人気ブログランキング |

カテゴリ:きもの( 213 )   

着物を着て留飲を下げる   

a0157047_06134866.jpg
サクッとクラシックを聞きに行ってきました。
バスで15分ちょっと。近いし、お財布に優しいし、助かります。
クラシックは、知っているフレーズが出てくるとほっとしますね。
ヴァイオリンのソロ演奏にすっかり圧倒されました。
音楽はホント良いです。

クラシックも好きだけど、この頃演歌も大好きになりました。
昨夜はTVで神野美伽さんの歌に着物に酔いしれた。
で、今朝は朝から「無法松の一生」を聴き直す。そして村田英雄さんのと
聞き比べ。うわ、どちらもそれぞれいいわあ。

先日背中がびりっ、で着るのを諦めたこの着物。
ちゃんと手当をしました。この柄、やっぱり好きだわ~
帯は、◎ザワヤで生地を購入し自作したものです。ラインステッチの
朝顔がお気に入り。締め方をずらすと葡萄も登場する仕組みになっております。


by sogno-3080 | 2019-08-27 06:13 | きもの | Comments(10)

夜明け   

あるとき、「sognoさん、着物いらない?」と聞かれ、「喜んで~♡」と
友と伺うと、八畳の和室に着物がずらっ~と無造作に並べられ、
「好きなものをすきなだけどうぞ」と言われた時は嬉しくて爆発しそうでした。

友人の叔母さんという方、(私はマダムXと呼ぶことにしました)
聞けば聞くほどミステリアス。
「着物と茶道が好きだった」、だけではない人生模様がちらつきます。
「抹茶のお茶碗は軽く100個は持っていた」等々・・・



a0157047_06214339.jpg

a0157047_06214376.jpg
着物はすべてを物語る。
マダムXコレクション、時を超えて、私の所へようこそ。
「あなたの好きなように着て」、いつもそう囁いてくれているような
気がします。「人生はたった一度きりよ、悔いのないようにね」そうも
言っているような気がします。
飛躍し過ぎだろうか。



a0157047_06214379.jpg
ニューヨーク、トロントへお供してもらったこちらの着物。
一番のお気に入りです。

a0157047_06234513.jpg






by sogno-3080 | 2019-07-18 06:21 | きもの | Comments(8)

なんでそうなるの?   

a0157047_06324940.jpg
その時、私の頭の中では欽ちゃんの「なんでそうなるの!」がぐるぐる
回っていました。
着物に着替え、さあ、出かけようとした時です。後ろ姿を見て、

がーーーーーーん!!!

後ろが破けている!白い襦袢がくっきりと!
この時点で他の着物の選択肢はありません。
洋服・・・着たいようなものは皆無。テンションさがるなあ。

次、渋谷の映画館に辿り着いて聞いた言葉。
「残念ですが満席です」
観たい映画はこれでした。




a0157047_06393632.jpg




またしても、がーーーーーん。

こんな時、すごすごと帰るのはもっとしゃく。
次なる映画探し。まあ、こんな所かな。





a0157047_06404596.jpg
濃い人物たちのすったもんだの大騒動。
あ、よくあるパターンね。コメディってあったけど、結構深刻っぽい
ストーリーの嵐。もっとユーモアが欲しかったなあ。笑いたかった。
私ったら、イタリア映画というと、マッテオ(輝ける青春)がふと登場
しないかなあと思う時があります。

ま、イスキア島が美しかったから許してあげましょう(笑)

「ニューヨーク・・」がつくタイトルには弱い私。
こんな映画、面白そうじゃない?ちょっと気になったので載せてみました。

※薬指の指輪・・・シドニー(初海外旅行先)で購入したオパールの指輪。
ショップの中で二番目にお安いものでした。これしか買えなかったあ。
実はネックレスもお揃いであります。 

    


by sogno-3080 | 2019-07-14 06:32 | きもの | Comments(10)

トークショーへ   

もう4年前になりますが、本の出版記念トークショーへ出かけたときの
記事も貼り付けておきますね。
あの頃の私はタフだった・・・今は、もう無理(笑)

https://riposo77.exblog.jp/21481521/

昨日は、某駅ビルの某所で行われたトークショーに行ってきました。
男性二人で進行するスタイルらしいのですが、その一人が次男なのです。

息子が盆踊りを追いかけて早や◎年。
好きなことにのめり込むのはいいけれど・・・母親はやや複雑。

そして今回。お互いに自分が現地に赴き、気にいっている盆踊りの紹介を
していました。スライドに釘付けになりました。「新日本紀行」の
もっと×2ディープ版みたいな。うわ~、日本にはこんなところがあるんだ!
知らなかったなあ。口あんぐりです。
最前列で前のめりになり、時に笑い、時に目頭を熱くし、すっかり
聞き入った親バカです。

