平松洋子さんの本   

a0157047_04224840.jpg
読みたくてかったのに、なかなか読み始められない本。
なぜなら、読むのがもったいないから(笑)
読むシチュエーションを自分なりに考えてみる。
電車の中にしようかな、カフェで、にしようかなと。
あ~~、でもやっぱり我慢できない!ひとつかふたつならいいよね♡

で、ゆっくりページを開く。
ぐふふ、やっぱりね。面白い。ふつふつと元気が湧いてくる。
「食」のエッセイ、それだけじゃないんだよねー。

例えば。食いしん坊の私が、食べることがどうでもよくなった時が
あって、そんな時でも、傍らに置いておきたいのが平松洋子さんの
本なのである。心の栄養補給だね。

[PR]

by sogno-3080 | 2017-10-15 04:34 | | Comments(6)

Commented by phenix at 2017-10-15 10:02 x
おはようございます。
私には、アジフライ大好き!な、小3の孫がおります。 上京の折、必ず1度は作らされております。
今日何食べたい?「アジフライ!」これの繰り返し。本の内容も分からぬまま、失礼しました。
つい、孫の顔が浮かびましたもので。
水丸さんの絵好きです。
Commented by sogno-3080 at 2017-10-15 14:32
phenixさんへ

そうですか、きっとphenixさんの作るアジフライが美味しいので
しょうね~。お孫さんがいるなんて、羨ましいわ~
水丸さんのイラスト、今では貴重になりましたよね。
あのなんともいえぬ、ほのぼのとしたイラストが私も好きなんです。
水丸さんのエッセイも面白いですよね。

phenixさんのところに訪問しようと思ったのですが、コメント欄が
見つからず・・でした。
Commented by 香子 at 2017-10-15 21:01 x
ちょっとだけなんて無理でしょう。
一気呵成に読んじゃいそうです (^-^;;
Commented by sogno-3080 at 2017-10-16 06:40
香子さんへ

なんだか家で読むのがもったいなくてー、チビチビ作戦してます。
本を持って、ぶらっとどこかへ行きたいな。
外の方が、(特に電車の中)読書がずんずん進むのは私だけでしょうか。
Commented by phenix at 2017-10-18 19:36 x
sogno様 こんばんは
申し訳ありません、我が家のブログはコメント欄を
付けておりませんので、メッセージ頂ける時は
ご面倒でも、プロフィールから入って頂ければ
有り難いです。よろしくお願いいたします。
Commented by sogno-3080 at 2017-10-19 09:21
phenixさんへ

コメントありがとうございました。
了解しました。

<< 雨の日の訪問者 ひとり高尾山 >>