カテゴリ:きもの( 165 )   

船は出ていく朝陽はのぼる   

a0157047_08364506.jpg
不本意だった前作(桜)の後、気持はモヤモヤ。
このままじゃ終われないっ!(笑)

で、昨日から次の作品に取り掛かりました。
今日もはよから、ミニノコギリと彫刻刀でホリホリしています。
こうなると、殆どびょーき。
まだ半分くらいの段階です。鉛筆の線も消していないし。
でもどんな感じか、あの帯揚げに合わせてみたくなりました。
実は今月、船出にピッタシなイベントが二つあるのです。
ひとつは参加確実、もうひとつは参加希望♡

この帯揚げも、もちろん?端切れと端切れを組み合わせて作りました。
じーっと見ていたら、こんな帯がほしくなっちゃった。

[PR]

by sogno-3080 | 2018-01-10 08:36 | きもの | Comments(20)

蒲鉾の板から帯留を   

a0157047_06003321.jpg
次々に発生する困難に立ち向かいながらも(←大袈裟)、なんとか完成した
帯留。買ったばかりの帯締めに合わせてみました。

でも、なんかしっくりこないのよね。
あえて、桜の色にしなかった訳ですが、色のイメージがちょっと違う・・・

友人二人にラインで写真を送ってみました。
「沖縄の寒緋桜みたいな色・・・」
「漆みたいですね・・」

あ、そうなの?
ゲンキンなもので、これらの言葉に励まされ少し気分が↑
友人って有り難いものですね~

彫刻刀を研いだあとで、ついでに包丁も研いでみました。
少しコツを掴んだのか、以前より上手くなっている~!
切れ味がupした包丁&友人の有難さを知る
これが今回の最大の収穫でした♡


※業務連絡

 二部式に直したこちらの帯、お太鼓部分に帯芯を入れて張りをだしました。
 

[PR]

by sogno-3080 | 2018-01-08 06:00 | きもの | Comments(4)

浅草へ ・写真追加   

a0157047_15361929.jpg
大好きな浅草演芸ホールに落語を聞きに行ってきました。
仕事始めの前に着物始めを♥それも目的のひとつです。

家を出たのが朝七時前。9時開始でしたが、30分前には席でまったり
していました。寄席の正月初席ってにぎにぎしくて、あの雰囲気が
たまりません。「夜9時まで居ていいんですから、安いものですよね」
って言ってた噺家さんがいらっしゃいましたが、本当はそうしたいけど、
そうはできないワタシです。

いつだったか、朝から晩まで居座ったことがありました。
最後に小三治師匠を拝顔できた時は、もう喜びが爆発でしたね。

トリで木久扇師匠が登場なさった時は、会場が拍手の嵐。
師匠、舞台をあちこち動かれ皆様に手を振ってこたえます。
話しが始まったとたんに、空気が一転。言葉のひとつひとつにお客様の
反応が凄いの。幼少の頃、映画館に入り浸りだっただけあって、
時代劇の役者さんの物まねが面白すぎ。

話を聞いていて胸が熱くなりました。もうね、存在そのものが愛おしいの。
いつまでも元気で高座にあがって下さいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして着物編。
まん中が今日着ていった着物。松の模様です。
写真、T子さんに教えてもらったアンジェラスでクールダウンの巻。

寄席の帰り、リサイクル着物ショップに立ち寄りました。
どれでも1000円が目に飛び込んできたからです。
サイズも確認せず、直感だけで選んだ二枚と2000円の八寸帯。
帰宅して、早速着てみました。素材としてだけしか考えていなかった
けど、まあ、悪くないじゃない?

二枚とも、裏にちょっとしたシミがあったけど、ぜんぜーん許容範囲です。
もうね、これだから着物やめられません。




a0157047_06144566.jpg











[PR]

by sogno-3080 | 2018-01-04 15:36 | きもの | Comments(8)

こうはくが好き   

a0157047_19000253.jpg
子供の頃から紅白が大好きでした。一番注目していたのは、衣装。
小学生の頃はノートを前にTVの前に陣取り、気になった衣装をスケッチして
いたものです。
◎川知子さんとか◎じゅんさんとかが好きだったなあ。
でもって、61歳の今でも同じことをしています(笑)

今は、ズバリ、着物。
今朝、録画しておいた分の後半部分をゆっくり観ました。
前のめりのなったのは、椎名さんのお太鼓。「生」という字が!!
そして最後には、いつの間にかこんな色の着物に着替えていましたね。
頭の飾りが素敵。トリの石川さんは、これまた津軽海峡っぽい?豪華
衣装。帯にも注目しました。帯締めはやはり斜めなのね。
で、審査員のハヤシさんのお着物も上品でしたね。
きっと後で例の本のエッセイにも詳しく書いてくれるのでは、と期待
しています。そうそう、ハヤシさんの半襟も豪華でしたよ。

こうはくではありませんが、CMの◎木希林さんの赤の衣装、
今年も見ることができて幸せ。







[PR]

by sogno-3080 | 2018-01-02 18:59 | きもの | Comments(6)

買い物へ   

a0157047_15260405.jpg
デパートへ年末の買い物に行ってきました。
ちゃーんととっておいたジイジからのお小遣いを握りしめて(笑)

