ホテルのような   

a0157047_553773.jpg

初めて名前を聞いたときの印象は、映画「踊る大捜査線」!
だって、ネーミングがね・・・

入ってすぐのロビー、五階までの吹き抜けを見上げるの図です。
なんと大胆な設計。ほお、アメリカ人が設計ですか。

転院の為の移動、診察、検査でオットはぐったり状態でした。
「ジム付きのホテル」で暫く静養だあ。

私的には院内のアフタヌーンカフェが楽しみ。
マロンケーキが食べたい♪
[PR]

by sogno-3080 | 2014-10-22 05:05 | つぶやき | Comments(6)

Commented by team-osubachi2 at 2014-10-22 07:04
転院のてんやわんや、ご主人さまもsognoさんもお疲れさまでした。
本格的にリハビリ生活の始まりですね。
環境が立派そうですねえ!うちのおふくろさんが脳梗塞をやった時代とは隔世の感があります。ある意味、そういう時代になったのだなあ、と。
快適にリハビリに取り組めるといいですね。

・・・って書いたところで急に思い出しましたが、アフリカをはじめ
難民の人たちをず〜っと撮り続けているS・サルガドさんが、
「難民というけれど、苦難の道であっても、彼等は常に希望を見いだすために移動するのだ」と言っているのを何かのインタビューで読んで感銘を受けたことがありました。
ただ逃れるだけなのではなく、希望のために・・・目からウロコでした。
Commented by sogno-3080 at 2014-10-22 07:29
Tomokoさんへ

早朝よりのコメントありがとうございます。
励みになります。
「希望を見いだす為の移動」確かに!!!!
いつでもどんな時でも希望がなくては、と切に
思います。主治医のセンセイも、とても感じが良くて
元気をもらえるような雰囲気の方でした。
私も「ガス抜き」しながら支えていきたいです。

Commented by mogyo at 2014-10-22 09:39 x
>>難民というけれど、苦難の道であっても、
彼等は常に希望を見いだすために移動するのだ

嵐もまた旅。。に続き
今日も
心にぐぐっときました。

素敵な言葉は心に染みます。
Commented by hiro14496x at 2014-10-22 13:42
良い方へ~と願ってますので   
Commented by sogno-3080 at 2014-10-23 05:02
mogyoさんへ

はい、こちらの方にはいつもグッと来る言葉を
かけて頂いて、助けて頂いています。
「まず食べなくては・・」と言われて、本当にその
通りにつとめました。味は・・・何を食べても感じな
かったんですけどね。そうは言ってられないと思って!
Commented by sogno-3080 at 2014-10-23 05:03
ヒロさんへ

ありがとうございます。
いつも気にかけて頂いて嬉しいです。
ヒロさんとの出会いに感謝!

<< 命のおむすび 東北出身フランス語好き >>