人気ブログランキング |

カテゴリ:きもの( 208 )   

あっぱれです、希林さん   

ついに行ってきました、渋谷へ。
樹木希林さんの「遊びをせんとや生まれけむ展」へ。いつも拝見しているK子さま
のブログを見たら、居ても立っても居られなくなりまして。
オットも誘って、渋谷の交差点を車椅子で行くスリルも味わってきました(笑)

やっぱり行ってよかったです。
ふつふつと体の奥から何かが沸き上がってくる、そんな充実感で満たされました。
希林さんといえば、やはり女優としての仕事を抜きには考えられません。
ただ私が思ったのは、希林さんは仕事もし、家族を愛し守り、生活では
自分の好きなものに囲まれ、人として、自分を使い切り(ご本人の言葉)、
生き切ったあっぱれな女性だったのだなあ、ということ。

さて、あなただったらどう生きるの?と問いかけられているような気持ち。

出口に飾られていたこのポスターにガツンとやられました。



a0157047_06472649.jpg
生き方はファッションにも現れているような気がします。触れませんが、いちいち手に触れてみたい衝動に駆られました。
映画でTVで私生活で、見たことのある衣装の前では立ち止まる時間が
長くなりました。

a0157047_06472681.jpg

a0157047_06472746.jpg
一番好きだった写真です。
今まさに撮影現場へ向かう希林さん。
左手に抱えた黒のバッグが効いています。いいわあ!
女優としてのオーラが全身に漂っていますね。そして、働く一女性としての
凛とした覚悟さえ感じます。希林さんはホントに着物姿が良く似合うのよね~~

a0157047_06472717.jpg

by sogno-3080 | 2019-03-23 06:46 | きもの | Comments(4)

昭和のお母さん   

日曜日、オーケストラの演奏を聴きにいってきました。
創立35周年を迎えるお馴染みの地元のオーケストラです。
会場はすぐ近く、お財布に優しいクラシックです。

生オーケストラは気分がすかーっとするので大好き。
打楽器が入るとさらにテンション↑シンバルが鳴ると、ワクワクします。

着物。
今回はこの羽織を着たかったのです。頂き物ですが偶然にも紋が嫁ぎ先と
同じで驚きました。昭和のおかあさんっぽい雰囲気、好きなのよね~。
着物はこの前ご縁があった鮫小紋。シミもなくサイズもぴったり、これで
映画のシニア料金×2と同じお値段なんて、なんだか申し訳ないくらい。
羽織紐は自分で作ったもの。今日がデビューです。






a0157047_13241065.jpg

a0157047_13241164.jpg

by sogno-3080 | 2019-03-12 13:23 | きもの | Comments(14)

コンサートへ   

地元(といっても隣市)に新しいオーケストラができ、その第一回演奏会
に行ってきました。私がいつも行くオーケストラとは別のグループです。
まずロビーが賑やか。地元の名産品が並んでいたり、30分前にはロビー
コンサートが開かれたり。レベル、高っ。早くもコーフン!
そして・・・ワインもあったわ✨横目でチラ見しながら会場へ向かったので
ありました。

そんな日の着物は「ハレの日」モード。
私が一番大事にしている着物です。ここぞ、という時に登場します。
着物にハマりだした頃、母親におねだりしたもの。
「とーさんに着物買ってもよいと言われ作ったけど、色が少し派手で
結局一度しか着なかった」とのことでした。

着物のチカラってあるのですね。この着物に袖を通すと不思議なパワーを
感じます。両親にがっちり守られているような錯覚。





a0157047_17282908.jpg




a0157047_08580179.jpg









by sogno-3080 | 2019-02-25 17:28 | きもの | Comments(6)

お家&ご近所着物   

知り合いが遊びに来てくれました。せっかくなので着物を着て、スタンバイ。
お菓子は久しぶりにブラウニーを焼きました。
チョコレートがやたらと食べたくなる時があって、そんな時はブラウニーを
焼いたりします。お喋りの後、サクッと近所を散策。
知り合いの、「着物好きの知り合いさん」の所へ連れていってもらい、
そのお宅で着物談義。

