人気ブログランキング |

カテゴリ:映画( 127 )   

映画「クーパー家の晩餐会」を観ました   

a0157047_05451651.jpg

Aプライムで。
観たい映画を探すのに一苦労。選んで選んで、結局これ。
ダイアン・キートンが好きなのでね。
 
夏の終わりにクリスマスの映画ってどうなのよ。
いえいえ、ちょっと涼しくなった気分です。
ドタバタのホームドラマ?う~ん?


予想はずれました。面白かった。後でみたのだけど、監督さんはあの
ショーン・ペンの「アイアムサム」のひとだもんね。
登場するワンちゃんの演技にめろめろです。
アメリカの映画、犬が大切な役割を演じていますよね。




by sogno-3080 | 2019-09-01 05:54 | 映画 | Comments(4)

「俺たちは天使じゃない」を観ました   

a0157047_05400175.jpg
おなじみ、Aプライムで観た映画です。
コメディ映画、とあったけど、私はグッとくるシーンが何回もありました。
笑えるのだけど、同時にしんみりする。
テンポのよい運びで、一時も画面から目を離せない。
珈琲を淹れる時間さえためらうほど。

あーあ、面白かった。
ロバート・デ・二―ロ、さすがだ。
ショーン・ペンもどこか哀愁が漂っていて、これまたさすが!


by sogno-3080 | 2019-08-23 05:48 | 映画 | Comments(11)

映画「命みじかし恋せよ乙女」を観てきました・追加情報   

今朝、ゲットしたばかりの情報♥
また銀座に行きたくなりそう!
10月4日からシネスイッチ銀座で。





a0157047_05270808.jpg








a0157047_06331072.jpg

a0157047_06331095.jpg
これがホントに最後の希林さん出演の映画。
居ても立っても居られないです。
映画関係者&とりわけ希林さんに敬意を表して、着物で出かけました。
自分だけのこだわりをそっと着物に託す。

監督の映画に込められた想いは原題「Cherryblossoms and Demons」に集約
されているのでしょう。でもやはり、私的には日本語のタイトルが
しっくりきます。
複雑な過去、性格を持つ青年のところに、ふらっと現れた日本の女性。
前半は幻想的な雰囲気ながらも、やや重苦しい空気がどんより。
後半、舞台が日本に変わり、「いよっ、待ってました」の希林さん登場。

痛々しさに、まず正直言ってショック。
ただ演技は凄みがあります。命を削って見せてくれた役どころ。
じっくり×2、噛みしめて味わいました。




考えてみれば、初めて希林さんの演技を観たのは小学校低学年の頃、
TBSの「七人の孫」だったような。お手伝いさん役でしたよね。
特に印象があるわけではありません。
その後、TV番組「寺内貫太郎一家」のきんおばあさんに注目。
打てば響くような、八面六臂の大活躍のおばあさん。
あの頃まだ三十代に突入したばかりだったのですものね。驚きです。

「夢千代日記」は失念したけれど、先日動画でチラッと拝見。
たまたま私の観た場面では、芸者さん役でお座敷で踊っていました。
ただ、あの方ですからね、勝手にきんおばあさんの面影を感じた私。
うわ、ここでもやはり希林節だあ、と感激したものでした。

映画、観たのも観ないのもあります。
「あん」はその中でも忘れられない大好きな映画です。


ありがとう、希林さん。
こんなに楽しませてもらって、ありがとう。


..............................................................................................

着物は一番すきなこちらで。
クールダウンするために、MUJIをうろうろ。
麻の晒巻き巻きの効果に驚いた日でもありました。
そして思い切って、メッシュの帯板さえも省略。

a0157047_07090760.jpg






by sogno-3080 | 2019-08-19 06:31 | 映画 | Comments(12)

再び・映画「日日是好日」を観る   


「火曜日奥様一人映画劇場」は都合により金曜日に変更。
Aプライムで「日日是好日」を一人で楽しみました。

お茶を習い始めてから観ると、まるで別の映画のよう。
希林さんの手の動きを見ながら、ソファで真似しながら復習です。
希林さん、指が長くて、仕草もゆったりとして美しいお点前でしたね。
用意してくださったお着物&帯をご自分で着付けされたとか(?)。
いかにも!な着付けではなく、「お茶の先生がホントにご自分で着付けされた」
感が出ていました。ごくごく自然。

他の流派のやり方って新鮮ですね。
まず第一に、帛紗を塵打ちするところに驚きました。
経験したことのない初釜、茶事など、興味津々で前のめり状態でした。
お正客を避けて譲り合うところなど、分かるだけにクスクス。

炭手前を見学するところから始まった私のお稽古。
二回目の秋が楽しみです。季節も二巡目に入ったらまた違った発見があるかも。


昨年の試写会は、大好きな菊の帯を締めて行ったのでした。
あたふたしていたんですね。気持ちの余裕がまるでなしだわ~


https://riposo77.exblog.jp/238801411/


by sogno-3080 | 2019-08-16 16:01 | 映画 | Comments(4)

