親って!   

進学も就職も親にいっさい相談せず、自分たちでさっさと決めてしまう
息子たち。それはそれでいいかな、と暢気な親ですが、
意気揚々と就職先の関西方面へ旅立ったものの、たった一年で
沢山の家財道具とともに帰ってきた時は、さすがの私もコトバを失いました。
就職先を探すも、この不景気。
送っても即返却される履歴書の束。
プチ紆余曲折の末やっとたどりついた小さな小さな出版社。
三ヶ月くらいゆっくり顔を見ることがなかったので
「ついに終わったよ・・・」と聞かされた時はビックリ。
無口にもほどがある、といいたいくらいです。


その初仕事(雑誌)が先日発売されたと聞き、早速書店へ走る馬鹿な親!
さんざん心配かけたので田舎の母にも送ることにしました。
天国のじいちゃんにも報告しておいてね、って今日手紙書きます。

親の私が進学、就職が不本意だったので、せめて息子には自分の希望どおりの
ところへ、と思ってしまったのでしたが、現実はそう甘くないって
ことですね。
せめてもの救いは自分の本当に好きな仕事に就き、いきいきと輝いている
彼の表情。それはもう嫉妬するくらい・・・
[PR]

by sogno-3080 | 2010-01-27 09:29 | つぶやき | Comments(2)

Commented by やっぴー at 2010-01-27 23:56 x
おめでとうございます。
ホッとなさったでしょうねえ。

親はそれでいいんじゃないかと思います。
いつまでも一緒に居られる訳じゃ無し…
一人でも生きて行けるよう育てばそれで十分 (^-^;;
ワタシも多くを臨まないよう我慢我慢。。。。
Commented by sogno-3080 at 2010-01-28 07:15
*やっぴーさんへ

やっぴーさん、ありがとうございます。
はい、少し安心しました。
一人でも生きて行けるよう・・本当にそうですよね!!
それが私のイチバンの願いです。
さらに欲を言うと、早く家を出て独立してくれないかなあと・・・やっぴーさんだったら分かってくれると思うのですが、四人分の洗濯って半端じゃないですから(笑)

<< 休日 月曜日から >>