介護と着物   

a0157047_09013935.jpg
難病のオットを介護している姉②から悲鳴のようなメールがありました。
夜は1時間おきくらいにトイレ介助が必要
眠られない、イライラ


そういえば姉からたまに届く夫婦二人の写真、姉の表情が険しい。
いつも疲れた顔をしている、と感じていました。

今までの自分自身、または仕事で得た知識経験をもとに、私なりの
精一杯のアドヴァイスをしました。
私はいつも言います。
「遠くの身内より近くの施設」
自分だけで抱えないで!頼れるところは臆せずどんどん頼って!



他人には言えるのよね。
でもこれが自分のケースになると、なかなかできないものです。
私はリアル友、ブログ友さんからの言葉にいつも救われてきました。
特に、ブログ友さんから
「頑張って下さい」という言葉は受けたことがありません。
皆さま一様に、「気晴らしをして下さい、自分の時間を作って下さい」、と♥
これがどれだけ嬉しいことか。
3.11の時、「頑張って下さい」という励ましの言葉が、逆につらかった
という被災者の声をあちこちで聞きました。私も何度もそう呼びかけました。
彼らは言います。
「これ以上どう頑張ればよいのか・・・」とね。

レスパイトケアって凄く大事。
私は時々私自身のケアマネージャーになります。
「どうですか?眠れていますか?食べられますか?」

本はいいですね。
「三時間のシンデレラ」の昨日、(オットが三時間ディーサービスの日)
久々にちょっと遠くの図書館へ。
林真理子さんのエッセイはいつも私を喜ばせてくれます。
窓辺のいつもの席で、珈琲をすすりながらマリコさんの軽快なエッセイを
読んでいると、気持がすかーっと晴れてゆきます。

そして、着付けの練習ね。
嫁入り箪笥の付け下げと帯。どちらも訳ありでちょっと残念なことに
なってしまっていますが。

他の煩わしいことは一切忘れて、着物に集中できる幸せな時間です。
衿をもう少し抜きたかったな
おはしょり、今度は短め


出番を待っていたら、一生その時は来そうにないから、いっそ自分で
わざわざ機会を作って着る、なんてどう?




a0157047_09014018.jpg

[PR]

# by sogno-3080 | 2018-10-17 09:01 | きもの

母の黒留袖 写真追加✨   

a0157047_10341077.jpg
実家から嬉しいニュースが入りました。
姉①の一人娘が入籍したのだとか。ここまで辿りつくまでの姉の苦労を
知っているだけに、妹の私はうるうるなのでした。
式は未定、なのだそう。
が、当然姉と私の話題は結婚式の着物の話しに・・・

そういえば、母の黒留袖ってどんな柄だったのだろう?
姉に聞くと「なんだか地味な感じだったよ」とのこと。
確かめたい気持ちがムクムク。
早速37年前の私の結婚式・集合写真を引っ張り出してきました。
母は右から三番目。ぱっと見、そういえば、という気もする。
なんだか母の性格を反映しているような、おとなし目の柄行だなあと
思いながら、でも実際は??目の前で確認してみたくなりました。

集合写真を見て驚きました。
親戚関係の女性は、80%が黒留袖です。そういう時代だったのですねえ。
逆のことを言えば、母の黒留袖、娘の数だけでなく、何度も着る
機会があったのかもしれませんね。

勝手に前夜祭?
急に柔らか物に触りたくなった私。
数少ない付け下げを出してみました。当然、二重太鼓も結びたく
なります。

いつか姪の結婚式に招待されることがあったら・・・
色留袖着てみたいな。持っていないけど(笑)
姉②に借りるというテもあるか。
ついでに着付けもお願いして。(姉②は美容師です)
ちゃっかり三女の妄想は続く。

柔らか物の練習結果 ↓ 
痩せたのではありません。写真の縦横比が?!なだけです。
①帯揚げ選び、完全に失敗の巻。
②おはしょりがモコモコ



a0157047_11004147.jpg







[PR]

