カテゴリ:きもの( 165 )   

友人来る・着物編   

a0157047_17193932.jpg
料理に夢中になっていたら、友人から「もう少しで着くよ」メール!
大変。急いで二階へ駆けあがり着付けの始まりです。15分しかないけど
なんとかなるべえ、と(笑)
こんな時、二部式帯ってホント便利です。
風呂敷で作った、自作の帯。急いでいたので、ぐちゃぐちゃですが・・・

友人の手作りパンツが素敵だったので、写真を撮らせてもらいました。
前の大きなポケットとか、後ろのリボンが可愛い~
刺繍を習っている友人は、アクセサリー作りも得意。
豪華なネックレス、これもパシャリと。



[PR]

by sogno-3080 | 2018-02-18 17:19 | きもの | Comments(12)

完成♥   

a0157047_12095061.jpg
a0157047_12095150.jpg
こちらは、帯?二部式襦袢の替え袖?
a0157047_12095255.jpg
羽裏だったのかな。百人一首?がお洒落。替え袖に採用!
a0157047_12095331.jpg
最後のバティック。昨日これを見た友人は、「テーブルクロスだね」って。
どうしようかな。
a0157047_12095485.jpg
貫太郎一家を見ながら、裾をまつり、仕上げアイロンをかけて、
只今、完成~!小物でドレッシーにもカジュアルにも。
脇ポケットいるかな?
ま、気分次第で対応しましょう。

[PR]

by sogno-3080 | 2018-02-08 12:08 | きもの | Comments(8)

洋裁スイッチが入った   

a0157047_14134713.jpg
a0157047_14134816.jpg
a0157047_14134966.jpg
試験が終わったらやりたかったこと

①思いっきり本を読む
②洋裁
③映画

③はなかなかね~。

昨日頂いた生地の中でとっても気になるのがありました。
これだけの長さがあると、逆に悩みます。でも、嬉しい悩み。
結局、ワンピース兼チュニックにすることにしました。
どちらでもオーケーな長さが、これまた悩む~

生地には、やぶれている個所があるので、そこを避けて裁断。
そして、衿の部分。カーブしていて、しかも幅4ミリくらいのところに
ステッチを。難しいけど、ワクワクするこの瞬間が大好きだ~

着物地の柄は、柄だけでも十分に美しいので、シンプルなデザインの方が
いいような気がします。
そのままで着たり、GAPのホワイトジーンズを下に履いてみたり。

袖口、裾は、ミシンステッチではなく、丁寧にまつってみようかな?

[PR]

by sogno-3080 | 2018-02-07 14:13 | きもの | Comments(6)

PLAY KIMONO   

a0157047_09122105.jpg
a0157047_09122293.jpg
諸事情により、外出を控えなければならない今日この頃。
しかし、「菊池信子コレクション」この展だけは行きたかった~~~!
皆さまがその様子を詳しく伝えて下さっているので、そちらを拝見させて
もらって我慢の私です。もう一回、開催してくれないかしら♥

でも、幸いにも私、この本だけは持っていました。あらためて、本を
引っ張り出してきて眺めていますが、読んでいるだけでも十分コーフン
してきます。凄い、情熱。きくちさま、って一体どんな女性だったのかしら。

中でも、このページには吸い寄せられました。
幅が20㎝に満たないガーゼのような薄いものに、布を継ぎ接ぎし、刺しを
重ねて強度を・・・根気のいる作業だったろうなあ~、と思います。
これが、細長いインドのターバンだったというのですから、驚きですよね。
Kikiさまの、例の黒留袖の件もですが、このテの話しは大好物。
もう、うずうずしてきますっ。


[PR]

by sogno-3080 | 2018-01-27 09:12 | きもの | Comments(12)

ミーハーなもので・写真追加   

a0157047_17353031.jpg
二週間続けて、この雑誌を買った訳。
実は、紅白で着たハヤシさんの着物のことが知りたかったからです。
きっと、こちらの雑誌のエッセイに書いてくれるに違いない、
そう思いましてね。

他人さまが着物を買うお話は大好き♡
テンションが上がります。
紅白でのオシドリの着物、品が良くてとても素敵でした。
本を読んでみビックリ。あのオシドリは刺繍だったのですね~
購入のいきさつが詳しく書いてあり、さすがっ、と嬉しくなりました。

「ケチは女の敵だ」って、そんな~(笑)

例のお着物はこちら↓ (上段、右)




a0157047_08580704.jpg
そして私の大好きなハヤシさんの着物本。


a0157047_09015808.jpg




[PR]

by sogno-3080 | 2018-01-23 17:35 | きもの | Comments(0)

友人の還暦を寿ぐ②   

a0157047_17190955.jpg
a0157047_17191059.jpg
友人の還暦を祝う会は、蕎麦屋→皆がいつも行く器の店→友人宅でお茶、
のコースでした。友人宅の広いお庭、いつ行っても手入れが行き届いていて
見応え充分です。

友人には手作りのバナナシフォンケーキをご馳走になりました。
バナナの甘い香りが口中に広がって、とても美味しかったです。
集めているこの器のシリーズで珈琲もご馳走になって、満足な一日でした♡

