人気ブログランキング |

カテゴリ:本( 114 )   

  

昨日は晴れたり曇ったり、激しく天候の変わる一日でしたね。
一番近くの小さな図書館に行き、予約した本を受けとり外へ出たら物凄い雨。
逆戻りして、図書館の中で借りたばかりの本を開きました。

読みたくてたまらなかった本。こんなに早く手元に届くなんて!
「山」「山小屋」、この言葉を聞くと、胸キュンの私。
一年に一回、高尾山の楽なコースを歩くのが今の私に許された「山登り」。
それも毎回同じコース。
早く行って早く帰る。
思うことは毎回「ああ、昨年より足がしんどいなあ」(笑)

そんな私に「山小屋」の響きは燦然と輝く空の☆なのでした。
こちらの本、文章だけでなく、写真が魅力的なのです。
幻想的で温かい感じ。実際に山小屋に行けなくても、それらの写真を
眺めているだけで満ち足りた気分にさせてくれます。




a0157047_04513581.jpg

そしてもう一冊。浜美枝さんのブログで知ったこちらの一冊。
まだ読み始めたばかりですが、やめられないとまらない、そんな本。
史実をもとにしたフィクション。
「民藝」の歴史が頭にすーっと入ってきます。




a0157047_04512172.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




昨日は近所友のお義父さまのお通夜に行ってきました。
友人の運転する車で帰宅途中、空には殆ど満月のこんな美しい月が。
(これは帰宅してから改めて撮影したものです)

友人のお義父さまは齢90歳を超えていました。
年齢相応の症状も出る中、体調を崩され、いよいよ食事が喉を通らなくなり・・・、
最後はご自分の意志と家族の思いで家で看取ることにされたのだとか。
医療サービスなども利用し、寝込まれてから10日ほどで亡くなられたの
だそうです。「家で看取る」ことの難しさを実感している私。
友人の(少々)やつれた顔が全てを物語っていました。



a0157047_04215549.jpg






by sogno-3080 | 2019-08-15 04:21 | | Comments(2)

良い事があると本が買いたくなる   

数年前から骨粗鬆症の治療を続けていました。
といっても月に一回錠剤をのむだけですが。
今日は先生から数値も良くなっているし、一旦治療を止め、一年経ったら
また検査しましょうとのことでした。

月イチでも病院にいくことの面倒な事!
これでしばらくは病院通いから解放されるかと思うと嬉しくて~。
「あなたの骨量は同世代の人と比較して99.8%に相当します」
この言葉が身に染みて嬉しいです。
ただ、骨量値の高い時に比べると83.1%なのだそうです。

改善の理由は、もちろん薬の効果が大きいのでしょう。
でも私的にはお日さまの下で朝晩30分ずつ、ミニ畑で動いていることも
効果があるのでは、と思っています。
わざわざする運動は面倒だけど、畑だったらねえ。
ご近所の人によく言われるのが
「まあ、あなたよく動いているわねえ」です。

動く理由。
実は恥ずかしながら道具の置き忘れだったりします(笑)
3~4本の畑道具を使っていると、あっちへおいたりこっちへおいたり。
探す作業だけで相当歩いているわ。


a0157047_16283749.jpg
嬉しい事があると、つい書店へ直行。
希林さんの新しい本が出ていました。
これから読みます。

by sogno-3080 | 2019-08-10 16:27 | | Comments(10)

暑い日は図書館へ   

今回も大満足な三冊。
仕覆作り、ぺらっとめくっていて、眩暈がしそうでした(笑)
熱中症じゃあないですよ。難しすぎて。
型紙を作る?へえ、そこまでするのね。でも、魅力的な内容なのでただ
眺めているだけでも気分が↑。
ネクタイを解いて作っている仕覆もありました。
ネクタイ・・・ドキっ。ある、いっぱいある!!

a0157047_03485036.jpg
「巴里ひとりある記」、私的にはまずなんといっても挿絵に驚きました。
素敵な挿絵、高峰さん自身が描いたものだったのですね!
1950年前後の巴里、街の様子、人物・・・映像がくっきりと浮かび上がって
きます。焼き栗の匂いさえ本から流れてくるような勢い。
葡萄酒、と書くと、ワインよりもっともっと美味しそうに聞こえるのは私だけ?
エッセイストとして早くも才能発揮か。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

朝はこれから始まります。↓
先生から頂いたガラスの器が美しいです。
宇宙を旅しているような気分。
昨日はコンビニで売っている羊羹を一緒に頂きました。
a0157047_03485116.jpg

by sogno-3080 | 2019-08-04 06:33 | | Comments(4)

贅沢   

a0157047_05461137.jpg

贅沢をしてしまいました。
図書館から借りるでもなく、文庫本落ちするのを待つでもなく。
単行本をかっちゃったもんね~

もったいない?のでケチケチして丁寧に読んでいます(笑)

そういえば、文春のハヤシさんのエッセイで気になる文章が。

石垣島で八重山上布に出会った件。
その経過が詳しく書かれています。
ああ、さすがハヤシさん。大作家さんですもの、着物好きのハヤシさんですもの、
それくらいいいわよねっ。