暑い日はコメディ映画   

TVに飽きたらアマゾンプライムで映画三昧。
「ミート・ザ・ペアレント3」を観ました。
またまたロバート・デ・二―ロのコメディ映画でご機嫌♡
あまりクスクス笑うもので、オットが昼寝から起きたという・・・
そういえば、つい先日もTVでロバート・デ・二―ロのコメディ映画(強盗もの)を
観たばかりでした。
この頃立て続けに彼の映画を3本。
「ゴッドファーザーⅡ」に出ていた頃の姿なんてもう思い出せない・・・



a0157047_05181247.jpg

by sogno-3080 | 2019-08-04 05:18 | 映画 | Comments(0)

映画「ニューヨーク公共図書館エクスリブリス」を観てきました   

渋谷で振られてから、諦めるどころか、ますます観たくなったこの映画。
ついに恵比寿ガーデンプレイスで観てきました。


a0157047_03461526.jpg



映画館に入ったのが12時過ぎ、休憩時間も含め、出てきたのが午後4時。
長い、というより、お得感の方が優っていました。

いやあ、もうびっくりしたのなんのって。
私の想像する図書館のイメージからはるかにかけ離れ、知的好奇心が
踊りまくるような場所。ニューヨーク市民になりたい!
お弁当を持って行ってここで一日過ごしたいなあ、と思いました。

図書館って、やっぱりいいな。
「図書館は単なる書庫ではない」「主人公は人間」、と映画の中で誰かが
言い切っていたけれど・・・
子供の頃はその書庫の中、本に囲まれているだけで幸せだった私。
小学校の休み時間、たまたま入って読んだ本が面白くて、教室に戻るのを
忘れたくらいです。先生が探しに来て、逆にこちらが驚いたくらい(笑)

初めて行った恵比寿駅&恵比寿ガーデンプレイス。
シネマの中も珍しくてキョロキョロしました。

こんなところもこんな感じ。好きーー。






a0157047_03413552.jpg
長居したくなるではないの。
恵比寿だけに、他所のマダムはビール片手にお喋りしていました。
生唾ごくっ(笑)

a0157047_03413594.jpg
でもって、歩いていて、気になって立ち止まる。

a0157047_03413566.jpg
使っている牛乳が、岩手の「なかほら牧場」のだって。
故郷の隣町の事が話題になっているなんて、嬉しいではないですか。
「なかほら牧場」といえば、同じ「山地(やまち)酪農」の一家を描いた
ドキュメンタリー映画「山懐に抱かれて」も観たいのです。
でもなにしろ上映館が少なくて~。

a0157047_03413595.jpg

by sogno-3080 | 2019-08-02 06:03 | 映画 | Comments(4)

映画「スタンリーのお弁当箱」を観ました   

a0157047_04315607.jpg

お一人様劇場、今回はこちらです。いつものアマゾンプライムです。
この映画確か以前にシネスイッチで上映していたのよね。
その当時は観ることができなかったの。今回念願が叶ってラッキーでした。

家庭の事情で学校に弁当を持って来れない少年。
昼食時は空腹を満たすため、水で我慢。

もうおばさんね、このテの話しにはめっぽう弱いです。
観ていて、顔のあちこちから水が出て困りました。


琴線に触れる原因。
実は小学校一年生の時、やはりお弁当を持ってこない同級生がいました。
昼食時になると、担任の女先生がそっとお金を渡しているのを目にしたことが
あります。もう半世紀以上前のことです。
少女はそのお金で近所の商店でパンを買ってきていました。
その同級生はランドセルも持たず、教科書は風呂敷包み。

その思い出がずっと頭の中にあって、もうボロボロでした。


スタンリーは明るい。
彼の仲間たちも同様に明るくて、スタンリーを支えます。
いつも自分たちのお弁当をスタンリーに分け合い、一緒に楽しく
食べていました。
ところがある日、事件が。
その事がきっかけでスタンリーは学校に来ることができなくなります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ところで、食いしん坊の私は、インド式弁当箱に、そしてその中味に
目がテン状態。ちょいと手を伸ばしてつまみたい気分でした(笑)
たっぷりの香辛料。香りがこちらにもぷ~んと流れてくるよう♡


by sogno-3080 | 2019-07-24 06:35 | 映画 | Comments(4)

映画「マイインターン」を観ました(DVD)   

映画の神様ありがとう。見捨てられなくてよかった編(笑)
自宅で、一人で、ゆっくり映画を観ることが出来ました。

ロバート・デ・二-ロはまあまあとして、アンさんの方はどちらかというと
苦手系。食指が動かなかったというのが最初の気持ち。
でもいざ始まってみたら、これがまた面白い!
くすくすくす・・・・・・・・もう、くすくす・・・・・。
笑いが止まりません。あるうう、分かるうう、の嵐。

