カテゴリ:きもの( 187 )   

今日、KUROTOME着ます   

a0157047_08213635.jpg
・・・と言っても、結婚式ではありませんよ、念のため。
黒留袖をスカートにリメイクしたものです。
裾がばあーっと広がらないように、昨日スカートの上前にボタンをつけました。

私が一年で一番楽しみにしている行事です。
一年で一番お酒が美味しいなあ、と思う日。

[PR]

by sogno-3080 | 2018-10-28 08:21 | きもの | Comments(8)

介護と着物   

a0157047_09013935.jpg
難病のオットを介護している姉②から悲鳴のようなメールがありました。
夜は1時間おきくらいにトイレ介助が必要
眠られない、イライラ


そういえば姉からたまに届く夫婦二人の写真、姉の表情が険しい。
いつも疲れた顔をしている、と感じていました。

今までの自分自身、または仕事で得た知識経験をもとに、私なりの
精一杯のアドヴァイスをしました。
私はいつも言います。
「遠くの身内より近くの施設」
自分だけで抱えないで!頼れるところは臆せずどんどん頼って!



他人には言えるのよね。
でもこれが自分のケースになると、なかなかできないものです。
私はリアル友、ブログ友さんからの言葉にいつも救われてきました。
特に、ブログ友さんから
「頑張って下さい」という言葉は受けたことがありません。
皆さま一様に、「気晴らしをして下さい、自分の時間を作って下さい」、と♥
これがどれだけ嬉しいことか。
3.11の時、「頑張って下さい」という励ましの言葉が、逆につらかった
という被災者の声をあちこちで聞きました。私も何度もそう呼びかけました。
彼らは言います。
「これ以上どう頑張ればよいのか・・・」とね。

レスパイトケアって凄く大事。
私は時々私自身のケアマネージャーになります。
「どうですか?眠れていますか?食べられますか?」

本はいいですね。
「三時間のシンデレラ」の昨日、(オットが三時間ディーサービスの日)
久々にちょっと遠くの図書館へ。
林真理子さんのエッセイはいつも私を喜ばせてくれます。
窓辺のいつもの席で、珈琲をすすりながらマリコさんの軽快なエッセイを
読んでいると、気持がすかーっと晴れてゆきます。

そして、着付けの練習ね。
嫁入り箪笥の付け下げと帯。どちらも訳ありでちょっと残念なことに
なってしまっていますが。

他の煩わしいことは一切忘れて、着物に集中できる幸せな時間です。
衿をもう少し抜きたかったな
おはしょり、今度は短め


出番を待っていたら、一生その時は来そうにないから、いっそ自分で
わざわざ機会を作って着る、なんてどう?




a0157047_09014018.jpg

[PR]

by sogno-3080 | 2018-10-17 09:01 | きもの

母の黒留袖 写真追加✨   

a0157047_10341077.jpg
実家から嬉しいニュースが入りました。
姉①の一人娘が入籍したのだとか。ここまで辿りつくまでの姉の苦労を
知っているだけに、妹の私はうるうるなのでした。
式は未定、なのだそう。
が、当然姉と私の話題は結婚式の着物の話しに・・・

そういえば、母の黒留袖ってどんな柄だったのだろう?
姉に聞くと「なんだか地味な感じだったよ」とのこと。
確かめたい気持ちがムクムク。
早速37年前の私の結婚式・集合写真を引っ張り出してきました。
母は右から三番目。ぱっと見、そういえば、という気もする。
なんだか母の性格を反映しているような、おとなし目の柄行だなあと
思いながら、でも実際は??目の前で確認してみたくなりました。

集合写真を見て驚きました。
親戚関係の女性は、80%が黒留袖です。そういう時代だったのですねえ。
逆のことを言えば、母の黒留袖、娘の数だけでなく、何度も着る
機会があったのかもしれませんね。

勝手に前夜祭?
急に柔らか物に触りたくなった私。
数少ない付け下げを出してみました。当然、二重太鼓も結びたく
なります。

いつか姪の結婚式に招待されることがあったら・・・
色留袖着てみたいな。持っていないけど(笑)
姉②に借りるというテもあるか。
ついでに着付けもお願いして。(姉②は美容師です)
ちゃっかり三女の妄想は続く。

柔らか物の練習結果 ↓ 
痩せたのではありません。写真の縦横比が?!なだけです。
①帯揚げ選び、完全に失敗の巻。
②おはしょりがモコモコ



a0157047_11004147.jpg







[PR]

by sogno-3080 | 2018-10-15 10:33 | きもの

心躍る帯締めが欲しい   

a0157047_08545819.jpg
いつかいつかとずっと先延ばしにしていた帯締めの整理、やっとできました。
一応三つに区切りました。 
最近覚えた、帯締めの房をギュッと押さえるやり方でやってみました。
これでやると長さが小引き出しの幅にぴったしになるんですね。

