人気ブログランキング |

カテゴリ:外出( 223 )   

二回目のハワイ ③ ブルーノート・ハワイへ   

ハワイに行ったらブルーノート・ハワイへ行きたいね、と二人で話していました。
なんと私たちが滞在中の出演者がアメリカのジャズオーケストラ、
ピンクマルティーニだったからです。由紀さおりさんとのコラボで日本でも
話題になりましたものね。
彼らを生で観られる、またとないチャンス!行かねば、と。

車椅子で行くことだし、予約が必要だろうと、ホテルのコンシェルジュに
お願いしました。「予約でも早めに行った方が良い席がとれますよ」と
言われたものの、疲れてグダグダしていて、会場へ着いたのが開始1時間前。
ほぼ席が埋まっていて、動揺×2。

それから食事の具体的な注文、料理到着。
ところが食べ始めて10~15分くらいでメンバーが登場してきちゃった!!
周りを見渡すと、殆どの方はその頃は既に最後のデザートかカクテルを
楽しんでいるところなのでした。

こんな時に限って?ステーキやらシュリンプやらがめちゃ美味しいのよ~(笑)
もぐもぐしながらでちょっとカッコ悪かったなあ。




a0157047_05024291.png
料理はこんな感じ。ステーキ、シュリンプ、ガーリックライス?
a0157047_05024286.jpg
ピンクマルティーニのノリノリの音楽を聴いていたら、突如、女性陣が
舞台に上がり始めました。「なになに?どうしたの?」
そっか、曲が「I AM WOMAN」だったんだ!
「さあさ、女性たち、舞台へ上がって!とかきっと英語で言ったのでしょうね。
7割くらいの女性が舞台へ。でも私は結局参加しませんでした。

客席を見渡すと、曲と同時にあちこちで踊りが始まります。
狭い通路でも関係なし。踊りたい時に好きなように踊る。
そしてお洒落な衣装に身を包んでいる女性が殆どでした。
一応ドレスコードも聞いておいたのですが、結局私はと言えば、
麻のブラウスにジーンズ&スニーカー。
冷房が効き過ぎていたので、その上にUのパーカー(笑)
ワンピース一枚位荷物に加えるべきだったかな・・・


   (HPから写真お借りしました)

a0157047_05035827.jpg
ピンクマルティーニは世界のあらゆる地域・ジャンルの音楽を取り上げて
いることでも有名ですね。
そんな訳でT・ニシモトさんが日本の「ズンドコ節」を歌ったときには
一瞬、耳を疑いました。でもとっても嬉しかったなあ。まさかブルーノートで
ザ・ドリフターズの

「汽車の窓から手をにぎり 送ってくれた人よりも・・・♪」
を聴くことになろうとは♡ 
スキンヘッドのヴォーカル、T・ニシモトさんと言えば、私は由紀さおりさんとのデュエット、「真夜中のボサノバ」が大好き。ハーモニーがシビれます。
それとおススメは、フランシス・レイ作曲の「さらば夏の日」。
フランス語のデュエット、聴いてみてくださーい。いいですよ~

最後に、ニシモトさん、お父様のルーツは日本の何県かしら。
私的には実に気になりまする。









by sogno-3080 | 2019-06-03 04:56 | 外出

二回目のハワイ ②   

宿泊先はこちら。
勘の良い皆さまは、すぐピンと来ることでしょう。
今回は贅沢して眺めの良いお部屋をリクエストしました。
朝焼け、日中のビーチの賑わい、ロマンティックな夜景、室内にいるだけでも
まるで映画を観ているみたい、なんて思ったくらいでした。





a0157047_05224466.jpg
二回目なので、それぞれのリクエストを優先。
オットは水族館。
私はホノルル美術館(ホノルル・ミュージアム・オブ・アーツ)
を第一希望に。二人の共通の、ブルーノートはまた後ほど。

ホノルル美術館へはバスを乗り継いで到着。
お洒落な外観に胸がワクワク。
ところが、玄関に着いてショックを。あれ、スロープがない!
スタッフさんが出てきて、申し訳なさそうに「建物をぐるっと回って下さい」だと・・・
坂道を車椅子押しながら「ったく、なんでスロープがないのよ!」と愚痴がでる私。
そんな時オットは無言。
また余計な事を口走った自分を反省します。

