カテゴリ:きもの( 199 )   

気になるおばあちゃま   

近所で時々お見かけする、いつも着物のおばあちゃまが気になります。
着物は短く着付けていて足袋がたっぷり見えます。
時々お太鼓がぐしゃっと曲がっていたりします。


先日見かけたときは、珍しく洋服姿でした。
ああ、やっぱりなあ、となんだか寂しいキモチに。
ところが数日前スーパーで会ったときは、またいつもの着物姿でした。
着物の上にはニットの上っ張りみたいなものにマフラー。

毎日着物を着ている方って、普段どんな着物を着ているのかしら?
半襟付けとかはどうしているの?
そして着物で家事も大丈夫なのかしら?
いつかお話する機会があったら聞いてみたいものです。

と言いながら、いつも着物だった私の祖母の事を思い出しました。
まったく普通に生活していましたからね。
ちょっとおめかしして外出という時、姉が編んであげたビーズのバッグを
嬉しそうに抱えていた姿を思い出します。



a0157047_13504453.jpg

by sogno-3080 | 2019-01-15 13:50 | きもの | Comments(16)

二人で新年会   

以前勤めていた会社の同僚と新年会をしました。ずっと「会いたいね」
「お茶したいね」と言い続けていましたが、やっと叶いました。
70歳で一人暮らし。フルタイムではないものの仕事を持ち、趣味も楽しんで
いる様子。今一番熱を入れているのは書道だそうです。

海外旅行も趣味のひとつで、今年3月にはモロッコへ行く予定だとか。
うわ~、モロッコかあ♥私はこの先もたぶん行くことはないだろうなあ。
私は「旅先から絵ハガキを頂戴」とお願いしました。海外の切手を見るのも
好きだし、感動に満ち満ちた、ちょっとテンションの高い内容の文面が
妙に好きだったりします。

そして、彼女からのお土産は、叔母さんから譲り受けたという「小千谷縮」の
着物と麻の帯。帯は、タレ、お太鼓、前がこんな柄でした。








a0157047_07131441.jpg

a0157047_07131473.jpg

a0157047_07131416.jpg

by sogno-3080 | 2019-01-13 07:12 | きもの | Comments(6)

古帛紗を作りました   

a0157047_10160815.jpg
新春ちくちく第二弾、古帛紗を作りました。角をびしっと作るのって
ホント難しいですね。毎回ですが、自分の不器用ぶりにがっかりします。
生地は、この帯↓を二部式にリメイクした時の残布。厚手なので、
またまた縫うのが大変でした。
「茶の袋物」、作ってみたいものが盛りだくさんです。ずっと図書館の本を
借りていましたが、マーカーとか書き込みとかしたかったので、ついに購入。
(下の写真は、昨年正月、浅草演芸ホール詣をした時のものです。)

a0157047_10164788.jpg

by sogno-3080 | 2019-01-10 10:15 | きもの | Comments(12)

ちくちく始め&仕事始め   

a0157047_16515656.jpg
昨年末からちくちくとかがっていた八寸帯ができました。
出来立てホヤホヤ~。この作業が終わる日が来るのだろうかと途方に暮れた日々。
ちゃんと終わりがきました(笑)細かい手作業はやっぱり苦手です。
もうこれ以上は無理。
そして出来たら巻かずにはいられません。さくっと巻き付けて、お太鼓を
作ってみました。おお、締めやすい!

どんな着物に合うのかな。さっそく二枚の着物の上に置いてみました。
悪くないです。厚手の綿、気軽なお出かけにいいかもです。

昨日は仕事始めでした。暫く休んでいたのでなんだかなあ、の出来。
今年も細々と続けるつもりです。仕事はまだまだもがきたい気分。


by sogno-3080 | 2019-01-08 16:51 | きもの | Comments(10)

希林さんの箪笥   



a0157047_17091524.jpg
食材を買いに行ったスーパーの書店コーナーでこんな本を見つけました。
表紙の「きもの」「樹木希林」、たったこの二つの文字に惹かれ、買い物かごへ!