こんなにあるようでも、本当に気に入ったものは2~3本。
というか帯締めを選ぶときはいつも憂鬱。
何を合わせればよいかが分からない。
そして、悩んだあげく、後で写真を見ると、結局「なんだかな~」です。

そして最近思っていること。
あの憧れのD明さんで帯締めを選んでみたいなあ・・・

PCで、店頭にずらっと並んだ帯締めを見ながら、「どれにしようかな~」と
迷って遊ぶクセ(笑)
着物や帯の新調は到底無理だけど、帯締めならなんとか頑張れば♥
物欲は(私の場合だけど)生きるチカラのひとつだもんね。



[PR]

by sogno-3080 | 2018-10-13 08:54 | きもの

試写会で一足早く「日日是好日」を観てきました   

a0157047_10131766.jpg

オットのリハビリ時間が若干長引いた
着付けが上手く行かずイライラ
映画館でコーヒーを作る機械が、よりによって私の番に来て故障・待たされる
夕食替わりに持っていったどら焼き、袋が切れず焦る

そんなこんなのバタバタ状態でした。
が、映画が始まり、着物姿の希林さんが画面に登場すると、あとはすーっと
気持ちが緩んでいきました。
映画が、茶室そのもの、という感じ。

四季の変化をうつす茶室の佇まいが素晴らしくて~!
特に冬の庭が好きです。雪持ち千両の可愛らしいこと。
新年のピーンと張りつめた空気 一年の始まりを寿ぐ華やかさ
お道具がお菓子が着物が私の眼を喜ばせてくれました。

あの原作をどのように料理するのかと、ちと危惧の念も正直ありましたが
いやいやどうして、映画には映画の良さが満ちていました。

すーっと染み入るような音楽も良かったです。
チェロ?の響きに聞き入りました

日々はいつもと同じことの繰り返し。だけどその同じことができる幸せ。
この四年間私が考えていたことを教えてもらった気がします。

希林さん、美しかったです。
脳裏にしっかりと焼き付けました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

経年劣化の激しいこの菊の帯。
せめて一年に一度は箪笥から出してあげたいものです。
着物は叔母から。

手ぬぐいは、鳥獣戯画のクリスマス版?
端をわざとこんなクリスマスカラーでざくざくやってみました。

先日、着物友達が赤の模様の手ぬぐいの端を黒糸で縫っているのを見て
お洒落~と思い、ちょっと真似っこしてみました。



[PR]

by sogno-3080 | 2018-10-11 10:13 | きもの

映画の神様ありがとう   

a0157047_09385174.jpg

あの話題の映画の試写会チケットに当選しました。
着物で映画もわるくないなあ~

今日は珍しく刺繍半襟を付けてみました。
色褪せた白の半襟を紅茶染めし、ザクザクと刺繍したものです。
この時季だったら「萩の花」、ということにしておきましょうか。




a0157047_09385190.jpg
あ、そうそう。NHKTVのフランス語講座。
今回は黒木華さんなんですね。
昨日録画しておいた分を初めて観ました。アパートメントを借りて、そこで
マルシェで買ってきた野菜やチーズを料理。いいなあ、こういうの♥
そのアパートメント、キッチンが超充実していました。
スパイスの瓶がずらーっと並んでいましたね。

ボンジュール・パリ。
私もそう言える日が来るといいな。
一応バケツリストでは常にトップに君臨しているのですがね・・・

[PR]

by sogno-3080 | 2018-10-10 09:38 | きもの

着物でデート   

黒柳徹子×田川啓二コレクション「もっとSU・TE・KI!展」に
行ってきました。私がお誘いしたのはこちらの着物友さん。
尊敬する着物先輩のうちのお一人です。
色々な分野でイラストレーターとしてご活躍されている方です。
お若いのに着物の知識も半端ではなく、会うたびに色々と教えて頂いて
いつも感謝しているんです。

そろそろ焦げ茶のあの着物が見たくなったなあ、と思っていたら
気持ちが通じたのかまさにそのお着物で登場♥
嬉しくなっちゃいました。

会場は前回同様凄い混雑ぶりでした。チケット売り場には長い行列が。
コレクション、圧倒されました~。会場のあちこちから熱い溜息が聞こえ、
そりゃもう熱気むんむん。
徹子さんのコレクション、私は、アンティークのバッグや帽子が
気になりました。このバッグにはあんなドレスが、この帽子には?
などと脳内シュミレーションが忙しいことといったら(笑)
犬筥(いぬばこ)、今回もありましたね。
可愛らしくて、ここでもやはり足が止まります。

田川さんのビーズ刺繍。精巧な技術にただただ驚くばかりです。
一体どれだけの手間がかかったのだろう!
煌びやかなビーズ刺繍作品はもちろん素晴らしいです。
が、実は私が一番感動したのは、田川さんのお祖母さまの着物の数々。
古き良き時代の贅を凝らした衣装に、うっとりと見惚れてしまいました。