館内に入って、まず最初に目に入った絵にやられました。
Hawaian Mona Lisa (Madge Tennent) 。
(絵ハガキにはマリアなんて間違ってしまいました)

この絵を見た時、不覚にも涙が溢れそうになりました。
ガツンと来るんです。もう大きくて、優しくて、全てを包み込む温かさに
胸が熱くなったのでした。「よく来たわね~♥」って言ってくれてるような?
a0157047_05224448.jpg
次から次と私好みの絵が現れ、夢中になりました。
できれば一日かけてゆっくりゆっくり見たい。
でもそうはいきません。
お腹も空きます。
で、館内のこれまたセンスの良いカフェへ。
注文通り料理もそろい、さあ、食べるぞ。
因みにオットが着ているTシャツは、日焼けしたスヌーピーさん。
ホノルルに行ったらぜひ買いたい、とオットが希望していたものです。
(左の胸につけているのはこの美術館のシール)

a0157047_05224496.jpg
館内はフラッシュ厳禁で撮影可。
お洒落な椅子の前でポーズの図。ブラウスはそうそう、あの手作りした
麻のブラウスです。
a0157047_05224426.png
そしてお愉しみな、ミュージアムショップ。
ここがまた素敵なの~。ゆったりした店内に、グッズがセンス良く並べられて
いて、第二の美術館って感じでした。
日本人のスタッフさんは人気者らしく、色々な方が彼女とお喋りを楽しまれて
いました。実は、買いたい本があったのだけど、荷物が重くなるので、
泣く泣く諦める。

白人、グレーヘアの女性が着ていたブラウスが気になる私。
日本の絞りが全体にちりばめられていました。
思わず声をかけさせてもらったら「この店でだいぶ前に購入したのよ」と。
そう語る手には日本の団扇が。
日本人スタッフさんといい、「絞り」のブラウス」といい、
ああ、なんだか嬉しくなった一日でした。



by sogno-3080 | 2019-06-02 05:21 | 外出

二回目のハワイ ①   

a0157047_04442277.jpg
昨日午後4時、ハワイから無事帰国しました。私たち夫婦にとっては二回目の
ハワイです。
前回オットは、杖使用で結構歩けました。一日一万歩あるいた日もあった
くらい。今回、室内は大丈夫ですが、長距離は車椅子必須です。

「車椅子でハワイ観光」大丈夫なんだろうか?!
心配は星の数ほど。

それに加え、出発が近づいてからテンションが下がることが次々に続き、
飛行機に乗る前から疲労困憊状態(笑)
まず、私が風邪を引きまして・・・。市販の薬も効かず、いよいよ病院へ。
次、三日前に義母が緊急入院。
オットの「それでも行きたいっ!」に背中を押され空港まで辿り着くも、
そこでまた腰が砕けるようなハプニングがありまして。
その話はまた後ほど。



そんなこんなの「二回目のハワイ」。
しかし、着いてみたら、ほら、この景色ですよ~~。
そして空港に降り立った時のこの開放感はハンパないっ!
ハワイ歴30回の友人がいつも言っていたセリフが思い出されます。
「ハワイの空港に着くとね、色々なことからぱあ~~っと解放されるの。
その瞬間がたまらないのよね」って。
その気持ち分かるわ~。

結局、オットは快食快眠で元気そのものでした。
私の体調も薬が効いてラクになり、日ごとに気分も↑。

これから、旅行中のあれこれを綴っていきたいと思います。



by sogno-3080 | 2019-06-02 04:43 | 外出

古民家カフェへ   

友人にこんな素敵なところへ連れていってもらいました。

なんといっても、女三人のドライブが楽しい~。
場所柄もあり、まず梨の清楚な白い花に目を奪われます。
ピンクのつつじも綺麗、山吹の鮮やかな黄色にも惹かれます。
新緑はぴっかぴかに輝いて、目に眩しいのでした。


a0157047_06180279.jpg
まあまあ、何をみても話が盛り上がります。
料理、器はもちろんだけど、味とか盛り付けとかねえ。
室内から外に目をやれば、こんな風景も広がっています。外でお茶しても
気持ちよさそうだなあ。景色を邪魔する人も写っていますが・・・


a0157047_06490942.jpg




友人が撮った写真にはこんな物が写り込んでいました。
なんと、天井の灯り!美しい~。
a0157047_06180311.jpg
友人②からは手作りジャムを貰って大喜びの巻。
ちょうどジャムがきれていたのでした。



a0157047_06180364.jpg
途中でパン屋さんに寄りお買い物&友人宅でのお喋りも楽しや♥

by sogno-3080 | 2019-04-20 06:14 | 外出 | Comments(6)

