ジャガイモ収穫   

a0157047_8141375.jpg


還暦企画➀(?)「自分でジャガイモを育ててみよう」プロジェクト、
本日ついに完結。
朝5時30分、軍手をはめて、鼻息荒く、いざ収穫へ!
いや~、ドキドキするわ~

恐る恐る掘りあげると・・・・・
こんな感じでした。

まあまあ大きいの、ちっちゃいの、さまざま。
でも、みーんな可愛いのよね♡

味はどうなんだろ?
我慢できず、2個だけレンチンして、バターをつけて試食タイムです。
熱々を「うん、おひひい~」と言いながら頂きました。

還暦企画第二弾は、今夜♥
[PR]

by sogno-3080 | 2016-05-31 08:14 | 軒下菜園・花 | Comments(12)

Commented by 香子 at 2016-05-31 11:55 x
わぁ〜、ジャガバタ〜♪
お口の中がそれを欲してますわ@お昼前(笑)
小イモは素揚げにしてパラッと塩をふったり
甘辛のタレで絡めるのもおいしいですよねえ。
Commented by team-osubachi2 at 2016-05-31 14:01
祝・収穫!!
むふふ♡・・・なお顔が頭に浮かびました。w
Commented by otayori at 2016-05-31 15:03 x
お~お~お~!
収穫おめでとうございます。

うちのジャガイモ、まだ花も咲いていないのですが。
これって、花が咲いて葉っぱが枯れた頃が収穫時なのでしょうか?
調べてみなくては^^

我が家の畑はジャガイモの葉っぱに覆われて、オクラなどが日陰に追いやられています。
Commented by sogno-3080 at 2016-05-31 16:05
香子さんへ

素揚げして塩パラ・・ああ、美味しそう!!

今夜はとりあえず新ジャガのカレーライスにしてみます。
自宅畑の収穫が終わったので、次は母畑です。
こちらは陽当たり良好なので、期待しているのですが。
Commented by sogno-3080 at 2016-05-31 16:09
Tomokoさんへ

むふふ、以外の何物でもありませんよ。
まるで宝を探しに行くみたいにワクワクしました。
地下で生育する野菜って、日頃成長が分からないだけに
掘るときはドキドキするものですね。
実家は畑が広すぎて掘るのも半分義務的なところがありましたが
こんなに狭いとあっという間に終わるから、楽ちんですね。
Commented by sogno-3080 at 2016-05-31 16:15
otayoriさんへ

葉が枯れたころに、ってよく言いますよね。
家のはまだそれほど枯れていないのですが、実は葉が
キュウリやゴーヤを覆っているのと、(庭が狭くて)歩くときに葉が邪魔して
歩きにくいのとで、やや早めの収穫になりました。
狭いのにあれこれ植えているので、畑のやりくりが大変です(笑)
ジャガイモが終わったので、次はトマトと枝豆が楽しみです。
Commented by スミレ at 2016-05-31 22:09 x
収穫おめでとうございます!
それにしても、ジャガイモまでとは。
家庭菜園をさらにパワーアップですね♪
北海道だと塩辛をのっけて食べたりもします。
塩気がマッチするのかも。
Commented by グリコ at 2016-06-01 08:54 x
おはようございます、sogno様。
企画ものだったんですね♡
とれたてのジャガイモはホクホクでおいしいですよねV
Commented by mogyo at 2016-06-01 22:54 x
わぁ~~
よく出来てる~っ。
初収穫って
ウレシイですねぇ。

土って
畑って
ほんとすごい!
Commented by sogno-3080 at 2016-06-02 07:10
スミレさんへ

ジャガイモに塩辛を・・・新鮮!一度やってみたいものです。
以前、北海道の新ジャガイモを送ってもらったことがあります。
もう、ほくほくして最高でしたよ。
Commented by sogno-3080 at 2016-06-02 07:14
グリコさんへ

そうなんです還暦お楽しみ企画のひとつ。
あとは大好きな小三治師匠の落語とか、色々・・・
マイ新ジャガ、毎日食べています。カレーとか肉じゃがとか。
ほくほく感がたまらないですね♡
Commented by sogno-3080 at 2016-06-02 07:19
mogyoさんへ

ねえ、ホント感心します。軒下のこんなところでもできるのかな?
興味本位で挑戦してみましたが、それなりにできたのでほっと
しました。大地の恵みに感謝感謝。
そして野菜の成長が、日々のささやかなタノシミになっていて、
一日何回も見にいくのですよ~♡今日はいよいよ母畑での収穫です。

<< 落語独演会・追記あり いわゆるひとつの極楽タイム >>