着物から道中着   

a0157047_1528586.jpg


作り方が載っている七緒を購入したものの、なかなか手を付ける気に
なれず、ぐずぐずとしていましたが、本日やっと取りかかりました。

裾を調整しまち針を打って、紐を縫って、今日はこれでお終い。
作り方を読んでもいまいちイメージがわかなくて、時間がかかります。
作業をするより、考えている時間が多い感じ。

先日「日本のおしゃれ展」に行ったとき、はんなりとした素敵な道中着を
お召しの女性がいらっしゃいました。そのときの様子が強く印象に残っています。
そのまま(脱がなくても)でも十分キレイだったなあ。

道中着の前はこんな感じでした。
今でも時々、まだ着物で着たかったなあ、と後悔することがしばしば(笑)
道中着→着物、っていうのはあり??
a0157047_6101475.jpg

[PR]

by sogno-3080 | 2016-02-02 15:28 | きもの | Comments(6)

Commented by team-osubachi2 at 2016-02-02 18:16 x
脱がなくてもいい優雅な羽織や道中着っていいですねえ〜♪
どんな仕上がりになるのでしょう?楽しみですねえ。

先月、ご自宅で終末ケアを受けていらっしゃる恩師と仰ぐ方のもとへ友だちと二人でお見舞いに伺いました。
ガンを患ってもいらして、「痩せちゃって着る服もないので、寝間着のままでごめんなさい」とおっしゃってたんですが、部屋着として娘時代のだという秋色の割合大胆な草花模様の小紋を古レングスのガウンに直したもの(洋裁が出来る知人に頼んで娘時代の小紋を2枚直したのですって〜。もちろんウエストにむすぶ紐も共布で作ってありました〜)をお召しで、またそれがな〜んともよくお似合いで、とても去年の晩秋にはダメでしょうと余命を言い渡されていた人と思えない優雅さがありました。
こんな終末期の人もいるのだと知って、自分の固定観念がひっくり返ったようで、多少なりとも覚悟していた友人ともどもびっくりして帰ってきたのでした。
それ以来、にわかに私も小紋のガウンに憧れてしまい(笑)、若めの更紗小紋でも仕入れておこうかしらん?なんてぼんやり考えています。
Commented by sogno-3080 at 2016-02-03 06:39
Tomokoさんへ

心にしみ入る良い話しですよね。患っているときでも、お洒落を・・・その女性の姿が目に浮かぶようです。今までの生き方さえも見えてくるような気がしますね~
私が手をつけられなかった理由は、どの着物を道中着にするか
で悩んでいたからなんです。何年か前に、成田山公園で見かけた
女性の道中着があまりにも格好良くて、つい声をかけさせて
もらったら「あら、これね、大島をチョチョイと直したものなのよ
」と。そんな大島な持っていないしな~。で次に頭に浮かんだのが「日本のおしゃれ展」のはんなり道中着。私ったらずっと釘付け
でした(笑)今回のは頂いたクラシカルな小紋で、「まだまだ着たいけど実際着ると違和感が着物」。うふ、これでまだまだイケル
かな、と目論んだ訳です。「若めの更紗小紋でも仕入れて・・・」
よいと思いますよ!!このテがあるんですから。今度T屋さんに
行ったらその路線で着物選びしようかな、なーんて考えてしまい
ました。ああ、着物の話しになると朝から熱くなります(笑)
Commented by 香子 at 2016-02-03 10:08 x
こういう時、近かったらな~って。。。
実物見ながらアドバイスなり出来るんですが…(^_^;)
本にどういう風に載っててるかも気になりますね。
Commented by sogno-3080 at 2016-02-03 19:00
香子さんへ

そうなんですよ~、香子さん家がもっと近かったらなあ、と
何度も思いました。写真がもっと大きかったらなあ・・
四苦八苦しましたが、なんとか道中着・・のようなモノができました。
Commented by hooziro_tazuko at 2016-02-05 23:25
こんばんはぁ。

とても気になる・・
着物から、長い目の道中着ですの・・・?
お披露目していただきたいです。

こちら、着ることのないウールを切って
引っ張り(わかりますかぁ~?)にし
生花のお稽古の時に、着物の上から着ますので、
こんな感じの 長いのでしょうか・・・?

それと・・お手製の割烹着を お上手に作られますが。
型紙は、お手製ですの。。。?
Commented by sogno-3080 at 2016-02-06 08:17
ほおじろさんへ

道中着、丈を迷いましたが、結局、本(七緒)の通り、フルレングスで作りました。近いうちにご披露することができると思います。
この作り方でいいの??と自信はないですが、着物を守るという
役目は果たしてくれそうですよ。そして思ったよりあたたかい
です。引っ張り、なんとなく見たことがあります。「着ることの
ないウールを使って・・」、良いアイデアですよね!
割烹着。あの、友人に作ってあげた割烹着のことかな?
あれは「すてきにハンドメイド2010年12月号」に型紙がついて
いました。3~4枚は作っているかもです。気に入った柄の
割烹着って意外とないのですよね~

<< 椿が咲きました 黒留パンツデビュー >>