# by sogno-3080 | 2018-10-15 10:33 | きもの

心躍る帯締めが欲しい   

a0157047_08545819.jpg
いつかいつかとずっと先延ばしにしていた帯締めの整理、やっとできました。
一応三つに区切りました。 
最近覚えた、帯締めの房をギュッと押さえるやり方でやってみました。
これでやると長さが小引き出しの幅にぴったしになるんですね。

こんなにあるようでも、本当に気に入ったものは2~3本。
というか帯締めを選ぶときはいつも憂鬱。
何を合わせればよいかが分からない。
そして、悩んだあげく、後で写真を見ると、結局「なんだかな~」です。

そして最近思っていること。
あの憧れのD明さんで帯締めを選んでみたいなあ・・・

PCで、店頭にずらっと並んだ帯締めを見ながら、「どれにしようかな~」と
迷って遊ぶクセ(笑)
着物や帯の新調は到底無理だけど、帯締めならなんとか頑張れば♥
物欲は(私の場合だけど)生きるチカラのひとつだもんね。



[PR]

# by sogno-3080 | 2018-10-13 08:54 | きもの

試写会で一足早く「日日是好日」を観てきました   

a0157047_10131766.jpg

オットのリハビリ時間が若干長引いた
着付けが上手く行かずイライラ
映画館でコーヒーを作る機械が、よりによって私の番に来て故障・待たされる
夕食替わりに持っていったどら焼き、袋が切れず焦る

そんなこんなのバタバタ状態でした。
が、映画が始まり、着物姿の希林さんが画面に登場すると、あとはすーっと
気持ちが緩んでいきました。
映画が、茶室そのもの、という感じ。

四季の変化をうつす茶室の佇まいが素晴らしくて~!
特に冬の庭が好きです。雪持ち千両の可愛らしいこと。
新年のピーンと張りつめた空気 一年の始まりを寿ぐ華やかさ
お道具がお菓子が着物が私の眼を喜ばせてくれました。

あの原作をどのように料理するのかと、ちと危惧の念も正直ありましたが
いやいやどうして、映画には映画の良さが満ちていました。

すーっと染み入るような音楽も良かったです。
チェロ?の響きに聞き入りました

日々はいつもと同じことの繰り返し。だけどその同じことができる幸せ。
この四年間私が考えていたことを教えてもらった気がします。

希林さん、美しかったです。
脳裏にしっかりと焼き付けました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

経年劣化の激しいこの菊の帯。
せめて一年に一度は箪笥から出してあげたいものです。
着物は叔母から。

手ぬぐいは、鳥獣戯画のクリスマス版?
端をわざとこんなクリスマスカラーでざくざくやってみました。

先日、着物友達が赤の模様の手ぬぐいの端を黒糸で縫っているのを見て
お洒落~と思い、ちょっと真似っこしてみました。



[PR]

# by sogno-3080 | 2018-10-11 10:13 | きもの

映画の神様ありがとう   

a0157047_09385174.jpg

あの話題の映画の試写会チケットに当選しました。
着物で映画もわるくないなあ~

今日は珍しく刺繍半襟を付けてみました。
色褪せた白の半襟を紅茶染めし、ザクザクと刺繍したものです。
この時季だったら「萩の花」、ということにしておきましょうか。




a0157047_09385190.jpg
あ、そうそう。NHKTVのフランス語講座。
今回は黒木華さんなんですね。
昨日録画しておいた分を初めて観ました。アパートメントを借りて、そこで
マルシェで買ってきた野菜やチーズを料理。いいなあ、こういうの♥
そのアパートメント、キッチンが超充実していました。
スパイスの瓶がずらーっと並んでいましたね。

ボンジュール・パリ。
私もそう言える日が来るといいな。
一応バケツリストでは常にトップに君臨しているのですがね・・・

[PR]

# by sogno-3080 | 2018-10-10 09:38 | きもの