までにも何回かやってみたのですが、まだまだ。

脚立に上がって枝の伐採をするとか、
包丁を研ぐとか、
「私の仕事ではない」で済まされたけど、こうなったらもう
自分でやるしかないっ。でも、やってみるとそれなりに面白いです。


[PR]

by sogno-3080 | 2018-08-06 14:52 | つぶやき | Comments(10)

「いわさきちひろ、絵描きです。」へ   

東京ステーションギャラリーへ再度出かけました。
今度は大丈夫でしたよ(笑)

いわさきちひろさん、生誕100年だそうです。
タイトルは、後に伴侶となる方と出会ったときに、自分を自己紹介
した時の言葉だとか。

いわさきさんといえば、私にとっては息子たちに何度も読んであげた
「おふろでちゃぷちゃぷ」の絵本のイメージが強いですが、本展の中では
油絵、ポスター、紙芝居など、今までみたことがない、いわさきさんの絵に
出会うことができました。特に、ヒゲタしょうゆやデパートのポスターは
意外な感じがして、大好きでした。

黒柳さんが登場する映像を見るコーナーがあり、椅子に座ってしばらく
話を聞きました。そういえば、「窓際のトットちゃん」の挿絵は
いわさきちひろさんでしたね。(私はまだ読んでいませんが・・)
なんて上手に子供の絵を描くのだろう、と思ったそうです。
そしてその純真無垢な子供たちの絵を通して、どうかこの可愛い子供たちを
守って下さいという願いがこめられているのでは、と仰っていました。


私がいわさきさんに興味を持つようになったのは、実はこちらの↓本に
出会ったこともあります。


https://riposo77.exblog.jp/21617785/

さて、今回は今まで作ったブラウスやバッグのデビュー。

やはり着てみないと使ってみないと分からないものですね。
この袖は、デザイン的には美しいのですが、私にはどうも風が通り過ぎ、
居心地が悪いのです。
で、袖口にゴムを入れたところ、どうも幼稚園生のスモック感が・・・
結局、前日、一時凌ぎに、安全ピンで袖口にタックを作りました。

バッグは底板が動いてしまいます。
何か対策を考えないと。でも使い心地は80%満足でした。






a0157047_17084077.jpg













[PR]

by sogno-3080 | 2018-08-04 13:30 | 外出 | Comments(8)

真夏の映画祭り   

先日、映画館で観た映画です。

a0157047_14333333.jpg
オットの強い希望で観た映画です。
シリーズ4作目だそうです。だそうです、というのは前作を全然見ていないし、
このテの映画はどうも・・・苦手。
映画の間ずっと考えていたのは、このリアルな恐竜たちをどうやって
作りだしたのか??この一点。ま、考えても分かるはずもなく、あえて
メイキングも見ず、その世界に浸っていればいいのね。
夏休みの映画館。子供たちがいっぱい~
ポケモンやドラえもんの映画を孫と一緒に観たいなあ。


そして自宅で観た映画二つ。
まず、「ザ・グレイテスト・ショーマン」。歌が踊りが最高でした。
私は「ラ・ラ・・・」より好きかも。

a0157047_14334481.jpg
そして二つ目はこちら。「クレイマー、クレイマー」です。

なぜ観たくなったかといえば、我が家のある朝のメニュー。
フレンチトーストを食べると、いつもクレイマークレイマーの、
ママが居なくなった最初の朝のフレンチトーストを思い出します。
なんといっても、料理の不慣れなパパの作る様子が衝撃的でした。
マグカップに卵を入れ、息子にかき混ぜさせます。あ、牛乳もね。
そこへ二つ折りにした食パン一枚をどぼっと浸けて、
フライパンに投げ込むのでした。

色々ありで、二回目のシーン。
料理になれたパパは今度はちゃんと作ります。
マグカップではなく、大きな耐熱皿のようなものに卵、牛乳を入れて
いました。前回のようなドタバタはないの。
でもその後はパパと息子にとって悲しいことが待っているのよね。

a0157047_14322085.jpg
映画はそこで終わると思っていました。
あああ、でも私の映画の記憶ってあてにならないんだわ、と嬉しくなりました。



a0157047_14494380.jpg
こんなことが起きるから、もう一回私の好きな昔の映画を見直したい
と思うようになりました。良い映画、好きな映画って時間が経っても
私の中では色褪せない!そして、その映画を観た時の具体的な
シチュエーションまでセットになって蘇ってくる、という特典まで
ついてきます。
ダスティン・ホフマン。彼の映画だけでも思い浮かぶ、映画がいっぱい!









[PR]

by sogno-3080 | 2018-08-01 14:32 | 映画 | Comments(8)