カテゴリ:きもの( 150 )   

着物バッグ   

a0157047_15241998.jpg
東京方面へのお出かけはいつも同じバッグになりがち。
たまには違うものを・・・
そうだ、以前作った帯バッグにしようっと。

これは、シミがあちこちに散らばっている、頂き物の帯から作った
二個のうちの一個です。
生地が残ったのでポーチも作っておきましたが、これ単品だと意外と
活躍する機会がないのです。
それならば、いっそバッグに貼り付けてしまえ!と安全ピンでバッグに
留めました。デザインより機能性重視❤

これが、奥さん、とっても便利なの~~
使用頻度の高い、PASMOと携帯を入れましたが、中をガサゴソする
手間がはぶけて助かりました。

「今日はお母さん、なんだかルンルンだね」とオット。
こんな些細なアイデアでも、私にとってはとても嬉しいのだ。

[PR]

by sogno-3080 | 2017-09-07 15:24 | きもの | Comments(6)

半襦袢の替え袖   

a0157047_1157988.jpg
替え袖の作り方、ネットで調べたけどイマイチ??
こんな時は「困った時の七緒」です。わざわざ取り寄せました。
生地はどうしよう?

反物、買う気なし。
替え袖用の生地も見たけど、あれ結構なお値段なのよね~
年金生活者にもできるお洒落がコンセプトの私(笑)、家に何か
なかったかなあと必死で考えました。

そうそう、紬を購入した時、おまけにもらった
薔薇模様のポリ着物があるではないの!
着るには抵抗があるので、押入れに眠ったままなのでした。

今、スナップボタン一個で肩を留めている状態です。
足りないので買ってこなくっちゃ。
香子先生のおっしゃる通り、スナップボタンがいい感じ!

黒っぽい紬からチラリとのぞく緑、早く実践したいなあ♡



[PR]

by sogno-3080 | 2017-09-01 11:57 | きもの | Comments(14)

暑かったけど着物で   

a0157047_15544913.jpg
スモーキーな薄い葡萄色の紗の着物。
帯は朝顔刺繍の帯と同じ。反対巻きにするとこの葡萄の刺繍が
出ることになっています。

昨日は着付けの段階から汗がとまらず!
下準備も、色々工夫済みを着用したにもかかわらず、ね。
我慢大会の様相を呈していた訳ですが、写真展では、見知らぬ中年女性に
「お着物、いいですね~」と声をかけて頂き、恐縮した次第。
実は嬉しかったけどね。苦労が報われた心境(笑)

その後の会合では、初めてお会いする男性が
「あの、いつもお着物なんですか?」って。

またメンバーの別の男性からは、(しみじみと着物を眺め・・)
「こんな薄い着物もあるんだね、へええ~」って。

反応を愉しんだ一日でもありました。

着物で、熱々の豚カツ定食は火に油を注いだかもね。
いやこれがまた、美味しかったんだわ♡

昨日はこちらに行きました。↓





[PR]

by sogno-3080 | 2017-08-24 15:54 | きもの | Comments(8)

花火大会   

昨日は地元の祭り&花火に出かけてきました。
行きはタクシーで、帰りは浴衣姿で車椅子を押すという。。。
ま、40分間のウオーキングが出来たと思えばいいかっ(笑)
一旦は諦めたけど、やはり行ってよかった。
リハビリ以外は家に閉じこもりがちのオットも喜んでくれたしね。
もちろん私も楽しいし。そして、なんと言っても花火は最高ですね!!
a0157047_51660.jpg
浴衣は、自分で初めて縫ったもの。
帯のミンサーはですね、
いい子にしていたら、夏のサンタクロースさんが届けてくださったの❤❤
感謝感激です。締めやすいし、カタチも決まりやすいです。
ヘビロテ間違いなしっ。
いつもながら、若いお嬢様の浴衣姿、多かったです。
初々しいなあと、おばさんは眩しく眺めておりました。
逆に、私たち世代は、2~3人くらい。超少ないの。


a0157047_05064708.jpg



a0157047_05070056.jpg
花火はこんな感じ。お粗末でスイマセン。ケータイでは限界が・・
そうそ、私は花火を見るといつも山下清さんの「長岡の花火」を
思い出します。また本が読みたくなりました。



a0157047_05290431.jpg






[PR]

by sogno-3080 | 2017-08-06 05:01 | きもの | Comments(4)

この番組が好き   

a0157047_9275948.jpg
NHKの「あてなよる」が大好きです。
目覚めてみる夢のセカイに浸れますよ。
 
料理に合わせて出てくるお酒が美味しそう~。
日本酒、ビール、ワイン、etc.
見ているだけで酔ってきそうです。

器もいいです。料理は器でぐぐんと引き立つんだよね~
そして、私がなにより注目しちゃうのが、O原さんのお着物❤
第7夜「鮎で呑む」は、ミンサー帯に目がテン。
8月も番組がいっぱい。楽しみです。

ああ、こんなお店に行ってみたいなあ。


[PR]

by sogno-3080 | 2017-08-01 09:27 | きもの | Comments(8)