私がいままで知りたかった、希林さんの着物についての疑問を解決して下さって
いました。これは保存版だわ♡

「私のきものはどこかにけれんを作っている・・・」なるほど。
思い当たる節がおおあり。
テレビや映画で見たことのある着物、帯、半襟などのエピソードが満載です。

一番気になっていた、映画「モリのいる場所」のポスターで希林さんが着ていた
縞の着物。これはなんと、裕也さんのお母様の形見のお着物だったそうです。
私は実はこの着物みたいな縞の着物にずっと憧れています。
もし許されるのであれば、あんな感じの縞の着物を自分サイズで(笑)誂えて
みたいものです。

そして、う~ん、さすが!と感激したこと。
それは手作りの腰紐。半端な布や使い古した布でちくちくしたものだそうです。
表にはでないけれど、自分だけのこだわりであったり、愉しみであったりね。

話しは全然違いますが、私が裾除け(お腰)からリメイクしたステテコ。
ウエストのゴム部分に(前と分かるように)お相撲さんの刺繍ワッペンを
縫い付けてあります。外出した時、それが目に入ると、気持がふわっと
緩んできます。あ、ちょっと話のレベルが違いましたかね(笑)





by sogno-3080 | 2019-01-06 17:08 | きもの | Comments(8)

スカイツリーへ   

オットが以前から行きたがっていたスカイツリーに行ってきました。
最近、「車椅子で東京」は結構つらいです。気合を入れないと。


しかし、行ってよかった!この絶景ですよ~~。
富士山にかかっている雲、指でちょいとはじいてみたくなりました。
東京というより「江戸」が広がっている感じ。
なんて美しい街なんだろうと何回も溜息をつきました。隅田川がこれまた
よい感じでね~。情緒たっぷりでした。




a0157047_15405616.jpg

a0157047_15405703.jpg
ガラス床から下を見るとこんな感じ。怖いわあ、といいながらずんずん進む
おばさま達(笑)私ももちろんその一人。

a0157047_15405702.jpg
今日の着物のテーマは、「2019年の船出」。
という訳で青海波の帯揚げと手作りの船の帯留です。
着物はK蝶さんの千円着物第二弾♥
幅が広くて、いつも着付けに苦労します。
a0157047_15405719.jpg

by sogno-3080 | 2019-01-05 15:39 | きもの | Comments(6)

着物で浅草へ   

a0157047_14585674.jpg

a0157047_14585712.jpg

a0157047_14585765.jpg
落語を聞きに浅草へ行ってきました。落語の初席の雰囲気、たまらないですね。
顔見世興行ですから、あっという間に持ち時間が終わってしまいます。
その短い中でも、きっちりと芸を見せて下さった噺家さんがいらっしゃいました。
最初は都々逸を聞かせてくれ、次は踊りを見せてくれました。
こういう正月らしい目出度い芸、大歓迎です。

手ぬぐいで頭巾を作り、ひょいと被る。
羽織を脱ぎ、表と裏を逆に着ます。
舞台の端から、能のような足さばきで登場されました。
扇子を右手に、鯛を釣ったかと思いきや、実は手に持っていたのは
足袋。そう、実はコハゼって訳ね~。

いつの初席だったか。
たった10分くらいの間に感動的な落語を聞かせてくれた噺家さんがいました。
初めて聞く落語。もう感動的で、思わずパンフレットに大きな赤丸を
つけたものでした。今は亡き喜多八師匠です。

浅草演芸ホール→K蝶→喫茶店のアンチ”ェラス。
昨年と同じコースを辿りました。

4時半起床、7時前にバス停に立つ。これも前回と同じ(笑)
木久扇師匠のお顔を拝見して、席を立ちました。
ああ、一部だけなんて・・・・
一度でいいから終了まで楽しみたいなあ。

