ゆうどき、見ました   

昨日のゆうどき(NHK)、◎木寛之さんが出ていましたね。
この時間帯、この番組で、まさかこのような濃い内容を聞けるとは。

名前はよく知っていますが本は殆ど読んだことがなく、「青春の門」
さえ開いたことがないワタシ。
先日紀行モノを読み、その面白さに開眼!
ぐぐっっと興味が増したその時、ラジオ深夜便でのインタビューに遭遇。
ああ、さらに興味が!

そして昨日のTV。
淡々と、でも誠実に真摯に発言されていましたね。
胸が痛んだのは、82歳の今でも遠い昔、日本への帰国中に経験した
壮絶な記憶から解放されることがなく、未だに殆ど文章にすることも
できない、ということ。

「最近の人びとは孤独を恐れすぎる・・・・・例え周りに人がいたとしても死ぬときは
皆独り。孤独死なんて言葉は使わず自然死という風に言った方がいいのでは」
なんて仰っていましたね。

「親鸞」「他力」、読んでみたいです。
[PR]

by sogno-3080 | 2014-10-30 07:51 | つぶやき | Comments(0)

<< 毛糸だまホルダー 編み物 >>