個展へ   

昨日、朋百香さんの個展へ行ってきました。
今まで個展のお葉書を頂きながら、諸事情により行くことができなかったのです。
念願かなって、やっと絵を拝見できました。

早めに行き、まず絵一枚一枚とゆっくり会いました。
脳内で色々なものがあちこち駆け巡っているのが分かります。
自分で勝手に想像して遊ぶ贅沢。
墨の奥ゆかしい雰囲気とアクリルの斬新さ、その二つが融合してなんとも
言えない世界が生まれた感じ。圧倒されました~

初期に描かれた植物画も見せてもらいました。
うわっ、精密。そこに本当に存在している様。そして透明感が。



a0157047_08483282.jpg




a0157047_08293830.jpg
そしてテーブルのコーナーでは、先客様と京都タロットを。
これまで、おみくじ、占い、一切を拒否してきた私でしたが・・・
三枚ひいたカードの意味も教えてもらいました。
いちいち心当たりがあるのでふむふむと頷く。なにより絵が美しいの。
長年かかって完成させたカード(絵)に見入りました。
凄かった~!




a0157047_08464939.jpg
個展の前には、新しいMUJIを物見遊山。
まず気になっていた本のコーナーを真っ先に探します。
以前のMよりは狭くなっているけどね。
棚ひとつ買い占めたいくらい。面白い本がわんさかでした。

そして今回、ピンと来る着物がなく、洋服もなく、悩んだ末に選んだのが。
(頂いた)黒留袖をリメイクした上下。
実際は、この柄はスカートの下前になっていて見えないのです。



a0157047_08465004.jpg

by sogno-3080 | 2019-04-12 08:30 | 外出 | Comments(6)

「いわさきちひろ、絵描きです。」へ   

東京ステーションギャラリーへ再度出かけました。
今度は大丈夫でしたよ(笑)

いわさきちひろさん、生誕100年だそうです。
タイトルは、後に伴侶となる方と出会ったときに、自分を自己紹介
した時の言葉だとか。

いわさきさんといえば、私にとっては息子たちに何度も読んであげた
「おふろでちゃぷちゃぷ」の絵本のイメージが強いですが、本展の中では
油絵、ポスター、紙芝居など、今までみたことがない、いわさきさんの絵に
出会うことができました。特に、ヒゲタしょうゆやデパートのポスターは
意外な感じがして、大好きでした。

黒柳さんが登場する映像を見るコーナーがあり、椅子に座ってしばらく
話を聞きました。そういえば、「窓際のトットちゃん」の挿絵は
いわさきちひろさんでしたね。(私はまだ読んでいませんが・・)
なんて上手に子供の絵を描くのだろう、と思ったそうです。
そしてその純真無垢な子供たちの絵を通して、どうかこの可愛い子供たちを
守って下さいという願いがこめられているのでは、と仰っていました。


私がいわさきさんに興味を持つようになったのは、実はこちらの↓本に
出会ったこともあります。


https://riposo77.exblog.jp/21617785/

さて、今回は今まで作ったブラウスやバッグのデビュー。

やはり着てみないと使ってみないと分からないものですね。
この袖は、デザイン的には美しいのですが、私にはどうも風が通り過ぎ、
居心地が悪いのです。
で、袖口にゴムを入れたところ、どうも幼稚園生のスモック感が・・・
結局、前日、一時凌ぎに、安全ピンで袖口にタックを作りました。

バッグは底板が動いてしまいます。
何か対策を考えないと。でも使い心地は80%満足でした。






a0157047_17084077.jpg













by sogno-3080 | 2018-08-04 13:30 | 外出 | Comments(8)

紫陽花を見に行ってきました   


「人体」の次は「紫陽花」です。
桜の季節は桜を、紫陽花の季節は紫陽花をめいっぱい楽しみたいものです
よね。で、晴れた日を選んで出かけました。

下りの電車はガラガラ。ちょっと走るとアウェイ感たっぷり。
青い空に白い雲、緑の田んぼが目に眩しいです。開放感でワクワク。



a0157047_14413692.jpg
紫陽花で有名なこちらのお寺。境内はバリアフリーばっちりなのだけど、
「紫陽花園」までの道が問題。横の方ではなにやら工事中?
そのうち道も整備されるのかな。

