人気ブログランキング |

新年の準備は手帳から   

a0157047_18481314.jpg
手帳はずっと前から手に入れています。
「手帳は高橋」の日曜始まりです。今年はこんな雰囲気の色。
あたたかい感じが気に入っています。
穏やかな一年になりますように。いつも同じことをお願いするのよね。

カレンダーはいつもの「エクラ」の付録。今日仕事帰りにスーパーへ行き
購入。山本容子さんの絵、大好きなんです。
とりあえずカレンダーと手帳。次は年賀状、だわー。

ざっと今年の手帳を振り返りました。色々書き込んであるわ。
なんといっても病院の予約関係が多い!


そして、手帳は私にとってスケッチブックでもある。
ここ何年かはパタッと絵が消えたけど、以前はよ~く描いていました。
ほんの一部。


a0157047_19271009.jpg









by sogno-3080 | 2017-12-01 18:47 | つぶやき | Comments(8)

Commented by 香子 at 2017-12-01 21:20 x
オシャレな方は小物にもこだわりますよねえ。
カレンダーも手帳も頂き物で済ませちゃってます (^-^;;
せっかくその昔N村玲子さんの本を読んでたのに
テキトーに拍車がかかってます(苦笑)
Commented by sogno-3080 at 2017-12-02 05:44
香子さんへ

私の場合、いわゆる儀式みたいになっちゃってます。
これを揃えておけば一応安心みたいな・・・
香子さん、貰い物だってきっとお洒落なものだと思うわ~
因みに我が家は、某社の卓上カレンダーが大活躍です。
飛行機の・・・あれ、大好き。オットはいちおうそこの手帳も毎年・・
Commented by あるばとろす at 2017-12-02 09:22 x
お〜すごいデッサン力!!羨ましいです。素描はいいですね。むかーし前田青邨展に行った時に東大寺のお水取りの様子を水彩で絵巻物にしたものを展示していました。日本画の大作とは違う素描の良さが溢れていて忘れられません!
Commented by sogno-3080 at 2017-12-02 10:00
あるばとろすさんへ

そうでしたか、素敵なものを見られたことがあるんですね。
どこの展に行っても、スケッチブックとか素描とかのコーナーでは
目の色が変わります。大好きです。
岡重コレクション、ルーシー・リー展、箱根のラリック美術館、映画・・・
感動したものはすぐそのあとで余韻をメモ代わりに紙に描くというのが
好きなんです。切手を持っていって、それを描いてすぐに友人に出す、
なーんていうこともよくやります。あるときは、その切手を持っていなくて
郵便局を探してウロウロなんていうこともありましたね~
家に帰ってきたら冷静になっていて、そういう気持ちはすっかり失せてしまうもの。

Commented by team-osubachi2 at 2017-12-02 10:50
手帳のスケッチ、色つけちゃうところがすばらしい〜〜♪見習いたい。w
私も手帳は高橋製、日曜はじまり。今年は一回り大きめのにしました。
仕事メモ、体調メモ、心のつぶやき思いつき、忘れちゃいけない事項、等々一冊にまとめちゃおうかなと。
とはいえ、ほぼ日の手帳ほどはページ要らないので、月別に4ページもついていれば充分かも?って思いまして。
毎年のことですけど、まっさらな手帳ってワクワクしますね♪
Commented by sogno-3080 at 2017-12-02 12:25
Tomokoさんへ

そうそう、Tomokoさんも高橋でしたよね。
手帳に書くことは人それぞれなんですね~
まっさらな手帖、いつから使おうかな、っていつもワクワクします。
せめて病院関係だけでなく、楽しいイベントの予定も書き込めますよう~♡

手帳絵、感動の度合いが大きいと色がつくことになっています。
千葉市美術館のルーシー・リー展、良かったんですよ。だから割と
きっちり色塗りしていますね。

Commented by 神奈川絵美 at 2017-12-02 13:39 x
スケジュール帳がデッサン帖になんて、さすがsognoさん!
ツイード調の表紙もあたたかみがあっていいですね。
私も年賀状を手配しないと・・・
Commented by sogno-3080 at 2017-12-02 15:37
絵美さんへ

絵美さん、私ちゃんとしたスケッチ帖って持って歩かないのです。
初めから持っていくと、なんか描く気になれないの。へそ曲がり・・
手帳も忘れた時がありましたが、その時は出てから、パンフレットに
ちょこちょこ描いたりしました。
年賀状は、手に入れるのが年々遅くなっているような気がします。
前はずっと前から用意しておいたんですけどね。
書く枚数も年々減ってきているからでしょうか。

<< 新しい器 北野恒富展へ >>