シニアインターンの役のロバート・デ・二―ロ。
入社初日、机に座る。PCを立ち上げようとするが、動かず。
キョロキョロ周りを見渡す。
隣の若い男性、見かねて手助け。ぽんっ、とスイッチを。
カバンから出したのはガラケー。
隣の若い男性、じろっと見る。
次出したのが、例の大きな計算機。(今時私でも持っていないわ)←ここで爆笑。

そんなこんなの毎日だけど、彼、段々周りから頼りにされるように
なるんです。


アパートが見つかるまで居候させてもらった若い男性が、
クロークの沢山のハンカチを見て呆れ、質問します。
「ハンカチの意義ってなに?」

その答えが、実によかったー。
「ハンカチは人に貸すため。それが紳士のたしなみだよ」って。
くうう、かっこいい!実際、女性が泣き出した時、ハンカチをさっと
出して渡していました。

コメディ映画、好きだなあ♡ 



a0157047_16553483.jpg

by sogno-3080 | 2019-07-17 17:11 | 映画 | Comments(6)

KIKI KIRIN PRESENTS 「エリカ38」を観てきました   

オットの入院(白内障)を見届け、私は電車に乗りました。

早足で映画館へ。
うわっ、これだ!みよちゃーん、希林さん、会いたかったよ~!
と挨拶を済ませ、映画館の目の前のT屋珈琲へ。



a0157047_06474232.jpg

近所のカフェの値段×2+180円の珈琲を頂きながら、こちらの本に
読みふけります。時間もたっぷりあるし、こんな事をして遊びます。
ありったけの指輪を付けて。気分を盛り上げる?(笑)



a0157047_06474339.jpg

a0157047_06474389.jpg
Jさまを偲びながら。指輪入れにちょうど良いです。

a0157047_06474350.jpg
羽織紐、本来の使い方ではないけれど、なぜか今日はこれを身に付けたかった
のでした。三つ繋いで、お守りに。

a0157047_06474322.jpg

さて、映画です。
白状します。
じつは浅田さんにはそれほど期待していませんでした。
希林さんに会えればいいかと。

ところがです。だんだんその気持ちに変化が。良いの、とっても。
凄みがでてくるんですよ。滲み出てくるんです。
「60歳を過ぎているのに38歳と偽っていた中年女性」の哀感がね、
じわんじわんと。もし現実にこの女性に会っていたら、果たして、
詐欺にあっていると実感しただろうか??
100%イエス、という自信が私にはない。

希林さんの存在感に胸が詰まりました。セリフはなくても口をぽかんと
開けているこの横顔がセリフ以上のものを語っています。
なんという女優さんなのでしょうか!
圧倒されました。

この映画ポスターのシーンが最高です。すっぴんの浅田さんが迫真に
迫っていました。TVドラマ「寺内貫太郎一家」で、ミヨちゃんが茶碗に乗せた
ご飯をぽ~んと宙に放り投げると、それをキン婆さん(希林さん)が
さりげなくそれを受け止め、何食わぬ顔で口に入れるシーン。

あれから45年、二人は交流を深めていたのですね。






by sogno-3080 | 2019-06-27 06:47 | 映画 | Comments(12)

再び映画「あん」を観る   

a0157047_05033869.jpg
TVで映画「あん」を観ました。
当然、オットも一緒です。
「暗い映画はどうもなあ・・・」はいはい、いつものセリフね。

ところが映画が始まるといつの間にかベッドを起こして真剣に見ています(笑)
そして、ところどころ自分の感想を述べます。
頼むから、終わるまでなるべく喋らないで~ 

得意の雑学披露が始まりました。映画「パピヨン」にもハンセン病の人が出て
来るよね、等々。えっ?!そうなの?




前回見えなかったもの、気が付かなかったこと、分からなかったこと。
もういっぱいありました。

まず、希林さんだけではなく、永瀬さんがいいですね~!
今回ぐっとくるシーンが何度もありました。
希林さんもインタビューで永瀬さんを褒めていましたものね。

どら焼き屋でのアルバイトが決まったときの、徳江さんが可愛かった。
ふわっと喜ぶのです。あ、そうそう嬉しい時ってこんな仕草表情をする
よね、と思いました。

切なかったのは、「もうお帰り下さい」と言われ、帰りの支度をする徳江さん。
これはもう見ていられない。

ドキッとしたのが、徳江さんが暮らす施設を訪れた時。
働いていた時とはまるで違う姿に愕然としました。

蒸気の出ている桜の木に寄りかかっているシーン!!!
樹からこんなに蒸気が出るんだ!樹が生きている。
樹も人間も生きている。
ただ樹に寄り添っているだけなのに、希林さんの演技はどうしてこんなに
胸を打つのか。

そして「餡作り」。
水飴を入れていたんだね~~~。
水飴を入れた餡ってどんな味がするんだろう。いつかやってみたい。






by sogno-3080 | 2019-06-19 05:02 | 映画 | Comments(10)