カテゴリ:本( 105 )   

雨の日は本屋へ   

a0157047_08504819.jpg
さゆりさんの映画は結構観ている方だと思います。
「母べえ」「おとうと」「ふしぎな岬の物語」「北のカナリアたち」
そして、最近では「北の桜守」。

ただ、私にとっては何か優等生すぎ、完璧すぎてちょっと距離を置いてきた、
というのも事実。素顔を知りたい、もっと深く知りたいなあ、と。
そんな時、この本に出会ったのです。面白くて、止められなくて
最後まで一気に読んでしまいました。

ご自分の事をこんなに話したのは初めて、とオビにある通り、
生身のさゆりさんがそこに居ました。へええ、私が思っていた以上に、
強く、しなやか、そして好奇心溢れる女優さんなんだなあ、というのが
正直な感想です。

役の上での葛藤も沢山語られていました。
「夢千代日記」ではあるセリフをめぐって、監督さんと意見の相違が
あったとか。これだけは譲れない!そういう意思の強さにも驚き。

K林さんの事も書いてありました。
いつか彼女と「八月の鯨」みたいな映画に出たいとか、なんとか・・
うわあ、このコンビ最高じゃないですか♡
私はリアルタイムで「夢千代日記」を見ていないのですが、
番組の中での二人の共演、どんな風だったのかな。

女優は体力が勝負、だとか。
私の好きな筋トレ話にも興味を持ってしまいました。
健さんから教わった毎日腹筋100回、他の映画では腕立て伏せ30回、
また最近の映画ではバーベル持ってスクワット。
そしてずっと続けている水泳。

はあ~~、凄いわ!!
プロとしての根性に感心しきり。

「北の桜守」で、老いた母が崖を上るシーンがあって、ええっ!?
っと思いました。っていうか、さゆりさん自身の体力に、です(笑)
効いているなあ、筋トレ。

[PR]

by sogno-3080 | 2018-04-19 08:53 | | Comments(4)

今、一番の楽しみは   




a0157047_09045437.jpg


楽しみは近くの図書館で本を借りてくること。そして近所のカフェでその本を
読みながら150円のカフェラテを飲むこと。時計を気にしつつ、ですが・・・

今回も大満足のラインナップです。これだけはいつも自画自賛(笑)

ベニシアさんの「ベニシアの庭づくり」(ハーブと暮らす12か月)が
断然面白いです。ハーブや庭作りに関しては勿論ですが、ベニシアさんの
エッセイの部分に特に惹かれます。こうなるに至った、今までの人生に
つい引き込まれます。

私が付箋を貼っちゃったのが、

人生が順調な時、庭は大きな喜びをもたらしてくれる。
逆に人生が上手くいかない時、庭は心配事を忘れさせてくれる場所に
なります。傷ついたり、落ち込んだ時、私は庭に向かいます。

ベニシアさんの映画の事を、ふと思い出したりして・・

今まで、邪魔でしょうがなかった庭のドクダミ、ベニシアさんの本を読むと
立派なハーブに思えてくる(笑)

TVを見ていていつも感心するのが、庭の道具類を丁寧に手入れするところ。
本にも、(錆びていない)ピッカピカの道具類が登場していました。



[PR]

by sogno-3080 | 2018-04-02 08:34 |

心の栄養も   

a0157047_08141640.jpg
一難去ってまた4,5難。次から次と・・・なんで?!
などと悩んでいる暇はありません。やるべきことが目の前に迫ってきて、
それを淡々とこなす毎日。
それでも、以前よりは逞しくなった自分がいます。
試練に鍛えられました。幸か不幸かね。

食べる栄養も必要だけど、心の栄養は、やっぱり本。
長丁場を乗り切るには、私には、やっぱり本が必要。

下重暁子さんの「不良老年のすすめ」が面白かったです。
下重さんの仰ることは耳が痛い。
それはそうかもしれないけど、
うーん、そこまではできない、
でも、それが理想。

っていう事が飛び込んできて、考えさせられました。

下重さんの言葉を引用させて頂きました。

野たれ死にしようとも、自分の生き方で人生を終えたい。
人にこびへつらったり、家族をあてにしたりせず、
自分の始末は自分でつけたい。
最後まで個でいたい。その上で、家族なり、友だちなりがいれば
御の字だ。

[PR]

by sogno-3080 | 2018-02-25 08:14 |

今週の六冊   

a0157047_13240687.jpg
①だれか来る日の和食メニュー(行正り香)
    おもてなしをするのは自分のため。
    自分がたのしもう。

    例えばね、こういう言葉がちりばめられています。
    今週末、東京の友人が遊びに来てくれます。和食!と決めて
    いました。だからピッタシな本♡

②みんなの献立表(天然生活ブックス)

③地平線の彼方から(野町和嘉)

④使用人が見た英国の二〇世紀(ルーシー・レスブリッジ)

⑤111歳、いつでも今から(後藤はつの)
    73歳から画家デビュー。100歳を超えてニューヨークへ
    行き、個展を計画するも・・・
    
    いや~、(失礼ながら)その歳でニューヨークへ行く、
    それだけもびっくり仰天の私です。
    琴線を掻き鳴らされるような、郷愁をさそう絵の数々。
    田植えの絵、う~ん、懐かしい!田んぼの畔でプチ宴会・・
    分かる~。

➅104日間世界一周クルーズ(植月秀子)

[PR]

by sogno-3080 | 2018-02-14 13:44 | | Comments(4)

まるごと向田邦子   

a0157047_07453985.jpg
昨日は、沢村貞子さんいうところの「でれんこ日」。
一日中、グダグダしていました。
本→ストーブの前で珈琲カップ片手にうとうと→TV。
この三つの繰り返しです。