着物は昨年浅草で見つけた「どれでも千円」着物。
帯はブログ友さまからのご縁。
道中着は、「七緒」を見て着物→道中着にリメイクしたもの。
う~ん、道中着、足さばきがイマイチ。さらに工夫の余地ありです。


by sogno-3080 | 2019-01-03 14:58 | きもの | Comments(8)

雨だけど着物で   

a0157047_16545240.jpg
歩いて行ける距離、無料。こういうものには滅法弱いです。
地域新聞、隅から隅までチェックしていると、こんな情報もキャッチできるのね。
ここでは以前、林真理子さんの講演(無料)を聴くこともできたんですよ。

歳を重ねてきたら、音楽の幅がぐんと広がってきました。
ジャズも歌謡曲も演歌も大好きです。もちろん、クラシックも大好き。
クラシックに纏わるちょっとマニアックな話題、面白かったです。
講義だけでなく、その場で生の演奏を聴かせてくれるなんて、なんて
贅沢なのでしょう。師走の慌ただしい中、こんなゆったりとした時間を
持てたことはラッキーでした。


着物は、めったに着ることがない角通し。数少ないお誂えの割には
袖を通すことが少ない小紋です。つるつる滑るし、重いし、丈も長め?
おはしょりの処理に今日も四苦八苦しました。

帯は手作りの二部式帯です。これは、私の作品の中で一番のお気に入り。
なんたって、芯の固さ具合が丁度良いの。

講師がヴァイオリン奏者なので、帯留はもうこれに決まり。
ブローチですが、帯留として大活躍です。


by sogno-3080 | 2018-12-22 19:54 | きもの | Comments(4)

友人の還暦祝いの会   

a0157047_10033205.jpg
友人の還暦祝いをしました。会場は素敵なレストラン。私たちはランチを
しましたが、その後は同じ会場で結婚披露宴が入っているということでした。
還暦の祝いができるまでの長い付き合いに感謝しつつ、美味しいランチ&
イタリアの赤ワイン(←量が少なかった・・・)を満喫。

着物は、「お姉ちゃま②ありがとう」の紬。
帯は既成のものを二部式に直したもの。
帯揚げは着物のリサイクルショップで購入した端切れ
帯留は、前回の作り直しで、今回は台を生成りにしてみました。
車に乗せて行ってもらったので、コート代わりにショールで。
バッグは、例の帯から作ったもの

お祝いのお返しとか、プレゼントとか、いっぱいもらってニコニコの日。
来年6月はメンバー最後の還暦の会があります。

by sogno-3080 | 2018-12-10 10:03 | きもの | Comments(6)

雨の日は手芸ですね ・追加写真あり   

a0157047_16555537.jpg
朝から雨なので、完全引きこもりしました。
今日みたいな日は、手芸ですよ!

中途半端に残っている毛糸を在庫一斉セールです。
NHKで見た帽子を参考にしようと思いましたが、録画を見たら
面倒そうなのでパス。(得意の)自分で勝手にぐいぐい編み始めました。
ちょっと編んだら頭に乗せ、鏡で確かめる、の繰り返しです。

色もデザインも微妙ですが、まあこれはこれでね♥
ボンボリをつけないバージョンが好きだけど、一応写真的につけてみました。
誰だったかな、残り毛糸で炬燵カバーを編んでいるひとがいたな~

帯留はさらに微妙。
台の色のせいかな。柄がはっきりしないのよね。
これをたたき台にして、もう一回チャレンジしようと思います。



a0157047_16104261.jpg
自分で洗濯したら短くなった赤のセーター。
しばらく前に、かぎ針編みで4センチくらい編み足しました。
でも、まだなんだか長さが物足りないの。
で、またさらに4センチ足しました。試着したら、好みの長さです。

箪笥に眠ったままだった赤のセーターが、一気にお出かけセーターとして
変身。今日も、このセーターを着てチョイ外出しました。

by sogno-3080 | 2018-12-06 16:55 | きもの | Comments(10)