図書館日和   

a0157047_1582672.jpg

梅雨の合間の貴重な晴れ。
家事を済ませて自転車を一漕ぎです。

山シリーズ本、お腹いっぱいになりましたので、そろそろ
いつもの「旅と食」に戻りました。
ワールドカップも近いし、お目当てのブラジル関係本を探そうと
思っていましたら、さっすが、こんなコーナーができてました!
今日の収穫はざっとこんな感じ。

ブラジルの大地に生きて(藤崎康夫著)
燃える中南米(伊藤千尋著)
明日もいち日、ぶじ日記(高山なおみ著)
私の食物誌(吉田健一著」)

「ブラジル・・・」は字が大きくて素敵!と思っていたら
なんと児童文学シリーズだったのね。
11歳でブラジルに渡り、その一生を移民の救済にささげた
女性の話です。面白くてイッキに読み終えました。

NHKBSの「ぐるっとブラジル6000キロ」(前編)も
見応えありました。
いや~、サンバの陽気なイメージが強かったのですが、
こんな歴史、一面もあったんだあ、とため息。

          
[PR]

by sogno-3080 | 2014-06-10 15:09 | | Comments(4)

Commented by 香子 at 2014-06-11 11:52 x
お疲れさまで〜す。
sognoさんの記事を読んで
ワタシも借りて来た本を早く読まなきゃ!と
思いました (^-^)b
Commented by team-osubachi2 at 2014-06-11 12:46
個人的には「明日もいち日、ぶじ日記」が
いちばん気になってま〜す♬
さあ、ひと月にわたって蹴球世界祭典がはじまりますね〜!
日本を応援するのはもちろんなんですけど、見てると年々心臓に負担が。笑
なので、もっぱらすべての選手の下半身(の動き)に釘付けの観戦で〜す♡
Commented by sogno-3080 at 2014-06-12 07:08
香子さんへ

思い出してもらってヨカッタです(笑)
二週間って、結構あっという間。
私もアレアレ?!って思うことよくありますよ。
雨続きですから、図書館通いもタイミングが大事に
なってきますよね。
Commented by sogno-3080 at 2014-06-12 07:16
Tomokoさんへ

いよいよ開幕ですもんね~!
普段あまりスポーツ番組観ない私でもワールドカップ
は別物。しっかり観戦するつもりです。

高山さんの本や文章はあちこちで拝見する機会が
多いです。なんていうんでしょう、私にとっては、
他に類を見ないような強烈な魅力に惹かれます。行間から感性が迸るみたいな・・・

<< 銀座で 紅茶ケーキ >>