半襦袢を作ってみました   

a0157047_6343472.jpg
・・と言ってもまだ本体だけですが。
しかも衿はまだ裏をピンで留めてあるだけ。

袖はどうするか、まだ考えがまとまっていません。
替え袖をつけられるような構造にすべきか?

着物、と呼べるものは、単衣一枚、浴衣二枚作ったことがあります。
どちらも型紙使用&ミシン。だから出来たのです。
これを手縫いでなんて、無理無理(笑)

ブログ友さんの記事を見ていたら、
黒っぽい着物の袂から、ちらちらと椿のような鮮やかなピンクがこぼれて。
な~~んて素敵なんでしょう。
着物って、そんな密かなお洒落がたまらなく愉しかったりするのよね。
つまりは、そういう事をやってみたかったのです。


[PR]

by sogno-3080 | 2017-08-14 06:34 | 作る | Comments(6)

Commented by 香子 at 2017-08-14 10:05 x
お盆の平均気温23℃の故郷から戻ってきました (^-^)/

わぁ〜い、半襦袢♪
替え袖たくさん作りましょ♪
一粒で何度でも美味しい襦袢になりますね☆
(マジックテープよりスナップの方が肌アタリが柔らかいですよ)
Commented by sogno-3080 at 2017-08-14 17:31
香子さんへ

香子先生、お帰りなさいませ!
さすが岩手は涼しいですね。お盆帰省、羨ましいです。
こちらは諸事情により故郷は遠くになりにけり、状態です、トホ。
岩手でのお話、たっぷり聞かせて下さいね。ブログ記事、楽しみ
にしています。
そして、半襦袢。スナップですか。ネットでは、マジックテープでとか
直接縫いつけるとか色々あって、香子さんにお聞きしてから、と
思っていました。早速、スナップ買ってきます。ありがとうございます!!
Commented by team-osubachi2 at 2017-08-14 19:07
わおおお、すごいわ!
逃げずにちゃんと半襦袢やっちょるではありませんか〜?!
でもミシンってゆー道具であっという間に出来上がりますね?!
私の半襦袢のお袖はおおざっぱに縫いつけてます。
スナップも付け替えが楽チンですね?!出来上がりが楽しみっすよ〜♡
Commented by sogno-3080 at 2017-08-14 19:45
Tomokoさんへ

Tomokoさんのチクチク熱が伝染しましたー。
一旦は諦めたんですけどね、和裁の本をぼんやり眺めていたら
なんだかできるような錯覚に(笑)
「はじめての和裁」DVDつき手習い帖(永岡書店)、この本、優れもの
です!ま、私のことなので、最後は無理やり完成させるという図式です(笑)
襟を付けると、着物っぽくなってワクワクしますね。
さて、問題の袖。またお勉強しなくっちゃ。
Commented by あるばとろす at 2017-08-15 15:49 x
sognoさん こんにちは。半襦袢作ってるなんて、すご~い!尊敬します。祖母の着物をおととし引き継いだ時、和裁の道具もいろいろあったのですが、和裁までは無理!と手を付けていません。祖母は袖のみ正絹の半襦袢をたくさん残してくれてとても助かっています。袖がピンク、黄色、白とあると大体の着物に合います。見ごろは綿なので夏はざぶざぶ洗えて気持ちいいです。祖母の半襦袢の袖は縫い付けてありますが、裄は64センチぐらいと短めなのでどの着物でも袖が着物から出ることはありません。袖からちらちら見えるおしゃれ、いいですね!
Commented by sogno-3080 at 2017-08-15 17:04
あるばとろすさんへ

私が色々疑問に思っていることにすべて答えて下さるようなコメント、
大変嬉しいです。「袖だけ正絹の半襦袢」、お祖母さまご愛用だったの
ですね。身頃を洗えるって確かに助かりますものね。
私の持っている長襦袢は殆ど白ばかりで、時々物足りなさを感じていました。
時には白以外の色を・・と思ったとき、この半襦袢が浮かんだのです。
袖の付け方、替え袖の色、色々勉強になりました。
ありがとうございます!!そして、和裁の道具、いいですねえ。
私は洋裁方式なので道具を持ち合わせておりません。あるばとろすさん、
そのうちそのお道具類に手を伸ばす日が来るかも~♡

<< 本二冊も 写真撮影 >>