純喫茶という言葉に弱い   

a0157047_6372310.jpg


盛岡、仙台のあの喫茶店が載っていたらどうしよう、って
ドキドキしながらページをめくりました。

なかったよ・・・ほっ。

消えてしまったのか、取り上げられなかったのか。

でも、思い出はいつもこの胸の中に大切にしまってあるから
大丈夫。懐かしい顔が次から次と思い浮かびました。
[PR]

by sogno-3080 | 2014-11-11 06:37 | つぶやき | Comments(4)

Commented by 香子 at 2014-11-11 08:40 x
純喫茶ってもう絶滅危惧種のような気がして来ました。
(気軽なコーヒーショップが増えましたしね)
でも先日珈琲店に入りましたが ←こういうのは漢字ですよね♪
やはり美味しかったです。
Commented by sogno-3080 at 2014-11-11 18:19
香子さんへ

純喫茶っていうだけでふらっと入ってみたくなる私
です。なんでしょう、独特の雰囲気がありますね。
時がゆったり流れているというか・・・
便利で安いあの店この店もよく利用しますが、
はっきり言って物足りなさはいつも感じています。
Commented by りら at 2014-11-12 03:22 x
右に同じく、「純喫茶」という文字を見るとドキドキしてきます。
あれは素晴らしい日本の文化だと思うんですけどねぇ。
Commented by sogno-3080 at 2014-11-12 05:16
りらさんへ

街中から段々消えつつある純喫茶・・・たまに
見つけると、立ち止まって「入ってみたいな」と
ふと考えてしまいます。
単に喉を潤すだけでなく、そこの空気感を感じつつただ
身を置きたい時ってありますよね~
いつの時代にもお気に入りの喫茶店がありましたが、
とりわけ二十歳前後には強烈な思い出と直結している店
が多くて、ドキドキしながら読んでいました。

<< つぶやき 1oo歳の華麗なる冒険 >>