ハガキのチカラ   

a0157047_451061.jpg


その女性は乳母車を押しながら私たちをスーッと追い抜いて行きました。
乳母車?・・・でも普通のより少し大きめです。
乗っていたのは、赤ちゃんではなく、もう少し大きめの子供。
頭、手足がぎこちなく動いています。
重度の障害を持つ女の子の様でした。

女性はホテルのロビーのソファに腰かけ、どこからか葉書を一枚取り出し
早速書き出したかと思ったら、今度は切手を出してペタッと。
その一連の動作が映画の様に美しくて、私は小さくため息をついたほどでした。

で、ついに、私も葉書が書きたくなり、ABCストアに走ったという訳。

凹中に頂いた葉書は心底嬉しかったです。太田聴雨(星をみる女性)、
安田靭彦(挿花)。クラシカルな、着物を着た女性の絵。
これがまた、和むんだなあ~


英会話スクールに通っていた時のこと。
若い男性教師が、バッグから沢山の葉書を取り出して見せて下さいました。
葉書の書き方の勉強だったのかな?

葉書はもうだいぶボロボロです。
祖父母から、友人から・・愛おしそうに一枚一枚紹介してくれる姿に
ちょっと驚いたものでした。
[PR]

by sogno-3080 | 2016-09-06 07:51 | つぶやき

<< 中学生と交流会 コーヒーの話し >>