取材   

a0157047_17301212.jpg
明日はこの絵を抱えて、取材にのぞみます。
取材を受けたからと言って即、載せてもらえるとは限りません。
でもせめて1行、2行でも載せてもらえるよう、チカラの限り(?)頑張って
取材受けてきます。

この絵は故郷の鵜鳥神楽で、「岩戸開き」という演目だそうです。
昨年の秋、ふるさと会で披露されたもので、写真をもとにして
描きました。この時、私があまりにも熱心に撮影するので広報担当が
「ここの場所がいいよ」と場所を提供してくれたほど。
祖母、父譲りの神楽好きはなんとも止めようがないのです。


鵜鳥神楽が奉納される鵜鳥神社は海の神様としても有名。
旧暦の4月8日は岩手の沿岸各地から漁師さんたちがいっぱい集まり、
豊漁の御礼と祈願を。

こうやって見ていると、神楽の絵が
「負けるな、ガンバレガンバレ!!」って言ってくれているようです。

(右側の踊り手さんは、役場職員として復興の為、今あちこちを駆けずり回って
いるのだとか。)
[PR]

by sogno-3080 | 2011-03-28 17:30 | つぶやき | Comments(2)

Commented by anan627 at 2011-03-29 09:59
sognoさんの絵も岩手の応援になりますね!!

県の役所、役場の職員の方は、自分も被災者なのに市民のために駆けずり回ってて本当に頭がさがります。。
テレビの映像のそういう方たちの中に、何人かの高校の同級生をみかけてドキリとします。30年以上ぶりに知る姿がこういう機会だんなんて・・
Commented by sogno-3080 at 2011-03-29 17:07
*ananさんへ

コメントありがとうございます。
そうですか、TVで同級生の姿を・・・
複雑な気持ちですよね~

被災地の消防団の方で、水門を閉めに行っているときに
家族が津波にさらわれてしまった男性のことが紹介
されていましたが、お気の毒で胸が痛かったです。
現場で身を粉にして働いてくださっている方々には
本当に頭がさがります。
私の稚拙な絵が、少しでも応援になってくれれば
こんな嬉しいことはありません!

<< 取材結果 12時すぎのシンデレラおばさんたち >>