うとうとの理由。
前日のオリンピックです。9時就寝の私、頑張って起きてたわ~
布団に入って、スマホのTV画面で高木選手の銀メダルを確認♡
同時に聴いていたラジオでは、高梨選手を楽しみに。
全員の一回目が終わり、二回目のジャンプが始まる?
これから二回目~?それを聞いて気が遠くなり、いつの間にか夢の中でした。

スノーボードも大好きです。人間業ではありませんね!
私はどうも専門用語がちんぷんかんぷん。
ダブルコーク1440って何?
コーラを二本ってこと?(笑)
さっき、用語の解説をチラ見してきました。

一回転が360度。360×4で1440。
つまり4回転ってことだったのね。その前のダブルコーク・・・・
難しすぎて??今日は1440だけで充分です。

ってことで、向田さんの本についてはまた後で。



[PR]

by sogno-3080 | 2018-02-14 07:45 | | Comments(4)

図書館へ   

a0157047_06240226.jpg
試験が終わって、まず思ったことが、「これで好きなだけ本が読める」。
はい、早速図書館へ行って借りてきました。
いつものように、全部の本を同時進行で楽しんでいます。

5冊を抱え、近くのカフェでパラパラ眺めます。
まず、「更紗」。夢中になりました。インドを源流にして、世界各地に
広がっていった更紗。その歴史には、壮大なロマンが感じられて、
ワクワクが止まりません。
そして詳しい技術にも注目。色々な技術があるんですね。
読み応え十分だわ~  

ドミニック・ローホーさんは、以前、NHKラジオのフランス語講座で
話を聞いていた時期がありました。
バッグやらお財布に関する持論は目から鱗。つい小銭でパンパンになる
私の財布。重いし、支払い時、時間がかかるのよね。

[PR]

by sogno-3080 | 2018-01-31 06:15 | | Comments(12)

毎年この本が楽しみ   

a0157047_06223266.jpg
年末、この本を買い始めてもう何年になるでしょうか。
最初の出会いは図書館の本。面白くて、毎年買うようになりました。
昨日はオットの病院の付き添い。
長い長い待ち時間、じっくりと楽しみました。

何かニュースがあると、中野さんだったらどのように感じるだろうか、
そんなことが気になります。特に好きなのが落語に関する記述。
中野さんって、着物もお好きなのよね~
中野さん自身が描かれたイラストも大好きです。

[PR]

by sogno-3080 | 2017-12-29 06:22 | | Comments(0)

着物でお茶のみ②備忘録編   

なにしろ、単衣の着物を自分で作ってみたかったのです。ミシンで着物が作れる
なんて驚きでした。
生地はゴワゴワだったけど、この縞が気に入って。
縞の着物は大好き。◎村貞子さんが着ているような縞、ないかなあ❤
帯も、私好みのキュートなのがいっぱい。
a0157047_06234854.jpg

帯は買うモノだと思っていた私。
この本に出合って、ひっくり返りました。ひゃ~~、作れるんだ!
背守り、という言葉を聞いたのもこの本のお陰。




a0157047_06240144.jpg

帯の刺繍はこちらの本で。吹き寄せ、の所をそのまま真似っこ。
日本刺繍、手ごわいです。私の最も不得意とする分野かも。
緻密な作業はホント苦手。物欲だけの為にちくちくしました。
ただ見ているだけでもシアワセになる本です。



a0157047_06241274.jpg

因みに、この日身に付けていた半襦袢、裾除けはこちらの本で↓


a0157047_06364620.jpg
肌襦袢は自分で考えたもの。
ババシャツはあったかいけど、袖をたくし上げるのが面倒。
着物の袖から見えるのも嫌だし煩わしい。

だったら・・・
ババちゃんの袖を切って、肌襦袢のレース部分を縫い付けたもの。
うふふ、実はコレが大活躍なんです。







[PR]

by sogno-3080 | 2017-11-25 06:34 | | Comments(4)

登紀子ばあば   

a0157047_06045505.jpg
料理家で好きな人、ベストスリーの一人が登紀子ばあば。
存在そのものが周りを和ませてくれる、稀有な女性だと思います。
あの独特の、ゆったりした言い回し、時々ユーモアも。
これがゴトーアナとのコンビになると、また魅力アップなのよね~

こう言っちゃなんですが、料理番組は人を見ています。
次に料理(笑)面白いんだなあ~

入れ歯なし
補聴器なし
物忘れなし

なんと、健康的な!

そして、最後のページ
「延命御無用 よろしく」のコメントにドキッとしました。

そして来年度の手帖も買いました。来年への淡い期待?
何かいいことが、少しでもいいから、小さなことでもいいから、
ありますように✨拝みたい気分よ(笑)

土井センセイのお節料理、放送が楽しみだね~、mogyoさん❤

[PR]

by sogno-3080 | 2017-11-22 06:04 | | Comments(2)

平松洋子さんの本   

a0157047_04224840.jpg
読みたくてかったのに、なかなか読み始められない本。
なぜなら、読むのがもったいないから(笑)
読むシチュエーションを自分なりに考えてみる。
電車の中にしようかな、カフェで、にしようかなと。
あ~~、でもやっぱり我慢できない!ひとつかふたつならいいよね♡

で、ゆっくりページを開く。
ぐふふ、やっぱりね。面白い。ふつふつと元気が湧いてくる。
「食」のエッセイ、それだけじゃないんだよねー。

例えば。食いしん坊の私が、食べることがどうでもよくなった時が
あって、そんな時でも、傍らに置いておきたいのが平松洋子さんの
本なのである。心の栄養補給だね。

[PR]

by sogno-3080 | 2017-10-15 04:34 | | Comments(6)