本にしてくれてありがとうございます   

a0157047_5541690.png

早くも2015年ベスト1に選びたい本です。

皆さんは表紙のこの写真覚えていますか?
私は知りませんでした。
瓦礫のなかを走る一台のトラックの写真・・・・
これを見ただけで胸が熱くなります。

喫茶店で本を開いた私は、まずこの◎ロネコさんとイトイさんの対談に目が
ぼわーっとなりました。
次々と画期的なアイデアを提供実践したS先生との対談も凄い!です。

そして極めつけは最後のイトイさんのロングインタビューでしょうか。
地震の起きた翌々日にツイートに書いた寄付に関するコメント。
びっくりです。このようなコトを書かれていたのですね。

「ネットが広いと思うなよ、と自分たちに言い聞かせている。」
イトイさんの言葉です。
わざわざ本にしたことの意義は大きい、思う。
現に、ツイッターなんて縁のないおばさんがこうやって恩恵に
預かっていますよ。

あの時はこうだった、ああだった、こんな人がいたんだって、
私はずっと話し続けるつもり。
[PR]

by sogno-3080 | 2015-05-13 05:54 | つぶやき | Comments(8)

Commented by mogyo at 2015-05-13 12:55 x
身震いしちゃったので
買ってきます。。

Commented by sogno-3080 at 2015-05-13 16:59
mogyoさんへ

時間って酷だなあ、って思うことがあります。
段々薄らいで行く記憶・・・

こちらの本の印税は、全額、復興支援活動に寄付される
そうです。この記述、先ほど気が付きました。
Commented by mogyo at 2015-05-13 19:22 x
買ってきたので即読んでます。

復興支援活動に寄付と聞いてまた嬉しい。

大型スーパー
冷やしすぎでした。

節電をすっかり忘れてしまってるのか。。

Commented by sogno-3080 at 2015-05-14 04:40
mogyoさーーん

はやっ!!mogyoさん、行動早いですね。
東北に工場のあるオットの会社、当時の節電ぶり、
ブログでも紹介したけど、徹底していました。
オットはそのせいで(?)二度も風邪引いたけどね。
そんな話は当時珍しいことではなかったけど・・・

実家に帰省した折り、バスの中で耳にした父と子供(幼児)
の会話にしびれました。
「あのね、日本人はね、困ったときはみんなで助け合う
んだよ」
素敵なお父さん!
Commented by 朋百香 at 2015-05-14 20:17 x
sognoさま
イトイさん、凄いですよね。気仙沼ニッティングの時も
感動しましたが、今「100のツリーハウス」を東北に
建てようとしてるんですね。
「復興支援」と意気込むのでなく、もっと自然体で楽しい場所を作ろうとしている。そうすれば、自然と人が集まってくる
という発想です。肩に力の入らない彼の考え方って素敵!
Commented by team-osubachi2 at 2015-05-15 14:48
もう文庫になるくらい時間がたったのですね。
私もどうしようかな。
糸井さんの周辺にアンテナをはっておくと、
いい信号がいつでも早くつかめるのでそこが素晴らしい。
糸井さん、この会社で上場をめざすことにしたんでしたっけね?
社員らのために、ひいてはみんなのために。
糸井さんがいなくなったあとは・・・難しいかもしれないけど
「出来るかもしれない」その可能性に向かう姿勢に励まされます。
Commented by sogno-3080 at 2015-05-15 18:54
朋百香さんへ

そうそう気仙沼ニッティング、あれも感心します。
編み手さんのプロフィールみる度に、頼んでみたいな、
って思いますもの。叶っていませんが。。(笑)
ツリーハウスもねえ、そして他のコンテンツもつい気になって
追いかけますよね。
さんま寄席なんて、毎回行ってみたいな、って思います。
今後もずっと応援したいですね!
Commented by sogno-3080 at 2015-05-15 19:01
Tomokoさんへ

!!!!!
上場って・・・経営者としても凄い方なんだ!
会社、着々と成長し続けていたのですね。
素晴らしい。

震災直後はもっぱらTVの情報だけに頼っていました。
ネットの世界ではこんな事あんな事、色々あったんだなあって
改めて思い知らされることが多いです。
目先のことに夢中で余裕なかったですもん。

<< 緑が欲しいとき 帰りました③これで終わりです >>