襦袢の半襟には芯も入れず、帯は半幅で、ゆるゆる着物です。着付けは
10分もかかりません。お家de着物は、こういう着方が好き。



a0157047_16330883.jpg

a0157047_16330841.jpg

a0157047_16330814.jpg
着物&刺繍入りバッグは手作りです。
このデニム着物、一部を除いてミシンでだーっと縫ったもの。
幅が少し広めですが、なにしろこの縞が大好きだったから気にいっています。
縞の着物,大好き~♡先日、徹子の部屋で、沢村貞子さんが縞の着物に
黒の羽織を着ていました。素敵でした~。惚れ惚れしました。

by sogno-3080 | 2019-02-10 16:32 | きもの | Comments(14)

映画「メリー・ポピンズリターンズ」を観てきました   



a0157047_07334436.jpg




昨日、オットと映画を観てきました。おじさんおばさん、ファンタジーの
世界にどっぷり浸かるの巻です(笑)
「よかったね~」はオットの感想。
すっきり、凛とした印象のメリーポピンズ。役作りには工夫したようですね。
前作はなんといってもあのジュリー・アンドリュースですものね!

琴線にふれたフレーズがありました。
(日本語の歌詞から引用させて頂きました)

永遠に消え去るもの
この世にひとつもない
何ひとつ無くならない
この場所にいないだけなの

この世にいない大切な家族の顔や、昔よく遊んだおもちゃの人形が頭に
浮かびました。ぐっと来る場面。

また、「毎日(日常)の隙間に幸せはあるのよ」
これがまた胸に沁みる~~。

オットの希望により吹替版を観ましたが、声優の名前を知らずに観て
よかったなあと思いました。エンドロールで、ああ!そうなんだ、という
驚き。映画に入り込めて良かったです。



a0157047_07315360.jpg

そんな日の着物は、ほころび始めた梅の花を意識しました。
先日リメイクした道中着のデビューも兼ねて。






by sogno-3080 | 2019-02-02 07:31 | きもの | Comments(14)

道中着、完成♡   

a0157047_13075814.jpg
着物から作った道中着、洋服の上からではよく分からないので、
ちゃんと着物を着て帯を締め、その上から羽織ってみました。
左とまん中は同じもの。一番左が元の色に近いです。
かけ衿から作った紐、前回より少し細くして、その残った布でこんなコサージュ
っぽいのもこさえてみました。安全ピン付きなので取り外し可能です。

右は最初に作った道中着。寒がりなので、どうしても長い丈のほうが好き。

by sogno-3080 | 2019-01-29 13:07 | きもの | Comments(10)

着物から道中着 第二弾   

a0157047_11300736.jpg
雑誌「七緒」を見て作った道中着があまりにも良かったので、第二弾を作って
いるところです。
前回はフルレングスでしたが、今度は少し丈を短くしました。
着物にハマりかけた頃購入した紬ですが、どうも着る機会がなく、箪笥に
眠ったままでした。「そろそろ出番よ」とそっと起こしてあげましたよ(笑)

「かけ衿をはずす」、かけ衿ってなんだっけ?
前回から暫く経っているので、一から勉強です。ほおほお、そういうことに
なっているんだあ。着物ってホントよくできているなあと今更ながら
感心しています。

by sogno-3080 | 2019-01-26 11:29 | きもの | Comments(8)

日日是好日   





a0157047_10000082.jpg

我が家の、二階の和室でこんなことをして遊びました。
近所友、オット、私、全員で5名。お茶を習っていたことのある友人が
お茶を点ててくれ、私たちがそれを頂きました。
道具がないので、家庭にあるもので代用。
釜の代わりに電気ポット、蓋置には陶器の醤油さし、そして柄杓には・・・
キッチンを眺めながら色々考えまして、小さめのお玉を。
私が梅酒瓶から梅酒をすくう時に使っていたものです。

この道具にまずお茶を点てる友人が吹き出しまして、私たちも一緒に
笑いこけたのでした。茶杓は前に私が作ったものです。
ちょっと使いにくそうでした(笑)

