コンサート   

a0157047_9175053.jpg

日曜日、地元のオーケストラの定期演奏を聞きに行ってきました。
バスで15分くらい。お財布にも優しい。
いいことだらけなの。

実はパンフレットはあまり見ません。
っていうか、始まりの10分くらいはじっと目を閉じて、ただ音楽に身を委ねます。
前情報いっさいなしに、ただじーっと聞く。
非日常の世界へ入っていくための儀式。

3.11の震災の後、初めてこちらのオーケストラの演奏を聞いたときは、
最初の儀式でしばらく涙が止まりませんでした。
色々な感情が一気に押し寄せてきたような感じ。

音楽って凄いチカラをもっているなあと、毎回驚きます。



さて、着物です。
タイトルは「昭和シリーズは続くよどこまでも」。
お宝風呂敷からの一枚。しつけをピシッピシッと切って身にまといました。
帯はこれまた義母からの。
昭和の匂いに最近ハマッっています(笑)
[PR]

by sogno-3080 | 2016-01-19 09:17 | きもの | Comments(4)

Commented by 香子 at 2016-01-19 10:00 x
下の記事も拝見、風呂敷5つとはスゴいですね。
そして仕付付きも入ってたのですね (@_@)
それは着て差し上げないとねえ。
昭和スタイル大好きです〜♪
Commented by mogyo at 2016-01-19 11:13 x
チクチクもばっちり。
さらさらっと画かれるイラストと
才能いっぱいのsognoさん。

着物もさらりと着られて
仏語が口から出てくるsognoさんって
最高です^^


Commented by sogno-3080 at 2016-01-19 17:38
香子さんへ

凄い量でした。しかもそのうちの半数以上がご自分で縫われた
ものだそうです。整理しながら、縫い方みたいなものをチラチラ
観察したり・・・しかし、和裁が出来る人って凄いなあと
感心しきりです。おおざっぱな私にはとてもとても。
はい、これからどんどん着させて頂こうと思っています!
Commented by sogno-3080 at 2016-01-19 17:44
mogyoさんへ

ありがとう・・・でも褒めすぎ~(笑)
絵は今朝描きました。ある方にあんこを送ろうと思い、
包装紙代わりに描いた絵に文章を添えてね。正月、玄関に
飾った南天がまだ捨てられなくてね。それを題材にしました。
フランス語で思い出しました。昨年不合格になってから、
問題集ぜーんぶ紐でしばって押し入れの中へ!
オリンピックまでに少し会話ができるといいなあ、と夢ばかりは
捨ててないのです、これでも。

<< 羽織からチュニック 雨の日はチクチク&コトコト >>