それにしても他人さまの買い物って、自分には縁がないだけに妙に
コーフンするものがあります。ババンと清水ジャンプするときの心境、
経験してみたいなあ。私は単行本を買っただけで、プチ清水ジャンプして
いる気分になれるの。
でもさ、できれば着物でその心境になってみたいわ。


二年前の写真です。
説明するまでもなく、ポリですが。
私なんて、これでも充分気分を味わえます。
真夏のダイエット?ポリ着物。


a0157047_06061472.jpg

そしてですね、それだけでは終わらない、私の読書。
最後はこの本に辿り着きます。一冊だけ天袋図書館から抜け出して、
すぐに手が届く場所に待機している本。




a0157047_06113775.jpg











by sogno-3080 | 2019-07-10 05:57 | | Comments(6)

本がいっぱい   

まだ読んでいない本がこんなにいっぱい傍らにある幸せ♥
その中からの一冊をもって外出。
本一冊あれば、面倒な用事も少しは気が楽になるというもの。
帰りに駅近くのカフェで100円の珈琲をすすりながらページをめくる。

能町みね子さん、文春でエッセイを読んでいました。
程よいピリ辛度がたまらない。

たまにはこんな可愛いブックカバーを付けてみました。
ブログ友さんからのプレゼント。◎◎さん、どうしているかしら。


a0157047_08160681.jpg

a0157047_08160672.jpg

a0157047_08160674.jpg
いつもの駅では毎年こちらも楽しみです。
立ち止まって天井を眺めていると、またひとり誰かも立ち止まり・・・
ことしもツバメに出会えました。

そういえば、某着物ブロガーさんが素敵なツバメの帯をしめていたなあ、と
私の想いはそちらにも(笑)


a0157047_08160675.jpg

by sogno-3080 | 2019-05-14 08:15 | | Comments(6)

本と珈琲と旅   

a0157047_10035438.jpg
用事のついでに立ち寄った、早めの時間のブックカフェ。
時折、料理番組でお見かけする方のエッセイが面白かったです。
世界を旅して、ホームステイをして料理を学ぶ。いいなあ~

自分も一緒に妄想旅行させてもらいました。
ロシア料理のことに多く触れられていました。ダーチャ(菜園付き別荘)での
様子とか。アパートなどの自宅で種を植え、苗を育て、暖かくなると
それを別荘に持っていって育てる。自給自足の生活です。
モンゴル編も興味津々でした。

「体のデトックスは食物で、心のデトックスは旅で」
文中の言葉に、大きく頷く私。

ということで、お帰りにはこちらの本に視線が合いました。
表紙のイラストにめろめろ~。いいわあ、この絵。

「若い頃の旅ももちろん楽しかったが・・・・
人生の貴重な残り時間ということもあって、旅の時間が宝石のように
輝くのである」
この文章を読んで購入を即決したのでありました。
宝石のように輝く時間、しみじみ×2、分かる今日この頃です。





a0157047_10204713.jpg









by sogno-3080 | 2019-02-06 10:03 | | Comments(8)

寒さこらえて読んでます~♪   

最近読んだ本、今読んでいる本、今日購入したばかりの本。
ざっと並べてみました。

いとうせいこうさん、初めて名前を意識したのは、神楽がきっかけでした。
彼は、小劇場に出入りしていた時、誘われて早池峰神楽を観に行った
ことがあったのだとか。

そんなことでつい気になり読んでみたのが、「ボタニカルライフ」。
解説を書かれた女性が、この本を読んでいると声をあげて笑い出すと書いて
あり、電車の中で読むには危険だなあ、と思いつつ、それでも我慢できず
ページを開いたら、笑いをかみ殺すのにホント苦労しました。

次が「国境なき医師団を見に行く」。
医療の現場には大変興味があります。TVの医療ドラマ大好きっ。

ボタニカルライフとは真逆?(笑)感動的シーンがあちこちに。
誠実なお人柄なのでしょうね。植物にも人間にも優しい眼差しが注がれているのを
ビシバシ感じます。

a0157047_14031431.jpg
a0157047_14050127.jpg



a0157047_14051544.jpg
最後の本は、
今日デパートを散策していて、偶然に見つけた本です。
もう出ていたんだ~!師走のお約束本を手に入れてほっと安心。
「サンデー毎日」に掲載されているエッセイをまとめた本です。
毎年買い続けて早や◎年。著者自身によるイラストもほのぼのとして
可愛いのです。TVでニュースを見ると、中野さんはどんな風に
書かれるかな?とまず、思います。






a0157047_14053017.jpg




by sogno-3080 | 2018-12-13 14:01 | | Comments(4)

ハロウィンってなに?   

a0157047_13230617.jpg
文庫本を、三冊も購入しました。頑張り過ぎたかな。
どれも諦めきれない本ばかりだったから、思い切って大奮発(笑)
最後の読みかけの本が終わるまでに次の本を確保しておきたい私です。

a0157047_13230628.jpg

クリスマスとかハロウィンって超苦手です。
早く騒ぎが終わってお正月にならないかなあ、って思います。
クリスマスは、子供が小さかった時色々しましたが、今では特に何もなし。
ケーキだけは作るけどね。

