パンがご馳走   

a0157047_19193126.jpg

a0157047_19202839.jpg

昨年引っ越しした友人が遊びに来てくれました。
4時間喋りっぱなし(笑)
一番のご馳走は昨日焼いたちぎりパンです。
奥のが黒胡麻入り。
手前がチーズ入り。
オーブントースターでこんがり焼いて、ジャムを付けて食べました。

せっかくだから(?)着物を。
着物は、こんな寒い日にピッタリの結城。
帯は、前が富士山、後ろが宝船。
大判の風呂敷で作った帯です。
帯揚げは青海波です。
[PR]

by sogno-3080 | 2016-01-12 19:20 | きもの | Comments(6)

Commented by 朋百香 at 2016-01-13 10:38 x
sognoさま
以前にも拝見しましたが、風呂敷とは思えない素敵な帯。帯前と後ろの柄が違うのも楽しいですね!
こんなことが出来るから和装ってやっぱり楽しい。

手作りパンの美味しそうなこと。
今うちで主人のリハビリは、洗濯物干しと洗濯物たたみです(笑)
Commented by sogno-3080 at 2016-01-13 11:38
朋百香さんへ

そうなんです。この大判の風呂敷が壁に掛かっていたとき、
すぐに、この柄はお太鼓!ここは前の柄に!ってピンと来ました。
強烈な視線を送ってきましたからね、連れて帰らない訳には(笑)
私にとっては全ての布=帯につながるの。

パン、今朝の写真の方が鮮明ですので見てあげて下さい。
ご主人、洗濯干しも?!凄いわ。我が家はタオルだけでしたが、
最近は全部たたんで仕分けしてもらいます。ぶつぶつ言ってた
けど、そのくらいわね~。
Commented by グリコ at 2016-01-13 19:48 x
本日「日本のおしゃれ展」参入してきましたぁーsogno様♪
その帯も素敵です、sogno様は「粋」を心得てらっしゃる〜
上記のコメント、全ての布は帯に繋がる、、
えっと質問!
どの位の幅、長さで布が帯に仕上がり可能になるのでしょう???お教え下さいませ。
Commented by sogno-3080 at 2016-01-14 08:37
グリコさんへ

お、ついに行かれたのですね。どうでしたか~?
私なんか未だに興奮冷めやらぬ、という感じです。家に帰って
半襟と帯留を全部だしてチェックしたくらいですよ。
質問の帯の件ですが、私が作るのは全て二部式帯なんです。
参考にしたのが世界文化社の「着物まわりのちりめん細工」
(高橋よう子著)。最初はこの本の通りに作ってみて、その後
自分で少し変えました。生地は帯地とか洋服地とか色々あると
思います。でも私が作りたくなるのはなぜか端切れとか風呂敷
とか(笑)パズルのように生地を確保していく苦しみと喜び!
考え始めると赤信号でも渡りそうになるくらいです。

※こちらの本によると、洋服地では110センチ幅を200~  230センチとありました。
Commented by グリコ at 2016-01-14 17:27 x
二部式の帯、大人のモノもあるのですね。
ありがとうございます、sogno様。ちょっと手作り帯で検索したら色々あるのですね、作る事、興味はありますがいまひとつ綴じ方と芯地を何にするかが?なのでもうちょっと熟考します。ポジャギでつくってみたい、かな。。
Commented by sogno-3080 at 2016-01-14 19:20
グリコさんへ

そうそう、色々な作り方がありますよね。
私の場合、未だに帯結びがへたくそなんで、時間の節約に
二部式は重宝しています。
帯とか帯揚げ、帯留、自分で作ると、着物遊びがさらにさらに
愉しくなりますよ。グリコさんもぜひ一度!
私は芯地は三河芯とか普通の接着芯とか、その両方とか。
色々な生地で試して欲しいです。

<< 今朝の珈琲 こんなリハビリ >>