カテゴリ:本( 105 )   

みすど読書   

a0157047_11172585.jpg

今回は欲張って5冊借りました。
まず、この二冊から!

裏表紙にこんなコトバがあって勇気づけられました。

あきらめないでください、旅の夢

「行きたい旅」はもう「行ける旅」

体に不安のあるひとが、トラベルヘルパーさんの介助で旅行に出かける、
その具体的なケースが紹介されています。
へえ、こんな障害のある方も?!
っと驚くような話が次々と。
旅行中のハプニングも含め、ハラハラドキドキ・・・

そんな訳で、昨日から廊下に並んだゴチャゴチャを片づけ、すっきりさせました。
そしてオットが旅先で撮った写真をずギャラリー風に。

ニューヨークの教会のステンドグラス、ミラノのガレリア、沖縄・・・・
懐かしいです。
[PR]

by sogno-3080 | 2015-01-15 11:17 | | Comments(2)

図書館始め   

a0157047_1885245.jpg


昨日から仕事も始まり、やっとエンジンがかかってきた感じです。
さて、今日は図書館始め(?)&まっく読書。
小泉先生の食にまつわる話から、江戸時代の貧乏徳利の話、
イラストが楽しいピープルウォッチャー。

今日の三冊も面白い!
[PR]

by sogno-3080 | 2015-01-06 18:08 | | Comments(0)

第六集が出ていました   

a0157047_15573710.jpg


自分へのご褒美です。
私は 3,4,5と三冊持っています。
今までに何回読み返したかわかりません。読むたびに心が
ふっくらとしてきます。
[PR]

by sogno-3080 | 2014-12-23 15:57 | | Comments(2)

大掃除の合間に・鎌倉河岸捕物控(一の巻)   

a0157047_15502658.jpg


訳あって、家の中の写真を撮る必要があり、それならば
大掃除も始めちゃえと、少しずつ取りかかっています。
掃除の合間にはあっちの店、こっちの店と買い物。
帰宅して、もやしてんこ盛りのラーメンを食べた後、ほっと一息。
先日TVで紹介していた本を開いてみましたが・・・・・・・

いつの間にか居眠り~~

大掃除の続きを再開して、なんだかんだしているうちに
もうこんな時間。
一日はあっという間!
[PR]

by sogno-3080 | 2014-12-14 15:50 | | Comments(6)

道路を復旧させた男達   

a0157047_974853.jpg


買わずにはいられませんでした。

東日本大震災後の大混乱の中、「命の道」ともいえる
我らが国道45号線の復旧に立ち向かった人たちのドラマ。
道路復旧にも、こんな凄いストーリーがあったんだなあ。
ひたすら感謝するのみです。

馴染みのある地域ですので、市町村名を目にしただけでも
熱くなるものが・・・・
[PR]

by sogno-3080 | 2014-12-07 09:07 | | Comments(2)

電車のお供に   

a0157047_7352972.jpg

図書館でシリーズものを見つけると、狂喜乱舞。
これもまだまだ沢山並んでいました。
最新刊からまず行きますか。

電車に乗って早速開いたら、困っちゃいました。
可笑しすぎ・・・・
周りに人がいなくて、ホント、良かった。
[PR]

by sogno-3080 | 2014-12-03 07:35 | | Comments(6)

「命のおむすび」と「おむすびの祈り」   

a0157047_5114828.jpg


昨日は、図書館→病院→図書館という一日でした。
ぶらぶら本を探していて見つけた一冊にこんなモノがありました。

おむすびの祈り 「森のイスキア」こころの歳時記 
(佐藤初女)

あれ、この本誰かが・・・・

色々と考えさせられる内容でしたが、いつも現実的な私が興味を持ったのは、

命を踏みとどまらせたそのおむすびってどんな味だったんだろう??


まず、炊き方が違う!

「じっとじっとお米を見つめてそのお米にあった水加減を決める」

「握るときは手に水をつけず、塩を手にまぶして手の上で熱いごはんと
塩がとけあうように握る」

「握るときは・・・・ご飯が呼吸できるよう、ふんわりと・・・」

その心の配り方、想いが悩める人々にシッカリ届いていたのでしょうね。



おむすびって奥が深いなあ。
[PR]

by sogno-3080 | 2014-10-26 05:11 | | Comments(6)

図書館通い   

a0157047_4262719.jpg


病院に行く前は駅近くの図書館へ行き、まったりとするのが
日課になりました。
いつも同じコースを回っています。
気になる本や雑誌は、窓辺のコーナーへ持ちこみ、そこで
読むことも。
昨日は窓から野球の試合風景が見えました。
そうか、日曜日だもんね。
がちがちの雰囲気ではなく、おじさんたちのゆるーい試合(笑)
いいな、こんなのも。

なかにし礼さんの本二冊、中身が濃いので、合間にはこういう本
も必要になります。
山下さんの本には時々無性に会いたくなるな~

日本語。なんて豊かで美しいのでしょう。
コトバの海をゆらゆら~
至福の時間です。

言葉といえば、
昨夕、TVでベニシアさんの番組観てましたら、こんな言葉が
私にめがけて飛び込んできました。

「嵐が過ぎ去るのを待つだけでなく 雨の中でも踊るのが人生」そうか、そうなんだ!!!

(mogyoさんもブログに取り上げていらっしゃいましたね)
[PR]

by sogno-3080 | 2014-10-20 04:26 | | Comments(6)

なかにしさんの本、同時進行   

a0157047_4432255.jpg


きっかけはラジオ深夜便で聞いた一言。
「作詞家のなかにしさんは小説家でもあり、赤い月は・・・・」

「赤い月」ってどんな小説??

はい、即図書館です。
一日で「上」を読み終え、次に借りたのがこちらの二冊。
同時進行でガツガツと読んでいるところ。
主人公波子さんの生命力にただただ圧倒され励まされ、の世界です。

テレビでドラマ化され映画にもなり、えなになに舞台にも?)なんて
ちっとも知りませんでした。
もっと視野を広げ、色々な分野に挑戦したいものです。
あ、読書に限ってですよ(笑)
[PR]

by sogno-3080 | 2014-10-18 04:43 | | Comments(2)

電車読書   

a0157047_535361.jpg


期せずして電車読書タイムが多くなりました。
何か一冊バッグの中に入れておかないと。

文春でおなじみの小林信彦さん。今回は読み応えあったわ~

アツミさん、あの寅さんでおなじみの俳優さん。
訃報を聞いたときは驚きましたが、それ以上にショックだったのが
その徹底した秘密主義。自分の死さえも!
どうしてそこまで、何で?とずっとずっと
腑に落ちない日々。
ミーハーな私は彼が結婚されていた、子供さんもいらっしゃった、
なんてところにも驚きましたがね。

フーテンの寅さんの印象とはあまりにも違いすぎる素のアツミさん。
「彼はさまざまな矛盾を抱え込んでいた・・・・」
強烈な上昇志向と自信を持つ一方でいつもつきまとう肉体への暗い不安。
アツミさん、若い頃から病気を患っていたなんてこれっぽっちも
知らなかった。

なんだかもう一度寅さん映画を観たくなりました。
[PR]

by sogno-3080 | 2014-10-14 05:03 | | Comments(0)