それというのも、19歳の時のクリスマスの日がなんともなあ、だったから。
トラウマってやつ?
分厚い眼鏡をかけてデパートで販売のアルバイトをやっていた時のこと。
高校時代の仲良しが彼と腕を組んで歩いているのを見かけました。
幸せそうだったなあ。
私の住むおんぼろアパートは、部屋自体が傾いていて、ボールがコロコロと
転がるのよ。所持金もなく、冬休みは実家にも帰れなかった。
払拭しようにもしきれない思い出ですわ。

ハロウィンはもっと不可解。
おばさんには関係ないイベント。

なーんて言いながら、近所のおばあちゃんにこんなかぼちゃを頂いたら、
すぐにホリホリするってどういう事?(笑)
食べても美味しくない、って聞いたら、こうするしかないよね。
因みに、刻んだものを煮てみましたが、おばあちゃんの言う通りでした。

自分で彫っていながら、自分が一番怖いです。
子供受けはしないよねー。


by sogno-3080 | 2018-10-24 13:22 | | Comments(6)

夏の読書   

面白くて一気読みした本です。

子供の頃、面白い本は畳に腹ばいになって読みふけるクセがありました。
階下から「ごはんだよ~」と呼ばれても本から離れたくなかった。
あの時の同じような感覚。
もっとも、今は自分がごはんをつくらなければならない逆の立場だけど。


評伝ものは大好きです。
この本は以前ブックカフェで斜め読みし、ムム、これはいつかしっかりと
読みたい!と思っていた本。
TVで拝見する姿は、いつもエネルギッシュ。元気で明るく、ガツガツと自分の
人生を切り開いていく強い女性に見えました。本の冒頭で出てくるびっくり
仰天な話、「料理の鉄人」でジャガイモ対決をした時のエピソード。
グイグイと本に引き込まれていきます。そして後半、病気で倒れられて
からのこと。息子さんの事故。正直読むのがつらかったです。

私が死んでもレシピは残る。

本当にその通りになってしまいました。

読み終わった私、あまりにも有名な「肉じゃが」をレシピ通りに作って
みました。こってりして、うわー、ホントに美味しいんだあ、と感激。



a0157047_15152104.jpg
こちらも、面白くて夢中になって読みました。
なんといっても、あの「ザ・ベストテン」の誕生秘話、生放送ならではの裏話が
最高に面白い!そういえばあの時・・・と思い当たるシーンが次々に
蘇ってきました。なにしろ毎週、楽しみに観ていましたから。
そして、私が一番心を打たれたのが沢村貞子さんとの交友。
沢村さんとご主人とのことも含め、印象深かったです。

インスタも時々見ていますが、年齢を感じさせない好奇心と行動力は驚異です。
時々インスタで見せてくれる着物姿が、実は結構たのしみ~
TVだけではなく、いつかお芝居も見てみたいな。




a0157047_15153222.jpg








by sogno-3080 | 2018-07-22 15:11 | | Comments(4)

雨の日は本屋へ   

a0157047_08504819.jpg
さゆりさんの映画は結構観ている方だと思います。
「母べえ」「おとうと」「ふしぎな岬の物語」「北のカナリアたち」
そして、最近では「北の桜守」。

ただ、私にとっては何か優等生すぎ、完璧すぎてちょっと距離を置いてきた、
というのも事実。素顔を知りたい、もっと深く知りたいなあ、と。
そんな時、この本に出会ったのです。面白くて、止められなくて
最後まで一気に読んでしまいました。

ご自分の事をこんなに話したのは初めて、とオビにある通り、
生身のさゆりさんがそこに居ました。へええ、私が思っていた以上に、
強く、しなやか、そして好奇心溢れる女優さんなんだなあ、というのが
正直な感想です。

役の上での葛藤も沢山語られていました。
「夢千代日記」ではあるセリフをめぐって、監督さんと意見の相違が
あったとか。これだけは譲れない!そういう意思の強さにも驚き。

K林さんの事も書いてありました。
いつか彼女と「八月の鯨」みたいな映画に出たいとか、なんとか・・
うわあ、このコンビ最高じゃないですか♡
私はリアルタイムで「夢千代日記」を見ていないのですが、
番組の中での二人の共演、どんな風だったのかな。

女優は体力が勝負、だとか。
私の好きな筋トレ話にも興味を持ってしまいました。
健さんから教わった毎日腹筋100回、他の映画では腕立て伏せ30回、
また最近の映画ではバーベル持ってスクワット。
そしてずっと続けている水泳。

はあ~~、凄いわ!!
プロとしての根性に感心しきり。

「北の桜守」で、老いた母が崖を上るシーンがあって、ええっ!?
っと思いました。っていうか、さゆりさん自身の体力に、です(笑)
効いているなあ、筋トレ。

by sogno-3080 | 2018-04-19 08:53 | | Comments(4)