この絵に会いたかった   

a0157047_06172186.jpg
ごっそり出てきた「探し物」の中に、この絵もありました。
「私っていつから着物をきるようになったんだろう」ってふと思う時が
ありますが、たぶんこの頃だと。2004年2月とありますね。

結婚前、母が用意してくれたウールの着物。
時々この着物をだしてさわさわしてみたくなる時があります。
見ただけでなぜか安心するの。
ピンクのモスリンの襦袢、私ったら、こんな所が実にリアルだわ(笑)

そして、実はオット用にもウールのアンサンブルを縫ってくれていました。
襦袢、下駄、足袋、帯も勿論入っていましたよ。
一回くらい着てもらったことがあったかなあ・・




[PR]

by sogno-3080 | 2018-01-17 06:17 | きもの | Comments(6)

Commented by 神奈川絵美 at 2018-01-17 11:54 x
こんにちは! 素敵な絵、ステキな想い出ですね。
おっしゃる通り、ふんわりしたお襦袢のピンクが、
絵でありながらとてもリアル感あり、お母さまの温かみが
伝わってくるようです。
2004年は、私はまだ着物を着ていませんでした。平岩弓枝さんの本で、ほのかな憧れを抱いていたころかな・・・。
Commented by sogno-3080 at 2018-01-17 13:06
絵美さんへ

絵美さん、早速のコメントありがとうございます。
リアル感が・・・、という所がとても嬉しいです(笑)
着物に興味を持ち始めて毎日着物ことばかり考えていた頃です。
ということは絵美さん、着物を始めたのは、その後くらいからですか?
そうですか、平岩さんの本でイメージを膨らませていたのですね~
なんだか私も平岩さんの本を読んでみたくなりました。

お互い、ブログのお付き合いも長くなりましたね。
これからも宜しくお願いします~♡

ところで、いつか絵美さんの着物の歴史、記事にしてくれないかしら?♥
Commented by 香子 at 2018-01-17 13:20 x
ワタシもお下がりじゃない自分の初着物取ってあります。
水玉のウールのアンサンブル〜♪
高校の文化祭では自分で着付けしてお茶屋娘してました (^m^)
ご主人様のアンサンブルの羽織、冬のコート代わりにいかがですか。
男物は振りが縫ってあってあったかいですよ〜☆

上の記事の映画楽しみですね。
震災後の国立劇場で拝見した踊りを思い出します。
Commented by sogno-3080 at 2018-01-17 14:46
香子さんへ

まあ、着物姿で女優さんですか?可愛かったんだろうなあ。
しかも、自分で着付けですか?!着物歴、長いですねー!
恐れ入りました。いつかこっそり写真を見せてくださいませ♡
オットの着物の件。
やらかしちゃった件が無ければ、コートも良いですよね~
そうそう、誰だか、男性物の着物でコート作った方いらっしゃいましたよね?♥
せめて襦袢だけでもなんとかならないかしら?と先ほども眺めていた
ところでした。
映画、始まりますよ。私はW大で観させて頂いたので、今回はいいかな、
って思っていますが、衝動的に出かけたりするかも、です。
Commented by phenix at 2018-01-17 21:36 x
sognoさん 
見るからに暖かそうなお着物ですね~
私も結構小さい時から、着物着せてもらっていて
写真はあるのに、どうしたことか実物がありません。
一体あの着物達は何処へ行ってしまったのか!
sognoさんのブログ拝見してたら、急に気になっ
懐かしさがこみ上げてきました。
実家の方のお祭りは夏祭りだったので
お稚児さんに出た時は、一丁前に絽の振袖らしき物を着た写真があります。
着せてもらった着物はどれもみんな 今でも目に浮かぶのに・・・あ~ん(><)
Commented by sogno-3080 at 2018-01-18 09:25
phenixさんへ

こちらにもコメントありがとうございます。
お稚児さんで絽の衣装♡♡まあ、お洒落~。そして可愛かったことでしょうね。
お祭りでの着物。そこがphenixさんの着物の原点かしら。素敵ですね。
「長崎の夏の祭り」想像の翼を広げて遊んでいます。

私自身は子供の頃の着物の記憶は皆無です。10代で着た浴衣、そこから
一気に結婚式、お宮参り、七五三まで飛びます。でも「着せられた」という
印象が強く、やはり「自分で着たくて着たくてついに着た」という
のは、こちらの絵のウールの着物(アンサンブル)。
大事に着続けたいものです。

<< Kikiさんの着物 コンサートへ >>