蝶と蝶   

a0157047_11150051.jpg
庭で水撒きしていたら、こんな風景が!!
こりゃ大変。カメラを持ち出して、お仕事の邪魔にならないよう、そっと
撮影させて頂きました。美しい。
まるで、ルネ・ラリックの作品を想像しちゃうな。

蝶、と言えば。
私の浴衣にもそんな柄がありましたっけ。
嫁入りの時、母が用意してくれたものです。親戚の叔母たちによると、
「sognoちゃんのお母さんは和裁がとっても上手だったんだよ」との事。
そーだったのね。私の知っている母は、編み機をジャージャーする
姿ばかりですが(笑)
19歳、20歳の頃の事。「浴衣を着たいっ!」って母に言うと、
いつの間にかさーっと用意され、着た後、その辺に脱ぎ散らかして
おくと、またキレイに洗濯されて仕舞ってあった。
そんな贅沢な事が出来たのも母のお陰。今更ながら深く感謝❤

a0157047_11144454.jpg

[PR]

by sogno-3080 | 2017-07-22 11:28 | きもの | Comments(10)

羽裏からブラウス&バッグ 試運転編   

a0157047_1755863.jpg

やはり着てみないと分からない事って、いっぱいあります。
まず、後ろボタンは結構シンドイ(笑)
ま、腕の体操と思って頑張りましょう。

そして、腕が少々きつかったーー!
びりっ、っていきそうでちょっと怖い。

バッグは思ったよりいっぱい入りそうです。
でも、いつもの癖で詰め込みすぎちゃいけないよね。

秋口まで待っていようかな、と思ったけど、やはり一度は
実際に着てお出かけしてみたいじゃない?❤

これで満足したので、秋まで寝かせます。

[PR]

by sogno-3080 | 2017-07-03 06:30 | きもの | Comments(0)

発掘の旅は続く❤   

a0157047_621911.jpg
こんなんもありましたー。
色は、スモーキーな葡萄色・・・、スイマセン、色の表現が難しいです。
別に取り分けていたのを、すっかり忘れていました。

白の襦袢の上から着てみたら、かなり透けます。
おっと、やはり試着しておくべきですな。
こんな時は、色がついている襦袢の方がいいのかな。
お財布が許してくれないしな~





[PR]

by sogno-3080 | 2017-07-01 06:02 | きもの | Comments(2)

発見♡   

a0157047_6281624.jpg
ずっと前に頂いた、「お宝風呂敷包み」を整理していたら、
こんな素敵な羽織が出てきました。
なんで気が付かなかったんだろう!

広げてみたら、なんと、蝶蝶がひらひらと舞っているではありませんか。

私、透けるものには、強い憧憬があります。
子供の頃、夏になると登場する蚊帳。
簾を通して眺める入道雲。
そして、薄羽織❤

日本の、夏の風情、いいなあ~

花柄の帯に、この蝶蝶の羽織、やってみたい組み合わせ。


[PR]

by sogno-3080 | 2017-06-29 06:28 | きもの | Comments(10)

歌舞伎へ   

a0157047_955758.jpg

オットと二人で歌舞伎へ行ってきました。
オットと新しい所へ行く時はドキドキします。事前にバリアフリー状況を
調べたりはするものの、実際行ってみるとへっ??って事が何回も。
今回は、歌舞伎と言えばK子さま!ちょっとご相談をさせて頂きました。
仰る通り、通路の狭さがねえ・・・3階の通路側にしましたが、席までの
階段って奥行きがないので、歩行が心配。係りの方にお手伝いをお願いし、
やっと席に到着。席にたどり着くまでが大変。ふうっ、でございますよ。

が、そんなことも歌舞伎が始まってしまえばすっかり忘れ、これまたK子さまの
言う通り、ハンカチが乾く暇がない状態(笑)目も鼻も大忙し(笑)
「菅原伝授手習鑑」は以前も観ているはずなのですが、ストーリーを忘れかけて
いました。そんな訳で幸か不幸か新鮮な気持ちで見ることができたのでした。


うるうるの訳、話の内容もありますが、やはり中村兄弟が登場すると、
早くにして亡くなったお父様の勘三郎さんや、小山三さんを思い出しちゃってねえ。
お二人、きっと天国で見守っていてくださることでしょう。

a0157047_9814.jpg


今回は真っ先にギャラリーに行きました。
まずお馬さんコーナー。和鞍や鐙の美しいこと。鐙には螺鈿が施されていました。
衣装の豪華さ、溜息ばかり。
ざざざーという波の音を出してみたり、寺子屋の暖簾の奥に潜入してみたり、
色々な体験をしてまいりましたよ。暖簾の開け方の仕組み、バッチリ確認。

着物は、小さな松の模様の小紋。
帯、エレベーターの中で数名のおばさま達に「あらああ、後ろの柄が素敵ねえ」
と褒められ、もじもじ・・・(褒められ慣れていないもので)

お弁当は手作りで。イクラがのったチラシ寿司よ。何事も節約節約♥
[PR]

by sogno-3080 | 2016-12-20 09:05 | きもの | Comments(16)