鳥取県の陸上(くがみ)という所の、墓の周りで踊る「墓踊り」には驚きました。
砂地で足が砂にくいこみがちになりながらも、黙々と踊りつづけます。
その年亡くなった方を供養して、まさに盆踊りの神髄をダイレクトに
ぶつけていますよね。

帰りの電車で思い出したことがありました。
約半世紀前の事。
踊りや祭りの大好きだった私の祖母を偲んで、近所の方が遺影をまん中に
して盆踊りをして下さったことです。場所は自宅前でしたよ。
太鼓の名人も飛び入り参加。
ところが、その太鼓の音を聞きつけ、「なんだなんだ?」と、
もっともっと遠くの人まで集まってきたという(笑)

そしてもう一人。同じように祭り好きだった亡き父の写真もそっと
バッグの中に入れておきました。
じいちゃん、孫もしっかりDNAを引きついでいるよ(苦笑)


a0157047_05150945.jpg

「雨でも嵐でも着物」と決めていたので逆に迷わずよかった着物。
知人から頂いた絽に、これも友人からの麻?の帯、お茶の先生に頂いた
七色の帯締め。アップルコートがしっかりお仕事をしてくれて、助かり
ました。





a0157047_06042999.jpg
一番の「痩せはったぎ」が私の父親です。
二十歳前後の時だそうです。私のお守りです。



by sogno-3080 | 2019-07-08 05:15 | きもの | Comments(8)

初めて買った草履   

初めて購入した草履は某デパートで6千円でした。
あれからもう何年経ったでしょうか。
履物を整理していたら、片方の踵が取れていることに気が付きました。
修理屋さんで700円で踵の付けなおしをやってもらいました。

しかし、です。
よく見ると前緒がボロボロです。触るだけでボロボロと剥がれ落ちます。
踵はついても、前緒がこれでは話になりませんよね。

魔が差して(笑)裏を見ました。
この留め具でとめてある中は一体どういう構造になっているんだろう。
見るだけ見るだけ。
へえ、そういうことか。


a0157047_12091892.jpg
ということはこうやればいいのでは?
ちょっとお試しを。
お試しがどんどん夢中になって、気が付いたら、なんちゃって前緒が
ついていたという。一回だけ履いてみたいなあ。
もしもの場合に備えて、代用品もちゃんと持参して、お試しをしてみたいです。

a0157047_12091837.jpg

by sogno-3080 | 2019-07-05 12:08 | きもの | Comments(6)

あっぱれです、希林さん   

ついに行ってきました、渋谷へ。
樹木希林さんの「遊びをせんとや生まれけむ展」へ。いつも拝見しているK子さま
のブログを見たら、居ても立っても居られなくなりまして。
オットも誘って、渋谷の交差点を車椅子で行くスリルも味わってきました(笑)

やっぱり行ってよかったです。
ふつふつと体の奥から何かが沸き上がってくる、そんな充実感で満たされました。
希林さんといえば、やはり女優としての仕事を抜きには考えられません。
ただ私が思ったのは、希林さんは仕事もし、家族を愛し守り、生活では
自分の好きなものに囲まれ、人として、自分を使い切り(ご本人の言葉)、
生き切ったあっぱれな女性だったのだなあ、ということ。

さて、あなただったらどう生きるの?と問いかけられているような気持ち。

出口に飾られていたこのポスターにガツンとやられました。



a0157047_06472649.jpg
生き方はファッションにも現れているような気がします。触れませんが、いちいち手に触れてみたい衝動に駆られました。
映画でTVで私生活で、見たことのある衣装の前では立ち止まる時間が
長くなりました。

a0157047_06472681.jpg

a0157047_06472746.jpg
一番好きだった写真です。
今まさに撮影現場へ向かう希林さん。
左手に抱えた黒のバッグが効いています。いいわあ!
女優としてのオーラが全身に漂っていますね。そして、働く一女性としての
凛とした覚悟さえ感じます。希林さんはホントに着物姿が良く似合うのよね~~

a0157047_06472717.jpg

by sogno-3080 | 2019-03-23 06:46 | きもの | Comments(4)