着物。
実は前から考えていた組み合わせが、どうもしっくりこない。
で、当日急遽こちらに変更しました。
やっぱり、着物は気持ちがワクワクするものを着たいわ。

私が主役ではないので、あまり目立たず、それでもどこかに寿ぐ気持ちを
表したい。自己満足&自分だけの拘りです。
帯は金ぴかで、今まであまり登場したことがないのです。
でも、たまには出してあげないと思って、久しぶりに締めてみました。

お約束の、青海波の帯揚げと、船の帯留。
テーマは?「花(帯)も嵐も乗り越えて♪」(笑)

[PR]

by sogno-3080 | 2018-01-20 17:18 | きもの | Comments(8)

友人の還暦を寿ぐ①   

a0157047_10254016.jpg
前日から、久しぶりに顔のパックをしたり、髪を蒸しタオルで巻いてみたり、
今朝はメッセージカード付きのプレゼントを準備したり、
こんなことをしている時間のなんと愉しいことよ♡

「Bon Voyage号」、いよいよデビュー。
感想。あまり目立たなかったわ(笑)

雑誌の付録の、山本容子さんのポチ袋が良い仕事をしてくれています。

[PR]

by sogno-3080 | 2018-01-20 10:25 | きもの | Comments(2)

Kikiさんの着物   

a0157047_14073219.jpg
最近TVであの懐かしい「寺内貫太郎一家」を見ています。
何と言っても異才&異彩を放っているのが◎木希林さん。
彼女がこのドラマの主人公じゃないかしら、なんて思うほどです。
画面いっぱいに、というか画面から飛び出すくらいの迫力ある演技。
あの頃のTVドラマって良かったよね~、面白かったね~、
とオットと話したりします。

劇中、時々登場するのが彼女の着物姿。
先日は、黒留袖姿で登場なさっていました。招かれていないのに、
勘違いして黒留袖姿で茶の間に現れ、家族の皆に非難されてシュンと
するの巻。でも、その黒留袖姿が美しくてね~~
ハッとしましたよ。

またある時は、派手な襦袢を纏っていました。
私の想像ですが、これらは彼女の自前じゃないかしら?なーんて、ね。

彼女の着物との付き合い方が大大好きで、TVに出ると、仁王立ち。
隅から隅まで観察します。絵に描いたことも何度もあります。

こちらの本はだいぶ前の「別冊太陽」。
このページで着ている黒留袖についての説明ですが、読んでいてゾクゾク
してきました。

「もとの黒色が褪せてきて、力を入れると破けるほど・・・
でもその褪せた色が柔らかくて気にいり・・・
裾上げテープのような布で前面に裏張り・・・」
しっかりとした一枚になったそうです。

はあ~、さすがだね。この情熱、真似したいっ!


[PR]

by sogno-3080 | 2018-01-17 14:07 | きもの | Comments(10)

この絵に会いたかった   

a0157047_06172186.jpg
ごっそり出てきた「探し物」の中に、この絵もありました。
「私っていつから着物をきるようになったんだろう」ってふと思う時が
ありますが、たぶんこの頃だと。2004年2月とありますね。

結婚前、母が用意してくれたウールの着物。
時々この着物をだしてさわさわしてみたくなる時があります。
見ただけでなぜか安心するの。
ピンクのモスリンの襦袢、私ったら、こんな所が実にリアルだわ(笑)

そして、実はオット用にもウールのアンサンブルを縫ってくれていました。
襦袢、下駄、足袋、帯も勿論入っていましたよ。
一回くらい着てもらったことがあったかなあ・・




[PR]

by sogno-3080 | 2018-01-17 06:17 | きもの | Comments(6)

コンサートへ   

a0157047_06342935.jpg
a0157047_06343012.jpg
地元のオーケストラのコンサートへ行ってきました。
こちらのホール、近々改修工事に入り、今年いっぱいは休館だそうです。
行くなら今でしょっ!

なにしろクラシックを体中に浴びたいような気分だったので、ドンピシャ
なイベントでした。ラフマニノフ、ロシアの広大な風景を思い浮かべながら
音楽に身をゆだねます。いつの間にか小さくリズムをとっている自分が
いました。ブラームス~♡第四番の最初、なんか聞いたことがある
メロディーだなあ。ブラームスといえばサガンの小説を思い出します
よね。

今回の主役は寿光織の帯。ブログ友さんのご縁に感謝です。
やっと登場させてあげられました。新年の初めっぽい華やかな雰囲気を
演出してくれました。ありがとうございます♡
着物はこの前浅草で出会った綸子。サイズがぴったし。
合わせた帯留(ブローチ)は、昔、東京文化会館で購入したものです。
ヴァイオリンの帯留、二つありますが、今回は着物に合わせてこちらを。

指輪は、結婚前にオットにもらった誕生石です。
久しぶりに出してあげられてよかった。

コンサート終了後は、いつものカフェで喉を潤しました。
寂聴さんの秘書さんが書いたというこちらの本に読み入りました。


[PR]

by sogno-3080 | 2018-01-14 06:34 | きもの | Comments(12)