友人には(無理やり?)着物をきてもらいました。
やっぱり似合う~♡着物&お茶からちょっと離れている友人に、少しでも
あの楽しさを思い出して欲しかったの。

私の突然の酔狂に付き合ってくれる近所友には感謝だけです。
自然に役割が決まっていて、皆しっかりと協力してくれます。
私はあははあははと笑っているだけです。

一度だけ、私も友人にお茶を点てました。全てがぎくしゃくしていますが、
なんとか出来ました。着物は先日購入したもの。早速のデビューです。



by sogno-3080 | 2019-01-25 09:59 | きもの | Comments(10)

本と着物   

私の好きな、敷居の低い小さな呉服屋さんから葉書を頂き、さっそく
駆け付けました。「詰め放題」の文字がキラキラと輝いています。

開店そうそうじゃ悪いかしらと心配しながら行くと、店内にはもう既に
三人のお客様が。ここで戦意喪失?(笑)

最初の三人様が見終わったあと、私もそろそろと段ボールに近づきます。
その時、最初の方が選ばれた着物うちの一枚を鏡の前で羽織りました。
「うわ~、いいわよ~」周りの皆様から声が上がります。素敵な訪問着
でした。ちなみに、二枚目に羽織られた着物も私好み。

今回私は、黒留袖二枚(リメイク用)と明るい色の綸子、計三枚を拾い上げました。
黒留袖はもうやめておこうかと思いましたが、この柄を見たら、決心
なんか吹き飛びます。大きな鏡の横には、千円~一万円くらいの着物が
ずらっと並べられています。詰め放題だけでは満足できない私が
いました。

状態の良い鮫小紋と青海波の柄の着物が目につきました。
羽織ってみると、周りの客の視線がこちらに集中します。
「あら、良いわ~~、あなた痩せているからいいわよね」等々。
店主&三人のお客様に乗せられ、こちらの二枚もゲット。

今度は他の方が試着する様子を見る番です(笑)
これも妙に楽しい!
「ちょっと派手かしら。でもね、年取ったら段々派手なのが着たく
なったわ」と誰かが呟きました。その意見に頷く人も。

そして一番奥には読谷村花織の着物が衣桁にかけられ、鎮座ましまして
いました。誰かが「あれ、いいわよね」と。見て見ぬふりしていた着物です。
「羽織ってみて羽織ってみて」と店主。
怖がって誰も近づきません。そのうち、一番近くにいた方が着てみることに
なりました。いや~、光り輝いていましたね。美しかったです。
沖縄の風がふわっと鼻先を通り抜けたような錯覚。お値段には関係なく、着物
を買うと、なんていうんでしょう、体の奥底からチカラが沸き上がってくる
ような気がします。
また頑張って日々生きよう、って。






a0157047_14040300.jpg
いつも行かない、ちょっと遠くの図書館で選んだ本。
鴨川に行くと暫くの間は鈴木真砂女さん熱に浮かされます。

a0157047_14040366.jpg

by sogno-3080 | 2019-01-23 14:03 | きもの | Comments(10)

気になるおばあちゃま   

近所で時々お見かけする、いつも着物のおばあちゃまが気になります。
着物は短く着付けていて足袋がたっぷり見えます。
時々お太鼓がぐしゃっと曲がっていたりします。


先日見かけたときは、珍しく洋服姿でした。
ああ、やっぱりなあ、となんだか寂しいキモチに。
ところが数日前スーパーで会ったときは、またいつもの着物姿でした。
着物の上にはニットの上っ張りみたいなものにマフラー。

毎日着物を着ている方って、普段どんな着物を着ているのかしら?
半襟付けとかはどうしているの?
そして着物で家事も大丈夫なのかしら?
いつかお話する機会があったら聞いてみたいものです。

と言いながら、いつも着物だった私の祖母の事を思い出しました。
まったく普通に生活していましたからね。
ちょっとおめかしして外出という時、姉が編んであげたビーズのバッグを
嬉しそうに抱えていた姿を思い出します。



a0157047_13504453.jpg

by sogno-3080 | 2019-01-15 13:50 | きもの | Comments(16)