昭和のお母さん   

日曜日、オーケストラの演奏を聴きにいってきました。
創立35周年を迎えるお馴染みの地元のオーケストラです。
会場はすぐ近く、お財布に優しいクラシックです。

生オーケストラは気分がすかーっとするので大好き。
打楽器が入るとさらにテンション↑シンバルが鳴ると、ワクワクします。

着物。
今回はこの羽織を着たかったのです。頂き物ですが偶然にも紋が嫁ぎ先と
同じで驚きました。昭和のおかあさんっぽい雰囲気、好きなのよね~。
着物はこの前ご縁があった鮫小紋。シミもなくサイズもぴったり、これで
映画のシニア料金×2と同じお値段なんて、なんだか申し訳ないくらい。
羽織紐は自分で作ったもの。今日がデビューです。






a0157047_13241065.jpg

a0157047_13241164.jpg

by sogno-3080 | 2019-03-12 13:23 | きもの | Comments(14)

コンサートへ   

地元(といっても隣市)に新しいオーケストラができ、その第一回演奏会
に行ってきました。私がいつも行くオーケストラとは別のグループです。
まずロビーが賑やか。地元の名産品が並んでいたり、30分前にはロビー
コンサートが開かれたり。レベル、高っ。早くもコーフン!
そして・・・ワインもあったわ✨横目でチラ見しながら会場へ向かったので
ありました。

そんな日の着物は「ハレの日」モード。
私が一番大事にしている着物です。ここぞ、という時に登場します。
着物にハマりだした頃、母親におねだりしたもの。
「とーさんに着物買ってもよいと言われ作ったけど、色が少し派手で
結局一度しか着なかった」とのことでした。

着物のチカラってあるのですね。この着物に袖を通すと不思議なパワーを
感じます。両親にがっちり守られているような錯覚。





a0157047_17282908.jpg




a0157047_08580179.jpg









by sogno-3080 | 2019-02-25 17:28 | きもの | Comments(6)

お家&ご近所着物   

知り合いが遊びに来てくれました。せっかくなので着物を着て、スタンバイ。
お菓子は久しぶりにブラウニーを焼きました。
チョコレートがやたらと食べたくなる時があって、そんな時はブラウニーを
焼いたりします。お喋りの後、サクッと近所を散策。
知り合いの、「着物好きの知り合いさん」の所へ連れていってもらい、
そのお宅で着物談義。

襦袢の半襟には芯も入れず、帯は半幅で、ゆるゆる着物です。着付けは
10分もかかりません。お家de着物は、こういう着方が好き。



a0157047_16330883.jpg

a0157047_16330841.jpg

a0157047_16330814.jpg
着物&刺繍入りバッグは手作りです。
このデニム着物、一部を除いてミシンでだーっと縫ったもの。
幅が少し広めですが、なにしろこの縞が大好きだったから気にいっています。
縞の着物,大好き~♡先日、徹子の部屋で、沢村貞子さんが縞の着物に
黒の羽織を着ていました。素敵でした~。惚れ惚れしました。

by sogno-3080 | 2019-02-10 16:32 | きもの | Comments(14)

映画「メリー・ポピンズリターンズ」を観てきました   



a0157047_07334436.jpg




昨日、オットと映画を観てきました。おじさんおばさん、ファンタジーの
世界にどっぷり浸かるの巻です(笑)
「よかったね~」はオットの感想。
すっきり、凛とした印象のメリーポピンズ。役作りには工夫したようですね。
前作はなんといってもあのジュリー・アンドリュースですものね!

琴線にふれたフレーズがありました。
(日本語の歌詞から引用させて頂きました)

永遠に消え去るもの
この世にひとつもない
何ひとつ無くならない
この場所にいないだけなの

この世にいない大切な家族の顔や、昔よく遊んだおもちゃの人形が頭に
浮かびました。ぐっと来る場面。

また、「毎日(日常)の隙間に幸せはあるのよ」
これがまた胸に沁みる~~。

オットの希望により吹替版を観ましたが、声優の名前を知らずに観て
よかったなあと思いました。エンドロールで、ああ!そうなんだ、という
驚き。映画に入り込めて良かったです。



a0157047_07315360.jpg

そんな日の着物は、ほころび始めた梅の花を意識しました。
先日リメイクした道中着のデビューも兼ねて。






by sogno-3080 | 2019-02-02 07:31 | きもの | Comments(14)