人気ブログランキング |

三回も観た番組   

a0157047_13113378.jpg
NHKBSの「蘇る太陽の塔」、三回も見てしまいました。
半世紀ぶりに復活した「太陽の塔」。外観は知っていましたが、中の様子に
関しては、実は知識も興味もなかったのです。
復活プロジェクトの様子をみているうちに、岡本太郎氏自身にもむくむくと
興味がわいてきました。そもそも、私の中での氏のイメージは、目を向いて
何か過激な発言をしている芸術家。

彼が18歳から過ごしたパリでの生活。ピカソの絵との衝撃的な出会い、
そしてパリとの惜別、帰国。日本での活動。あらためて、へえ、そういう
歴史があったのねえと。彼の秘書・養女であるトシコさんのフィルターを
通してみるタローさんは、何か身近に感じられる存在に変わりました。

太郎氏の「縄文との出会い」、これが「太陽の塔」と結びついているのでは
ないか、と復活プロジェクトリーダーの方は仰っていました。
「あの時代の日本には早すぎた(理解するのが)」、
「アイツ(太陽の塔)が本来の仕事をするのはこれから。
今こそ必要だと思っている」だとか。

う~ん、見てみたいですね!!

そしてあれあれ、今夜も続編が?!
観なくちゃ!

by sogno-3080 | 2018-03-21 13:11 | つぶやき

<< せめて桜の帯留だけは♥ 塩羊羹あるわよ >>