コンサートへ   

a0157047_16135566.jpg


地元です。
お利口さん価格です。
行かないテはないですね。

オーケストラの演奏ってもう大好き~
脳が喜びまくっている感じがします。
フィナーレでティンパニやらシンバルやらが鳴り出すと、スカーッと爽快!(笑)
浮世の憂さも一瞬吹き飛びますね。

シベリウス、バルトーク、チャイコフスキー。
チャイコフスキーの「悲愴」以外はあまり聞いたことがない曲でした。
夏のコンサートも楽しみです。

着物は江戸小紋(角通し)に更紗風柄の帯(手作り、二部式)。
帯はイタリアにも連れて行ったお気に入りです。
何が気に入ったかって、まず①帯芯と生地がぴたっと上手く合ったこと。
だから締めやすいのね。
②ギザギザの山形模様。◎撰組みたい。面白いから採用~!
[PR]

by sogno-3080 | 2015-01-10 16:14 | きもの | Comments(4)

Commented by mogyo at 2015-01-11 09:08 x
素敵ですねぇ。

悲愴・・ ずーんと染み入ります。。

あと
ショパン。
父の愛してた月光が好き。

泣きます・・私。


素敵な時間を??
Commented by sogno-3080 at 2015-01-11 18:31
mogyoさんへ

「月光」、お父様が好きだったんですね。
ロマンティックなお父様♪
ショパン、CDがあって時々聞きたくなります。
クラシック、豊かなキモチになれますよね。
今回はシベリウスが良かったです。ハマりそう・・・
Commented by 朋百香 at 2015-01-12 17:09 x
sognoさま
オーケストラ、いいですね〜♪
なかなか生で聴く機会ありませんが・・・。
確かにティンパニとかシンバル、スカッとします。
(笑)

江戸小紋と更紗風帯の組み合わせも素敵!
お太鼓の形がキレイに出ていますね。
ところで、私も母の帯、締め難くて初めて二部式に
してみたのですが、やっぱり締め難い。
慣れですかね? 何度も締めて練習あるのみ?
なんかコツがありますか?
Commented by sogno-3080 at 2015-01-12 17:27
朋百香さんへ

私の場合、まだ帯び結びが下手で時間がかかるので
つい二部式に頼ってしまいます。時間に余裕があるときは
まだいいのですが、時間が決まっていて、なんていうときは
もうアセアセで・・・もしかして二部式でも色々な作り方
があるのかもしれないですね。私はいつも同じ作り方で
結び方も慣れているので、圧倒的に時間の節約ができます。
たぶん何回かやればすぐに慣れると思いますよ♪
昔雑誌で読んだのですが、あるデザイナーさん、海外で
着ることも多いため、二重太鼓も二部式だそうです。
確かに海外とかでは「時は金なり」だったりするので
二部式、結構便利かも。

お財布に優しいコンサート大歓迎です。
あの迫力、クセになりますね!

<< 白菜サラダ きっかけ >>