紅茶の缶   

a0157047_63064.jpg


ロンドン土産もらいました。
ウイリアムソンのアールグレイ。濃いめに入れて、牛乳を入れ、砂糖も
ちょっと。うん、美味しいなあ~

箱とか缶とか包装紙、もう大好き!
ラッピングしていたリボンなどもね。
それらを大きめの箱(せんべいの入っていた箱)に保管しておいて
ヒマな時ぼーーっと眺めるのが楽しくてたまりません。
アイデアが次から次とわいてきます。

これは缶を見たとき、「筆入れ」にピッタリ!とひらめきました。
紅茶は別の密閉容器に移し、早速筆を。
描きたくなったらいつでも描けるよう、筆はいつも目に入るところに
置いてます。最近めっきり出番なくなりましたが・・・
[PR]

by sogno-3080 | 2014-09-03 06:30 | つぶやき | Comments(4)

Commented by りら at 2014-09-03 14:05 x
紅茶の缶、柄がちょっと見えないんですけど、形が優雅ですねぇ。
さっと筆を出してさっと描ける・・・一生到達できない境地で憧れますわぁ。

包装紙とかリボン、こちらではあまりステキなものが無いような気がします。
贈り物は多い国ですのにねぇ。
Commented by 朋百香 at 2014-09-03 20:10 x
sognoさま
私もいい筆入れをずーっと探しているのですよ。
これはピッタリですね! 高さも。
なかなかないのよね〜、ピッとくるものが・・・
紅茶の缶、良いかもしれませんね。
Commented by sogno-3080 at 2014-09-04 07:27
りらさんへ

柄は、像さんです。
キッチンに筆を・・・ええかっこしいかな?
その時が来たら、ずっと部屋に籠もって髪振り乱して、
って、またまた想像の翼(笑)
私の友人も贈り物上手さんが多くて、ラッピングに
一工夫。参考になります。
Commented by sogno-3080 at 2014-09-04 07:37
朋百香さんへ

筆入れ、ある程度の高さが必要ですものね。
この紅茶缶、大きさといいカタチといい柄といい、
缶そのものが絵になりそうです。ロンドン土産の
定番のようですが、さすが紅茶の国、面白い
ものがありますね。

<< これから面接です 整理 >>