展の後はランチ&カフェへ。たっぷりお喋りして、胸の内がすーっと軽く
なった感じ。こんなに心豊かな時間は本当に久しぶりでした。




a0157047_18453410.jpg
写真には少ししか写っていませんが、この日の主役は実は帯揚げ。

その帯揚げとの出会いは↓



手作り帯+なんちゃって刺繍+フランス語で文字を。
やっとこの帯を締められる季節が来たわ。


a0157047_18510769.jpg



[PR]

by sogno-3080 | 2018-10-04 18:45 | きもの

着物で買い物へ   

a0157047_18482140.jpg
着物で買い物へ行ってきました。
着物にした理由は、色々なものを試運転してみたかったからです。

①夏に購入した「洗える麻100%の長襦袢」
②手作りしたキュプラのステテコのはき心地
③麻の晒、巻き巻き(ブログ:丘の上から通信さんの「晒の巻き方」
 を参考にさせて頂きました。)

長襦袢は微妙にサイズ直しをしたので、どんなんかなあ、と思いまして。
ステテコの足さばき、まあまあでした。
晒巻き巻き、一回目は加減が分からなくて、胸のところをきつく巻き過ぎ、
息がはあはあして大変でした(笑)今回はすこぶる快調♥
私はお腹の方から巻いていきます。ぷよぷよのお腹のお肉がピシッとして
気持ちが良かったです。胸のあたりも以前よりスッキリしたような。

裾除けから作り直したステテコ。前後が分かるように、お相撲さんの
ワッペンを付けました。どすこいどすこいっ!

あ、そうだ、帯は、この前「一袋詰め放題千円」で手に入れたうちのひとつ
です。締めやすくて気にいりました。

[PR]

by sogno-3080 | 2018-09-24 18:48 | きもの

樹木希林さん、ありがとう②   

樹木希林さんに惹かれた理由は、着物との向き合い方が大きかったです。
「着物を着ている」と周りに意識させない、ふわあっと羽織っているような
自然な着物姿が大好きでした。

拙ブログでも何度も記事に描かせてもらいました。
それを集めてみましたよ。



a0157047_06493480.jpg
小物の色使いも目に焼き付けました。報知映画賞での、受賞時のお着物。




a0157047_06494157.jpg
いつも帯揚げなさらなかったような・・・


a0157047_06495188.jpg
これは絵手紙にして、どなたかに出した時のです。
希林さんの半襟、いつも注目していました。この時は梅がびっしり。

a0157047_06500070.jpg
着物に帽子、大きな衿のコート。
カッコイイったらないの♥


着物に関しては語り切れないのでまた後ほど。


[PR]

by sogno-3080 | 2018-09-22 07:27 | きもの

樹木希林さん、ありがとう①   

俳優として、また生き方や着物との向き合いかたなど、
その圧倒的な存在感に憧れ、注目し続けてきた樹木希林さんがお亡くなりに
なりました。心よりご冥福をお祈りいたします。
そして感謝の気持ちも大きいです。

想いが大きすぎてぼおっとする毎日でしたが、そろそろ書かずにはいられない。

長すぎますので、興味のない方はスルーしてくださいね。

a0157047_06491617.jpg
(ゼクシィのCMからお借りしました)

お正月にお目にかかるCMもよいけど、今となってはこのCMに惹かれます。
淡々としたお二人のセリフがいいのよ~
希林さん、なんと帯は前結びですよ。やる~~

お亡くなりになってから聞いた内田さんへの想いにドキッとしました。
(私なりに短くすると)彼の何もかもが好き、あの世では会いたくない、
だってまた好きになりそうだから・・・

どうですか!ここまで惚れられた内田さん、なんて幸せものなのでしょう。

そして、内田さんからのコメントがまたね。

「啓子、今までありがとう・・・・・・見事な女性でした」
本名を呼ばれたところに驚き。そうか樹木希林さんは「啓子」さんという
お名前だったんだ、と妙に納得。
お二人だけにしか分からない夫婦の絆にしみじみとしました。

俳優として。
今年はTVで「寺内貫太郎一家」を見ることができました。
もう面白かったですねえ!!!
ドラマにこんなに夢中になったのは「あまちゃん」以来でした。
樹木希林さんが画面に登場するだけで、何かが起きそうで、
目が離せませんでした。美代ちゃんとの食事時の掛け合いが、もう、最高っ。

そして、映画「万引き家族」。
知人と映画の感想を言い合った時、二人とも開口一番出たのが、
「希林さんのミカンを食べるシーンが凄かったね」でした。
人間が壊れていく様を表現したかったのだそうです。
ここまでやるか?!と正直思いました。

来月公開の映画、そして来年公開の遺作も見ないと、ですね。
そして過去の映画ももっともっと観たくなりました。

あ、その前に、ブログ友さんが教えて下さった26日(水)のNHKの
ドキュメンタリーもね。これは欠かせないわ。


[PR]

by sogno-3080 | 2018-09-22 07:12 | きもの