休憩コーナーのセ・ラ・ヴィ   

a0157047_885688.jpg


面会時間まで時間があったので、病院の休憩コーナーで昼食タイム。
おむすびを頬ばっていたら、ある女性と目が合ってしまって。

ご主人が大腸ポリープの定期検査中なのだとか。
検査終了をまっている女性と私とでなんとなくポツリポツリと喋りだした。

寿司職人だというご主人。
「今までも何回か死にかけたのよ」と。
病気の他に、店にドロボーが入って格闘するはめになったことなどなど。
淡々と話すのだけど思わず身を乗り出して聞き入ってしまう。

話の途中で、バッグの中をゴソゴソが始まる。
「あれ、車のキーどこだっけかな?」

そしてまた続く。結局孫の写真を見せられ、ご自身の写真とかも
見せられ(笑)

そこへ腹の出たオジサン登場。その女性の知り合いらしい。
「どうしたの?」ストレートに尋ねる女性。
「うーん、言っても知らないかもしれないけど、ほうかしきえん」
私は残念ながら?知っていた。

「ポリープがなきゃいいんだけど、たぶん無いと思うけどね」
私も発見されないことを願った。

40分後、看護師さんに付き添われたご主人登場。
「4個ありました。今夜は入院です」
お気の毒で何と言ったらよいのやら。
でもその女性私にそっと耳打ちした。
「今夜は一人でぐっすり眠れるわ」
またなんと応えてよいのやら・・・(笑)

そして三人は声を掛け合うでもなくキッパリとそれぞれの場所へ。
色々な人生がありますね。
[PR]

by sogno-3080 | 2014-10-15 08:08 | つぶやき | Comments(6)

Commented by 朋百香 at 2014-10-15 20:39 x
sognoさま
病院ってほんと、いろんなドラマがありますよね。
いろんな人がいるし・・・
当然、病気の人かその付き添いしかいない訳だから
おのずと話も暗くなるのですが・・・そんな中でも
人って逞しいというか、(特に女性は)  すごい達観
してるというか・・・。
人生の縮図だな〜って、いつも思います。
Commented by 小紅 at 2014-10-15 23:35 x
お久しぶりです。
自分の投稿も余り出来ないほどPCから遠ざかっていたら
お宅様は大変だったのですね。
病院に通うだけで何となく疲れてしまいますよね。
どうかご自身のお体にも十分に気を付けて
お過ごしください。
気のきいた事が言えなくてごめんなさい。
でも、ずっと気にかけて居ますからね。
Commented by sogno-3080 at 2014-10-16 05:41
朋百香さんへ

人生の縮図・・・まさに!
その女性ですが、ご主人が一回目に倒れた後、生活
の為弁当を作って販売していたそうです。
「食べていかなきゃ~」って淡々と。
強いです、本当に。そして色々な夫婦がいるんだなあ、って思います。
Commented by sogno-3080 at 2014-10-16 05:44
小紅さんへ

小紅さん、コメントありがとうございます。
こんなコトになってました、はい。
気の利いたことばというか、コメント下さったこと
だけで充分嬉しいですよ。
気にかけていただける、ありがたいです!
Commented by hiro14496x at 2014-10-16 06:10
sognoさん:おはよう~。白湯のんでますか~。
頑張ってるね。  寒くなってきたので 身体大切に
九州の地から応援してるよ。
Commented by sogno-3080 at 2014-10-16 08:35
ヒロさんへ

ヒロさん、いつもありがとう!

はい、今朝も飲みましたよ。
今日は蜂蜜もレモンもなし、ホントの白湯。
鉄瓶で沸かした白湯は美味しいって、平松さんの
エッセイで読んだことがあります。
いつか試してみたいわ。
今秋一番の冷え込みだそうです。寒がりやなので
朝からエアコン出動。

<< 手紙っていいですね 介護三姉妹 >>