記憶   

a0157047_8222896.jpgフリーマーケット会場に足を踏み入れたとたんに、私が引きつけられるように向かった先が、これでした。「九谷だよ、いいものだよ」と店主に言われる前に私の気持ちは決まっていたのです。会場をぐるりと回って、やっぱりここへ戻ってきました。1000円でおつりがくるなんて、これが買わずにいられますか!!ね?

お銚子セットを見ると、つい近づいて手にとってみたくなります。

亡くなった船乗りの父親、7ヶ月の長い航海が終わり自宅に戻ると、必ず親戚を招いて酒宴を。父の兄弟姉妹、その子供たちまで・・かなりの人数が集まりそれはにぎやかでした。父が戻る初秋はやはり燗酒。実家に昔からあった素朴な花模様のお銚子が、あちこち運ばれる様子。それはずっと私の記憶に残っていて、お銚子→ 酒宴 → 父親と辿り着くのです。宴もたけなわになると父のヘタクソな「函館の女」が披露され、ついには親戚の叔父さんがお神楽のまねごとをしたり・・・大人が大騒ぎしている光景は子供にとっても、なんだか知らないけど、楽しくて!
だから、お銚子の周囲にはいつも私をほんわかと幸せな気分に浸らせてくれる要素がセットに
なっているのよね~

収納する場所もないくせに、つい買いたくなるこの気持ち・・
[PR]

# by sogno-3080 | 2010-05-04 08:26 | つぶやき | Comments(2)

初仕事   

a0157047_17234352.jpg波の音、潮のかおり、爽やかに吹き抜ける五月の朝の風・・・そんな中で道端の小さな花をスケッチ。こんな時間が実は私にとって至福の時間なのです。この絵は手帳から切り取り、母に送ろう。
a0157047_17235724.jpg

[PR]

# by sogno-3080 | 2010-05-03 07:58 | Comments(0)

中年と海   

a0157047_6234662.jpg

朝ご飯の前にちょっと散歩。波のすぐ近くまで行けるのが嬉しい。私はもう初仕事?しました。
[PR]

# by sogno-3080 | 2010-05-03 06:23 | Comments(0)

やっと・・   

a0157047_14223582.jpg

海辺にたたずむ女 (*^_^*)
[PR]

# by sogno-3080 | 2010-05-02 14:22 | Comments(2)

SAで   

a0157047_9514489.jpg

二回目の朝食。ラーメン、完食。ハート形のねぎだけ残しました。義父の運転、スムーズです。では、また!
[PR]

# by sogno-3080 | 2010-05-02 09:51 | Comments(0)