ジャムを煮ながらほろりとした訳   

a0157047_08125479.jpg
ジャムを煮たあと、瓶を並べてみました。
瓶の蓋で、色々なことを思いだしました。
Aちゃんの、オーストリアからのお土産とか、あの時のSさんからの贈り物
だとかね。瓶の蓋日記♡

さて、昨日はやっとジャムに取り組みました。
半端ない量を刻んで茹でこぼして煮て。
背中で寺内貫太郎の音だけ聞きながらの作業でしたが、何度も胸が熱くなる
シーンが続きました。


貫太郎の娘のしーちゃんが、自分の誕生日に好きな男性(バツイチ・子持ち)の
アパートへ行くという大事件が起こります。
それを知った貫太郎は大激怒。

①貫太郎が娘の好きになった男と会話するシーン

 貫太郎は、その男に娘への父親の想いを吐露します。
 (娘は自分の不注意で足を悪くしたのよね。)
 「娘には天気の良い日に、白無垢を着て嫁いで欲しい」と思っていた。
 ここのシーンがこのセリフが泣けた。

②なんだかんだのあげく、家に戻った娘とのシーン

 食卓で一人、憮然としながらお茶漬けをかきこむ貫太郎。
 心配で自分だけ夕食を食べていなかったから。
 それを見守る娘のしーちゃん。

向田邦子さんの顔が浮かびました。向田さんのお父様に対する想いが
溢れているような気がして。

このドラマ、サブタイトルに
「嗚呼、日本のこころ!」とあります。
そうよ、原風景の中にこんなシーンなかったかしら。
どこかで見たような。いつどこでだったか・・


[PR]

# by sogno-3080 | 2018-02-04 08:12 | 食べる | Comments(4)

通勤は登山靴で   

a0157047_08303866.jpg
雪、また降りました。
前回は休みの日だったからよかったけどね。

朝、6時過ぎ。そっと雨戸を開けてみると、庭は真っ白。
まず、履いていく靴を心配。
いつもの普通のスニーカーでは底が濡れそう。長靴は持っていない。
そこで浮かんできたのが「あ、登山靴があるじゃない?!」。
お陰様であまり滑らず、ガシガシ歩けました。

先日、友人からメールが来て驚きました。
雪で滑って、尾骶骨骨折、全治2~3か月だそうです。
ギブスはできないので、飲み薬で対応しているのだとか。

おお、怖い。気をつけましょう。


[PR]

# by sogno-3080 | 2018-02-03 08:30 | つぶやき | Comments(0)

フランス語検定という悦楽   

a0157047_07573145.jpg
語学関係ではない試験が終わってみて思ったのは、次は
フランス語検定2級? 英検1級?どちらにチャレンジするか、です。

この期に及んで、語学学習をする訳。
その理由は色々あれど、私の場合、合格を勝ち取ったときの喜び。
これに勝るものはありません!

一番嬉しかったのは、英検準1級に4回目で合格した時。
しつこくねばりましたから。
合格通知の葉書を持って、部屋中を踊り歩きました(笑)
あの時のカイカンが忘れられません。

こう言ってはなんですが、フランス語検定が不合格だったからといって、
日常の生活にはなんら支障はないわけで。ただただ、自己満足だけで
勉強しています。

それでは、フランス語の勉強でなんの恩恵もなかったのか?
いえいえ、そんな訳ではありません。
フランス映画がなおいっそう面白くなりました。サガンの小説(原書)も
読めるようになりました。
それだけでも私には嬉しい事です。

できれば、パリに行って、フランス語を話したい。
(今はあまり喋れないけど・・)
夢だけは諦めていませんよ♡






[PR]

# by sogno-3080 | 2018-02-03 07:57 | 語学 | Comments(4)

図書館へ   

a0157047_06240226.jpg
試験が終わって、まず思ったことが、「これで好きなだけ本が読める」。
はい、早速図書館へ行って借りてきました。
いつものように、全部の本を同時進行で楽しんでいます。

5冊を抱え、近くのカフェでパラパラ眺めます。
まず、「更紗」。夢中になりました。インドを源流にして、世界各地に
広がっていった更紗。その歴史には、壮大なロマンが感じられて、
ワクワクが止まりません。
そして詳しい技術にも注目。色々な技術があるんですね。
読み応え十分だわ~  

ドミニック・ローホーさんは、以前、NHKラジオのフランス語講座で
話を聞いていた時期がありました。
バッグやらお財布に関する持論は目から鱗。つい小銭でパンパンになる
私の財布。重いし、支払い時、時間がかかるのよね。

[PR]

# by sogno-3080 | 2018-01-31 06:15 | | Comments(12)

スルーしようと思いましたが②(私の楽しみ・続編)   

a0157047_19283034.jpg
a0157047_19283144.jpg
テレビでも映画でも、ディテールが気になってしょうがないタイプです。
この番組の、このシーンがまだまだ気になります。

実は美代ちゃんが、寿司をつめる赤っぽい桶を抱えているシーンがありました。
その桶があまり見かけないタイプだったの。


酢を使わない寿司、この桶・・・色々謎の多いシーン。
ところが、なんと手元のすしの本に、ヒントが載っていました。

酢を使わず「灰持酒」というものを使うのだとか。
そして

「すし桶も朱の琉球塗・・・」

コレだああ。たぶん、そうかも?
元は島津の殿様料理→商家でもてなし料理

なのだそうです。

日本全国の様々な寿司を取り上げたこの本。
色々なすしがあるんですねえ♡

そうそ、島津藩といえば(やや強引)NHK大河ドラマが今面白いですね!!
大好きな林さんの本ですもん。そして中園さんの脚本ときたら、あなた、
面白くないはずがありませんっ。最後まで観るぞ!

[PR]

# by sogno-3080 | 2018-01-30 09:04 | 食べる | Comments(8)