まず最初の難関。(↓こちらの写真ではありません)
坂道、凸凹、大小の砂利。
うわ~、引き返そうかな、と立ち止まるも、視線の先には群生する紫陽花が!
ここでじっくり対策を考えます。
そうそう、まず後ろ向き。そしてブレーキをきかせながらゆっくりゆっくり。

坂道を降りると、今度は木の根っこだらけの登りが。
なるべく木の根っこを避けて、ゆっくり進みます。


a0157047_14413632.jpg

そして、ついに到着♥ 来てよかった~
微かな紫陽花の香りが辺りを包み、まさに紫陽花天国でした。
もうここを暫く動きたくないっ。

日光東照宮の砂利道の参道(途中でギブアップ)を車椅子押した経験が
今までで一番きつかったけど、今回はそれに次ぐ高難度。
a0157047_14413756.png
実はこのお寺。
江戸時代の義民、佐倉宗吾が祀られているお寺として有名です。
歌舞伎の演目にも「佐倉義民伝」、あったような・・・


a0157047_14413749.jpg

by sogno-3080 | 2018-06-20 14:40 | 外出 | Comments(8)

2018年お花見   

a0157047_13030363.jpg
一時帰宅中のオットと近所の公園へお花見に行ってきました。
お花見、といえばやっぱりお花見弁当が作りたくなる私。
油揚げを煮て、お稲荷さん。みかんを入れた牛乳寒天。珈琲とお茶。
それだけだけど、戸外で食べると美味しいんだよね~

昼食を終えて、さらに車椅子を押して友人が待つ桜並木へ。
友人にヤラセ写真を撮ってもらって(笑)、ベンチでお喋りをして。
ああ、なんとかお花見ができたーー。
安心感の方が強いです。

油揚げは味が薄すぎたり、牛乳寒天は固まりきれてなかったり、
色々あるけど、まあ、そんなことはどうでもよい、2018年のお花見でした。

by sogno-3080 | 2018-03-28 13:02 | 外出

美術館   

a0157047_07082780.jpg




a0157047_07133517.jpg
城下町、という言葉の響きにワクワクする私。駅で、電車で見かけた
ポスターに惹かれ、出かけてきました。「無料」というのも嬉しい。

どちらかと言えば、歴史より、当時の城下町の生活が気になります。
発掘された当時の器の展示に見入る私。
器はそのままの形を残していませんが、それゆえに想像力も働くという
もの。う~ん、こんな徳利で飲んだお酒の味ってどんなん?
描かれた花は白い清楚な花だけど、なんだろう?
お武家さんの女性の化粧道具に、前のめりです。
お歯黒液の痕跡あり、とか、口紅が付着、という説明を見ると、
おおお、生々しいなあ~、とコーフンするのでした。

「大正7年に建てられた旧川崎銀行佐倉支店をエントランスホールに
活用した」という煉瓦作りの建物がとても素敵。
いつだったかの秋祭りの時、いつか入りたいなあと、目を付けていました。














by sogno-3080 | 2018-03-16 07:08 | 外出

スルーしようと思いましたが①   

a0157047_08345819.jpg
a0157047_08345901.jpg
約一年がかりのプロジェクトが終わりました。
肩にのっけていた漬物石をやっとおろせた気分です。せっかちな性格の私。
最初は果たしてこの長さに耐えられるのだろうか、と気が重かったです。
友人に笑われたことがあります。
「sognoさんったら、レモンバームを植えた時、なかなか芽が出てこなくて、
ついには穴をほじくって中をみた人だもんね」と。結果がすぐに出ないと
嫌なタイプ。待てないの、何事も。

勉強が苦痛で苦痛で、こんな工夫もしてみました。
引き出しに、彫刻刀の板を入れておくの。
頭がぼおっとしてきたら、帯留をホリホリするのです。
こんなことをしていると、脳が歓喜。最高に冴えわたるのよね。
そして、テキストを開くと、また脳がどんより・・・

師匠に言われました。私的にまとめた極論はこうです。
「60代は鼻ったれ小僧、70代もいっぱい頑張っている」

「もう試験はうんざり」と友人に言いながら、実はある試験の日程を
確認する私。懲りないね(笑)

by sogno-3080 | 2018-01-30 08:34 | 外出