まずは、あまり敷居の高くない呉服屋さんへ直行。
一応全部眺めたあとで、とりあえず、半襟、足袋を。
足袋はいつも決まっていて、白鹿の22.5㎝の細身タイプです。
そして、目的の帯締めコーナーへ。悩む悩む。
どうしても決められない時は店内を一回りしてから、最後に行きます。
で、結局、全然違うタイプの帯締め購入~

こちらのデパートでは欠かせないブックカフェ。
三冊選んで、珈琲を啜りながら極楽タイムをしました。

その後、あれやこれや買い物して、早々に帰宅。
ああ、これで三が日くらいまでは頑張れるかな?♥

↑スマホでこんな機能があるとは!まだまだ使いこなせていない私。
オットに感謝。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

着付けをしている時の事です。
ラジオからビゼーの「カルメン」が流れてきました。
いや~、このタイミングで私の最も好きなカルメンが♥

その昔、NHKでK竹先生の講座「カルメン」を聞いて、フランス語に
興味を持った私。その後、オペラのCDを購入したり、東京文化会館に
「カルメン」のオペラを聴きに行ったりと、夢中になった時がありました。
なんでしょう、血が騒ぐ(笑)っていうの?






[PR]

by sogno-3080 | 2017-12-27 15:25 | きもの | Comments(8)

このままでは終われない!   

a0157047_09363069.jpg
TVのCMが私に囁きかけます。
「今年ももう少し・・・でも、このままでは終われない・・・」
そうよ、そうなのよ!
諸事情の嵐を横に置いて、とにかく着物を着る。
とにかく、どこでもいいから外に出る。
これが私の元気の秘訣。

色んな唐子ちゃんが遊んでいますが、寝そべって本を読んでいる
この子が一番のお気に入り。自作の二部式帯の中では一番の出来かも。
ほんの少しの布で作ったんですよ。

ヴァイオリンの帯留もデビューです♡

[PR]

by sogno-3080 | 2017-12-27 09:36 | きもの | Comments(4)

新宿へ・着物編   

a0157047_08053047.jpg
a0157047_08053188.jpg
a0157047_08053232.jpg
嬉しい出来事がありました。
女性メンバーのお一人が声をかけて下さったのです。
「sognoちゃんをスカウトしたいわ!」って(笑)
何にスカウト??びっくりです。
その方、某有名着付け学校で長年学ばれていて、資格もばっちり。
とにかく、「着物が好きで好きで」、今度一緒に学ばれていた友人たちと
集まりを開きたいのだそうです。
その席に、なんと私も呼んで下さるのだとか。行けるかどうか分かりませんが
着物好きな方が集まるのだったら、ぜひ参加してみたいものです。

「黒留袖からブラウス・スカート」「帯からバッグ」「着物から道中着」、
いつも褒めて下さるの。嬉しいことです。

一番好きな紬&一番締めやすい帯で。
居酒屋モードで、楽なように、いつもよりゆったり着付けにしました。

[PR]

by sogno-3080 | 2017-12-10 08:04 | きもの | Comments(14)

道中着   

a0157047_10422465.jpg
着物から道中着へ直したものです。
今日は寒そうなのですっぽり包んでくれるこちらを出してみました。
実際に着てみると、色々不都合が出てくるものですね。
前回、あまりにも裾がバサバサするので、小さなスナップボタンを
付けてみました。どうかな?
家の中を歩いてみます。うん、少しは解消。

[PR]

by sogno-3080 | 2017-12-09 10:41 | きもの | Comments(6)

北野恒富展へ   

a0157047_15304183.jpg
a0157047_15304230.jpg
a0157047_15304383.jpg
a0157047_15304452.jpg
千葉市美術館の北野恒富展に行ってきました。
こちら絵も良いけど、一階のホールが素敵なんです。
私は行くと必ず中を覗きます。

東京の鏑木清方、京都の上村松園と並ぶ、大阪を代表する美人画家だとか。
女性のふとした時の仕草、表情、なんて魅力的なの~~
特に舞妓さんはゼッピン!初々しさがたまりません。舞妓さんの絞りの帯揚げ、
絞りのひとつひとつをこんなに丁寧に描いているんだ。
そして半襟も絞りっぽいよ。
もうちょっとで手を伸ばしたくなったわ、危険危険。

着物好き故、着物の柄、帯、結び方も気になります。
黒と赤の画家。衿からちらりとこぼれる真紅がドキツとします。

いや~、あと二回くらい行きたいわ♡
初めて図録というものに目が✨
買えなかったけどね(笑)

今回は
薔薇の帯留、唐獅子の帯、自作の羽織紐。


[PR]

by sogno-3080 | 2017-11-29 17:29 | きもの | Comments(6)

貝の帯にフランス語   

a0157047_05565261.jpg
探していた本、図書館からやっと連絡がありました。
駐輪場で仁王立ちでむさぼり読み(笑)

まず、あの帯探さなくては・・・
例の、フランス語が描かれた帯です。
ありました!わあ、こんなにいっぱい文字があったんだね。
帯の柄に合わせて?、J・コクトーの詩の一部が書いてあります。
アクリル絵の具で濃い目にしっかりと。

Y森さんの着物に対する持論には大賛成です。何度も大きく頷きました。
二部式帯の作り方も書いてあるのね。以前TVで紹介したところ大好評で
再放送もされたのだとか。
利休バッグに目が✨✨ ポップな柄で作った利休バッグに一目ぼれ。
そして、私は半襟の使い方が一番印象的でした。


[PR]

by sogno-3080 | 2017-11-26 06:07 | きもの | Comments(6)